雑録

空に刻んだパラレログラム「夏季2軍トーナメント第1戦」の感想・レビュー

部活に賭けた青春!熱血スポコン体育会系青春群像劇。
部活に学生生活の全てを賭けるからこその、悲喜こもごもがそこにある。
正妻を亡くし怪我で競技者生命が断たれた主人公くんはどん底から監督として復活。
ヒロインたちは主人公くんに導かれ、様々な想いを抱えつつ勝利を目指していく。
部活に取り組む様々な人々の葛藤・煩悶・呪詛・怨念・後悔・悔恨などがテンコ盛り!
体験版は夏季トーナメントに選出される所まで。製品版ではいよいよ戦いに赴いていく。

夏季2軍トーナメント第1戦 VS 2軍部長チーム

藍住ほたるの長きスランプからの脱出

f:id:h30shimotsuki14:20181221192047j:plain

  • 熱き思いをもう一度!必死になって泥臭く足掻く姿を見せつけろ
    • 2軍内トーナメントのための特訓を、1軍のほたる先輩に手伝ってもらうなかで、ほたる先輩の長期スランプが払拭されていきます。攻略ヒロインの中で唯一チームメイトではないほたる先輩。ではこの人物はどのような立ち位置なのでしょうか。ほたる先輩は主人公くんの元チームメイト。かつて主人公くんは、今は亡き正妻に率いられ、幼馴染・妹と共にチームを組んでいました。けれども、主人公くんは真剣に勝利を目指したため、オサナナジミーズと噛み合わなくなってしまうのです。故に主人公くんはより良い環境を求めて、ほたる先輩のチームに入ったのでした。ここで主人公くんはほたる先輩に揉まれて成長していきます。ほたる先輩と主人公くんのコンビプレイは抜群で、ほたる先輩はそれ故にスポーツ推薦も貰えたのです。しかし主人公くんは怪我で競技者生命断絶。主人公くんがいなくなったほたる先輩は本来の能力を発揮できず長いスランプに陥ります。
    • ほたる先輩のスランプっぷりは、それはもう泣けてくるほど。思うように力が発揮できないのに、能力を期待され、それに応えられないと失望される日々。ついには一軍の最強チームから追い落とされ、ライバルチームの実力者に拾ってもらったものの、そこでもうまくいかず、ついに引退を決意するほどに。ほたる先輩はその口実を作るため、かつてのチームメイトであり兄的存在であった常磐木蓮と勝負をして引導を渡してもらおうとするのですが・・・逆にその真意を見抜かれてしまい主人公くんのもとに連れていかれるのでした。
    • この時主人公くんはチームの強化の真っ最中。暇なら手伝ってとほたる先輩に頼み、2on2の練習をします。ここで主人公くんは従来と同じようにほたる先輩を信じることができたのですが、ほたる先輩は主人公くんを信じられずに決定的なミスをしてしまうのです。ああ、ついに過去にコンビネーション抜群だった主人公くんとも連携が取れなくなったのね・・・と嘆くほたる先輩に対し、主人公くんは負けず嫌いの熱い心を見せつけ先輩を感化させていきます。練習そっちのけとなり、俺達のコンビを甘く見るなよ、もう1回だと再チャレンジ。この2on2を通してほたる先輩は主人公くんとのチームの日々を思い出し、トラウマを克服。長きスランプからの脱出の一歩となったのでした。
    • ちなみにほたる先輩のスランプは第三者の悪意によるところもありました。とある顧問の先生はほたる先輩を追い落とし、主人公くんの妹:玻璃と入れ替えようとしていたのです。そのため、ほたるが自ら部活を去るよう、校内新聞で偏向報道をさせ、悪い噂を流していたのです。さらには、玻璃に対し(おそらく)主人公くんの怪我を治せる方法があることをチラつかせて引き抜きと精神的動揺を図ってきます。


楽しんで部活をする論について

f:id:h30shimotsuki14:20181221192043j:plain

  • 部活=勝利至上主義論
    • 2軍内夏季トーナメントの第1戦は部長チーム。この部長チームにも様々なドラマがあったのです。部長チームは昨年の2軍トーナメントの優勝チームでもあったのですが、それでも1軍が出場する上位の大会に出られませんでした。2軍は何をやっても考慮すらしてもらえないのか・・・そんな雰囲気を蔓延させていたのですが、なんと実際は考慮してもらっていて1軍との対決が秘密裏に行われていたのです。そこでは完膚なきまでに1軍に惨敗・・・。すっかり心を折られてしまい、もう勝つための部活はやめだ・・・と思わしめることになったのです。以来、部長はみんなで楽しむことをテーゼとして2軍を率いてきました。主人公くんチームとの戦いでも、勝手に途中で勝つことを諦めてしまうのですが・・・そんな部長たちに新規メンバーであった1年生が奮起を迫ります。1年生の天童悠未さんは我武者羅でひたむきなプレーを展開し、勝利への執念を先輩方に思い起こさせます。その行為はもう既に後の祭りだったとはいえ、部長たちを再起させるには十分でした。結局、主人公くんのチームが勝利するのですが、部長たちは勝利を諦めて楽しければそれで良いと、死に物狂いにならなかったことを激しく後悔。高校で競技者生活は終わりだと勝手に幕を下ろす気になっていましたが、大学でも続けるぜ!と『ホイッスル』的な展開となったのでした。熱血スポコン!

f:id:h30shimotsuki14:20181221192037j:plain