伝承

Erewhon シナリオ回収編の感想・レビュー

過去改編もの。山の異界で閉鎖的な山村の悲劇を見せ続けられる。スーパーカニバリズムタイム。 「太歳(タイサイ)」と呼ばれる不老長寿の肉片を巡り、人々が殺し合い復讐をし合う。人肉食。 堂々巡りの地獄に堕とされ、何度も凄惨な過去を追体験させられる描…

Erewhon「阿式十子シナリオ」の感想・レビュー

封建的束縛からの女の解放を目指すも、因習に抗えずに終わる。 主人公くんは近代的自我の確立を唱えるも、十子には届かず寧ろムラの為に犠牲にならんとする。 自分の近代性が前近代的なムラ社会で逆効果になったことに絶望した主人公には二つの選択肢。 来訪…

Erewhon「永見稀世良シナリオ」の感想・レビュー

外界から隔離された近世農村的社会において、ムラの因習的な祭祀で来訪神の役割を果たす話。 主人公くんは世俗に倦み退職したが、民俗学を専攻していたことから「地図にない村」を訪れる。 見所は「自分の常識が解体されていく」ことで、頭ではムラの因習を…

Summer Pockets「空門蒼シナリオ」の感想・レビュー

植物人間状態の双子の姉:藍を救うために記憶を司る七影蝶を探して夜に山狩りをするはなし。 泣きゲー時代の鍵作品(『AIR』、『Kanon』)を彷彿させる雰囲気を醸し出している。 七影蝶に触れることは他者の記憶に浸食されることであり、藍を救うと反動が生じ…

ニルハナの感想・レビュー

情緒不安定な女性を題材に、複数の悲劇的な人間関係を描くはなし。 交際相手を事故で亡くした主人公くんが、夢世界での追体験により、心を擦り減らしていく。 自傷癖のあるメンヘラ、古代インドの聖娼、児童虐待された少女の話が錯綜して提示される。 最後は…

Dear My Abyssの雑感

クトゥルフ神話を題材にした百合伝奇。しかし私は雰囲気ゲーとしてぼんやりとプレイ。 二人の少女の視点で同じ怪奇事件が語られる。前半は明るく活発な魅栖華視点、後半は根暗人見知りの昴視点。 メインヒロインは昴であり、魅栖華は昴に懸想しているがその…

ヤミと祝祭のサンクチュアリ 体験版の感想・レビュー

伝奇系閉鎖空間学園トンデモ超人異能バトル。物語の目的はヒロインの失踪した姉を探すこと。 選ばれし異才を持つ子弟のみが通う閉鎖された孤島の学園にやってきたメインヒロインと主人公くん。 陰謀渦巻く学園生活を送りながらライバルとなる派閥勢力と抗争…

はるるみなもに!「イモウト√」の感想・レビュー

土地と神を結びつける異能に開眼した主人公くんが現人神である実妹の暴走を鎮めるはなし。 イモウトモノはインセスト・タブーをどう処理するのかがシナリオの見せ方の一つとなるのですが…… 何の障害もなくあっさりと受け入れられおった!両親も氏子の皆さん…

月影のシミュラクル-解放の羽-の感想・レビュー

蜘蛛神さま伝承☆人形屋敷殺人事件。 霊媒師の家系が先住の蜘蛛神に、居住するための領域を分与させていただくという内容である。 バッドエンドを繰り返しつつ伏線回収、フローチャートを駆使してグランドエンドに辿り着け! 攻略ヒロインズなどグランドエン…

アストラエアの白き永遠 Finale-白き星の夢-「白羽幸シナリオ」の感想・レビュー

北欧神話をモチーフとしながら、火星の雪氷生物と人類との共存を目指すはなし。 本編ですっとばされた終局部及び真ヒロイン白羽幸の伏線を回収していく。 火星の雪氷生物は自らが存在するために寄生した人類の命を削ってきたことを知り愕然とする。 こうして…

