雑録

満洲国観光・先行研究精読(2)「満洲国観光の機能と分類」

~前回までのあらすじ~
進捗状況報告がボロクソだったので、先行研究を読み返し論点を整理することにした。
今回は先行研究が満洲国観光をどのような機能として位置付けているのかを分類した。

1.満洲国観光による満洲に対する典型的イメージの付与

  • 1-1.定型化した周遊ルートと定型的な植民地理解
    • 「旅行者の訪問地は日本の支配権が及ぶ鉄道網に規定され,釜山-京城平壌-安東-奉天,そして旅順-大連-奉天-撫順-長春・新京-哈爾濱という,奉天を結節点とする2大幹線に沿った 10 都市が中心であった。言い換えれば,釜山と大連を出入り口としてこの10 都市を結ぶ線が、代表的な周遊パターンを構成していたといえる。〔……〕鮮満ツーリズムのなかで近代の日本人が体験した鮮満とは,一面では,日本語環境を維持したままの鉄道による駆け足旅行であり、定型化した周遊ルートのなかで表面的かつ定型的な植民地理解を形成する機会を作り出すものであったといえる。」(米家泰作「近代日本における植民地旅行記の基礎的研究 : 鮮満旅行 記にみるツーリズム空間」(京都大學文學部研究紀要、2014、53、341頁)
  • 1-2.満洲国と「異国情緒・贅沢さ・超近代性」イメージの結合
    • 「日本人の訪問先には、競馬場やゴルフ・コース、温泉があり、旅行者は冬にはスキー場、夏は海水浴場に行くことができた。満洲のどこにいても神社に参拝することができたし、およそ230の駅や観光名所には記念スタンプが置かれていた。中国大陸への旅行熱が高まるとともに、日本人は観光を満洲の旅行施設の異国情緒や贅沢さ、そして超近代性といったものに結びつけるようになっていった。」(ルイーズ・ヤング/加藤陽子ほか訳『総動員帝国-満洲と戦時帝国主義の文化-』、岩波書店、2001年、155頁)
  • 1-3.「ユートピア都市満洲
    • 「旅行産業と、日本の文芸界の著名人たちがおりなす紀行文によって、満洲国は日本の国内消費向けにパッケージ化された。こうして文芸界の著名人も、満洲国の都市開発に携わっていた都市計画担当者や企業家たちの活動に加担することで、ユートピア都市という満洲国のイメージを普及させるのに一役買った」(ルイーズ・ヤング/加藤陽子ほか訳『総動員帝国-満洲と戦時帝国主義の文化-』、岩波書店、2001年、159頁)
  • 1-4.満洲観光の典型的4テーマ「戦跡・近代性・現地の遅滞性・アジア文明の保護者」
    • 「〔……〕そのうちもっとも大事なのは、満洲で日本が特殊権益を有するのは、日本が戦場で大きな犠牲を払ったからだという考え方だった〔……〕後進地域に近代化をもたらした日本の役割も強調されていた。首都新京(現長春)の新建築をはじめ、鞍山の製鉄所、撫順の炭鉱、吉林から30キロほど上流の松花江で建設中のダムにいたるまで、1940年に満洲を訪れた観光客の見学先には、日本人による近代化の成果がふんだんに盛り込まれていた〔……〕日本人観光客を強く引きつけた三つ目のテーマが、満洲に住む現地住民の集団が遅れた状態に置かれていること〔……〕最後の四番目のテーマは、日本人がアジア文明の保護者たらんとして、現地の歴史遺産の保護に努めているということである」(ケネス・ルオフ/木村剛久訳『紀元二千六百年 消費と観光のナショナリズム』、朝日新聞出版、2010年、207頁)

2.各観光資源の機能・役割

2-1.戦跡

  • 2-1-1.「満洲国支配の正当化と日本国民の統合」
    • 「〔……〕日本人の血潮で購った「戦跡としての満洲」は、満洲想像の原点を成しているだけでなく、帝国本土が持ちえない生々しい「聖地」的空間を提供してくれているのである。〔……〕戦跡記念地は、内地客に「国威の伸張」と「皇恩の無辺」を感激させ、「戦死者の同胞」としての一体感を共有させ、内外邦人の国民的結合と日本人の覚悟を一層強固にする「聖地」として「舞台化」されるようになった」(高媛「「楽土」を走る観光バス−1930年代の「満洲」都市と帝国のドラマトゥルギー−」、『岩波講座近代日本の文化史6』、岩波書店、2002年、230-233頁)

