雑録

父親

サクラノ詩「A Nice Derangement of Epitaphs(夏目雫)」シナリオの感想・レビュー

過去回想による伏線回収。主人公と父親の別離、稟と雫の関係、吹の存在が語られる。 「因果交流」がテーマとなっており、主人公が人々との想いを繋げたことが示唆されている。 父親が最後に残した作品は主人公が雫を救う金を捻出するために描いた贋作。 稟は…