千の刃濤、桃花染の皇姫「柿紅葉(因果の相殺律編)」の感想・レビュー

人間の歴史は光明神と暗黒神の闘争の歴史とかいう善悪二元論的な展開。ゾロアスター教。 天照大御神の力で国家統一した皇家にとり憑いたのは、人間のダークサイドを刺激する暗黒神 →「因果の相殺律」 以来、皇族が続く限り、姿かたちを変えて暗黒神は災厄を…

千の刃濤、桃花染の皇姫「邯鄲の夢(古代天皇の即位儀礼編)」の感想・レビュー

三種の神器の授与による皇位継承の正統性がどのように確立したかという背景を説明するはなし。 ※ただし内容はファンタジー的架空戦記。ヤマト政権の国家統一事業とかそんな感じ(テキトー)。 地方豪族を束ねた一地方勢力が呪術による神権政治で国家統合を果た…

千の刃濤、桃花染の皇姫「火取虫(国家政体論争編)」の感想・レビュー

米帝民主主義信奉者及び王室廃止論者と国家政体論争を行うことにより皇女が治世者として成長するはなし。 王権神授説な世襲制だからこそ自己に権力欲はなく民の安寧が第一であることを眼前に示す。 自らは神に統治権を授与されているだけ。ゆえに臣民に是非…

『interlude 或るファの音眼 〜ワレナいオ〜 (F lo ater)』雑感

伝奇系ビジュアルノベル。現代社会のシステム構造を衒学的に解説しだすのが好きなのでやってます。 しかし伝奇パートは難解。一応『Omegaの視界』からやってますが背景や世界観が複雑。 考察サイトや設定資料集がないと本文だけでは到底理解できないことこのうえ…

千恋*万花「レナ=リヒテナウアー√(実質グランドエンド)」の感想・レビュー

夢見を通して過去の深淵に触れ「神と人の恋情慕情」を題材に伝奇パートの伏線を回収するはなし。 フィンランド地誌ネタや異文化との対比による日本の伝統の相対化などテキストgood! またシナリオの構造も主人公くんとレナの恋情を描きつつ土地神の伝奇描写…

千恋*万花 共通√(体験版の終わり〜巫女√冒頭まで)の感想・レビュー

「集め物」を題材とした和ゴス風伝奇系妖怪退治。目的は早逝の宿命を負った巫女を呪いから解放すること。 怪異を倒すと「呪詛が結晶化した欠片」が残り、それを集めて玉を完成させることが当面の筋書。 イケニエとなった犬神の怨念を慰撫して祀れば呪いは解…

ISLAND「サブヒロインズ」の感想・レビュー

タイムリープ×伝奇・因習×未来SFモノ。 3人のヒロインを題材に過去現在未来に関するテーマと封建的な因習を絡めて扱う。 紗羅ルートではSF臭が濃く「自分が過去に戻って自分を産む」問題が扱われるのですが、ちゃぶ台返し。 一方夏蓮√は現代ラブコメで「…

ISLAND(体験版)の感想・レビュー

空想科学SFタイムリープ・並行世界・民俗伝奇・閉鎖空間・謎解きミステリー。体験版結構面白い。 シュタゲ・ジャコス・ひぐらし・水月を混ぜ合わせたような雰囲気が良い味出してます。 未来からやってきたと自称する記憶喪失の青年が風土病が蔓延し因習は…

サクラノ詩「A Nice Derangement of Epitaphs(夏目雫)」シナリオの感想・レビュー

過去回想による伏線回収。主人公と父親の別離、稟と雫の関係、吹の存在が語られる。 「因果交流」がテーマとなっており、主人公が人々との想いを繋げたことが示唆されている。 父親が最後に残した作品は主人公が雫を救う金を捻出するために描いた贋作。 稟は…

サクラノ詩「ZYPRESSEN(氷川里奈)」シナリオの感想・レビュー

死に憧れる死臭漂う少女を絵画によって創り変えるおはなし。 劇中劇・視点交換・擬古典などの表現技法が駆使されており紙芝居ゲーの洗練ともいえる。 物語の原動力となるのは主人公くんが母の死により抱えた「滅私奉公」の思想を転向させること。 そのために…