2-2近代性

  • 2-2-1.「パノラミックな景色と近代性」
    • 長春は、国都と定められてから、近代的な都市建設が急ピッチで進められ、「日に新しく日に進む颯爽たる姿」が「新興満洲」の象徴として宣伝されるようになった。1937年ころの「国都観光バス」ツアーの締め括りには、「国都建設局」の屋上で都市計画の概要の説明が行われ、観光客の視野を全開させるところで、満洲の心臓都市の未来図を強く実感させることになっている。新京の「国都建設局」と同様、旅順の「白玉山」、大連の「山の茶屋」(展望台)、撫順の「露天掘」(露天炭田)のようなパノラミックな景色が展開される場所は、ガイドの力の入れどころであり、在満邦人の功績を誇示するのに最適のステージである。」(高媛「「楽土」を走る観光バス−1930年代の「満洲」都市と帝国のドラマトゥルギー−」、『岩波講座近代日本の文化史6』、岩波書店、2002年、234頁)

2-3.異国情緒

  • 2-3-1.「エキゾチックとノスタルジア
    • 「〔……〕多くの満州案内記、旅行記、見聞記が流布したのは、エキゾチックな満州であり、引揚げの記録、体験記が強調したのはノスタルジックな満州にほかならない。そこには政治、文化、言語の角逐と葛藤の場としての植民地という本質を見定めることがすっぽりと抜けているのであり、おそらくそうした視点から旧植民地都市としての大連を眺めたとしても、それは偏った、個人の内部での郷愁や好奇心の範囲を結局は逃れることができないのである。」(川村湊『異郷の昭和文学-「満州」と近代日本-』、岩波新書、1990年、97頁)
  • 2-3-2.「盛り場」と満洲情緒
    • 「植民都市のネイティブの盛り場は、明るい展望に適する在満邦人の業績である近代的な景観とは逆に、エキゾチックな暗さのあふれる満洲都市の裏面を「覗き見」するのに絶好の場所である。」(高媛「「楽土」を走る観光バス−1930年代の「満洲」都市と帝国のドラマトゥルギー−」、『岩波講座近代日本の文化史6』、岩波書店、2002年、238-240頁)

2-4.歓楽郷

  • 2-4-1.ロシア人女性のセクシュアリティ
    • 「〔……〕「外人征服」の暗喩としてのロシア人女性のセクシュアリティへの屈折した欲望が秘められている。昼の観光バスに花を添えるロシア娘ガイド、夜のキャバレーを彩るロシア人「踊り子」。ハルピンという「外人征服精神を鍛錬する唯一の道場」において、ロシア人女性の身体は、在満邦人と内地客の共謀するまなざしのもとで、「亡国の女」、「楽土」の安住者、異国情緒の体現者、歓楽郷の愛玩物など、豊穣なナショナル幻想を投射するオブジェとして、かつ「外人征服」の快感を達成させてくれる「肉体の勲章」として欲望消費されているのである。」(高媛「「楽土」を走る観光バス−1930年代の「満洲」都市と帝国のドラマトゥルギー−」、『岩波講座近代日本の文化史6』、岩波書店、2002年、244)
  • 2-4-2.ロシア人女性のアンビバレンツ的機能
    • 「歓楽街で接客するロシア人女性が、ヨーロッパへの憧憬をかきたてると同時に、ヨーロッパに対する優越感を与えてくれるアンビバレントな存在となっていった。〔……〕近代日本の旅行者にとって、哈爾浜とは,ロシアとの帝国主義的な争いと、そこでの勝利を象徴する都市であり、「夜のハルピン」は歪んだオクシデンタリズムを掻き立てる場所となった。」(米家泰作「近代日本のコロニアル・ツーリズムと哈爾浜」(『日本地理学会発表要旨集 2018s(0)』、公益社団法人 日本地理学会、2018、https://www.jstage.jst.go.jp/article/ajg/2018s/0/2018s_000096/_pdf/-char/ja、2019年5月11日閲覧15時32分閲覧

