雑録

三宅章介

ティアーズ・トゥ・ティアラ(PC版)の感想・レビュー

ティアーズ・トゥ・ティアラは権威へ唯々諾々と従うのではなく不条理へと立ち向かう所謂革命モノ。 世界観は上位概念である12精霊の絶対信仰の名の下に操られていた箱庭のセカイ。 過去にそのセカイを打ち破った者の末裔たちが、かつての英雄譚を焼きなおし…

天使のいない12月

生きていても何も無く、死なないから生きているという主人公たちが織り成す青春群像。 どことなく実存主義を彷彿とさせます。おそらくハイデッガーの思想“死への存在”がモチーフとなっていると思う。「いつか必ず死ななければならない」という運命を引き受け…