花の野に咲くうたかたの「井之上麗奈シナリオ」の感想・レビュー

本作品は家屋敷妖怪桜花さんが安楽椅子探偵となって街の伝承を解き明かしていく物語。 主人公くんは人間の存在の残滓を色として識別できる異能を持ち助手役として活躍。 コンツェルトノートやジャコスでお馴染みのあっぷりけフローチャートシステムを実装。 …

向日葵の教会と長い夏休み 夏咲詠ルートの感想・レビュー

向日葵の教会の夏咲詠シナリオは「猫が人間になるおはなし」。 日本神話が持つ死生観を理解して未練を持つ死霊を成仏させます。 ヒロインが死ぬまでの過程が丁寧に描かれており古き良き泣きゲーを彷彿とさせました。 そしてヒロインの代替として猫が人間にな…

向日葵の教会と長い夏休み「鷺月ルカ」シナリオの感想・レビュー

ルカシナリオは、孤独だった少女が生み出した「イマジナリィフレンドの霊的具象化」がテーマ。 しっかり系妄想文学キャラの秘めた想いを垣間見るという表現はそそるものがあります。 内面の機微が伝わってなかなか刺激にもなり、面白く感じました。 鷺月ルカ…

運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ の感想・レビュー

風水やタロット、神道や占星術を扱った作品。 各ヒロインがそれぞれ一つのオカルティックな要素を含ませている。 体験版の特性かもしれないが、描写がぶった切られて次の場面に飛ぶこともある。 主人公は、人間が信じている非合理的な宗教に関わっていくこと…

向日葵の教会と長い夏休み(体験版)の感想・レビュー

取り潰しが決定した教会で、元教会孤児たちが再会し、夏休みを使って思い出作りをするはなし。 「枕」のメーカーの作品を見るたびに「サクラの詩」はどうなったんだ?と突っ込むのがお約束。 カトリックネタや動物の擬人化、個人時流跳躍などが匂わされてい…

ツクモノツキ体験版の感想・レビュー

ツクモノツキの印象は伝奇系風味の妹重視キャラゲー。 自立を急ぐあまりギクシャクしてしまった妹との関係性がみどころ。 深い心情描写を期待したが、体験版では途中からキャラゲーです。 妹の立ち絵は可愛いが、複数ゲンガーなので、ヒロイン並ぶと違和感も…

はつゆきさくら体験版の感想・レビュー

はつゆきさくら体験版は「幽霊探し」のおはなし。 社会不適合者を引き連れて、いざゆかんやゴーストタウン。 伝奇系風味の推理チックゲーか? 体験版の内容 主人公の河野初雪は進学校に馴染めない社会不適合者予備軍。最初の印象はCLANNADの朋也さんに近いか…

るいは智を呼ぶ 皆本るいシナリオの感想・レビュー

呪われた6人の少女(内一人は女装っ娘)が呪いに立ち向かうおはなし。 現代伝奇風味アクションノベルテイスト?な作品が『るいは智を呼ぶ』。 最初は固定シナリオで皆本るいルート:呪詛を受け入れ、死んだお父さんと和解をするという内容です。 主人公のキャ…

コンチェルトノート「神凪莉都」シナリオの感想・レビュー

莉都ルートは郷土史伝奇系アクションモノ。みんなの絆で大団円!! 各ヒロインのシナリオで培った強さで運命に打ち勝て! 並行世界の想いが莉都と進矢の支えとなる。フローチャート機能が大活躍。 神凪莉都はハイスペックで実利を求め計算高く効率重視なデジ…

コンチェルトノート 承前

フラグ構築の過程を「縁として人との絆を結ぶ」という設定にしてヒロインたちとの交流を描く。主人公の進矢はかつて幸せを司る神「幸御魂」に命を救われたことから幸福の債務がありそれを返済していくことを余儀なくされていたため不幸体質だった。そして転…