2-5.植民地と博物館

  • 2-5-1.「満洲国史」の創出
    • 「ここで、国立博物館の展示が創出しようとした「満洲色」とは何だったのかを検討してみたい。〔……〕考古学調査で得られた成果を展示するという手法をもって「満洲国」建国に至った中国東北の歴史像を来館者に「見せる」ことが、展示において「満洲色を出す」ということだったのである。国立博物館では〔……〕「清朝色」に代わって、考古学・東洋史学者による考古学調査の成果に基づいて「満洲色」を強調しようとしていた。この動きは、中国内地の歴史とは切り離した「満洲国史」を構築しようとする、「満洲国」の文教政策に同調するものであった。〔……〕特に、「満洲国」の領土内で興亡した高句麗渤海・遼・金各王朝の文物が徐々に国立中央博物館の主要な展示を構成するようになった結果、かつての「清朝色」や中華文明的要素は薄められていく。それは、単に考古学資料の増加がもたらした相対的な変化ではなく〔……〕「満洲国史像」の創出を意識したものであった。」(大出尚子『「満洲国」博物館事業の研究』、汲古書院、2014年、46頁)
  • 2-5-2.「民族協和」の演出
    • 「〔……〕地理部では、オロチョン人・ホジェン人・モンゴル人の「原始民俗品」も展示した。〔……〕地理部では、「民族協和」を標榜する「満洲国」において、少数民族を含む諸民族の生活に着目した展示を行っていた。「満洲国」の建国理念として標榜された「民族協和」の思想は、国立中央博物館においては藤山一雄が担当した大経路展示場の地理部の展示に反映された。地理部では、「満洲国」の多民族性に鑑み、「五族」に含まれない少数民族の「原始民俗」を展示した」(大出尚子『「満洲国」博物館事業の研究』、汲古書院、2014年、230頁)
  • 2-5-3.視覚装置としての博物館
    • 「旅順攻囲戦当時の状況を一覧できる「戦利品陳列館」(旅順)、満洲などの考古的資料を展示する「博物館」(旅順)、満州資源のアウトラインを示す満鉄経営の「満洲資源館」(大連)、満洲国の国宝3500点を収蔵する「国立博物館」(奉天)などと、征服、発掘、開発、保存される欲望対象としての満洲の「全貌」が、絵巻物のように繰り広げられてゆく」(高媛『観光の政治学 : 戦前・戦後における日本人の「満洲」観光 』東京大学、2005、博士論文、199頁)
      • ※同様の記述が高媛「「楽土」を走る観光バス−1930年代の「満洲」都市と帝国のドラマトゥルギー−」(『岩波講座近代日本の文化史6』岩波書店、2002年、234-235頁にもあり)

3.新京の位置づけ

  • 3-1.新京における「異国情緒」の捨象
    • 「大連のほかに、奉天(城内)やハルピン(傳家甸)でも、「一日の行楽の一つ」として、「満洲情緒溢れる空間」を巡ることになっていた。一方、〔……〕帝国のユートピアを視覚化しようとする未来都市・新京には、「満人」の<異界=過去>的な空間は「楽土」と逆転的な存在と見なされていたのである。」(高媛『観光の政治学 : 戦前・戦後における日本人の「満洲」観光 』東京大学、2005、博士論文、203頁)
  • 3-2.新京の「近代性」
    • 3-2-1.「原野に出現した近代都市」
      • 「1934年11月から運行開始した満鉄の超特急「あじあ」号に乗り、国都「新京」の建設ぶりを実感させるというのがプログラムの定番となっている。〔……〕「原野に出現した近代都市」新京こそ、日本が満洲国開発のためにいかに貢献しているかをアピールするもっともシンボリックな場所と思われているのである。」(高媛『観光の政治学 : 戦前・戦後における日本人の「満洲」観光 』東京大学、2005、博士論文、218頁)
    • 3-2-2.「驚異の絵巻物」
      • 満洲最大の見どころとして、在満日本人による満洲開発の壮観を挙げている〔……〕「驚異の絵巻物」への「展望」空間は、観光バスのコースにきちんと組み込まれている。〔……〕1937年ころの、「国都観光バス」の締め括りには、「国都建設局」の屋上で、都市計画概要の説明が行われ、観光客の視野を全開させたところで満洲の心臓都市の未来図を強く実感させることになっていた。」(高媛『観光の政治学 : 戦前・戦後における日本人の「満洲」観光 』東京大学、2005、博士論文、198頁)
    • 3-2-3.「未来の桃源郷
      • 「日本の観光パンフレットは、新たな満州国の首都となった新京を、未来の桃源郷のような都市であるとして褒め称えている。現代的な都市の最先端をゆく街として喧伝された新京は、街灯整備や都市全域に及ぶ下水道システムを含め、様々な最先端のイノベーションを用いることで、日本がアジアにもたらす近代性を世界に示そうとした。」(バラク=クシュナー/井形彬訳『思想戦 大日本帝国プロパガンダ』、明石書店、2016年、98頁)
  • 3-3.新京と民族協和
    • 3-3-1.児玉公園と現地住民への配慮
      • 「公園の利用について、1940年5月6日(日曜日)の児玉公園(旧称西公園)を調査したところ、日本人と中国人の比は2対1であった。これは児玉公園が旧満鉄付属地にあることを考えると、中国人の利用者数はむしろ非常に多いといえる。これは上海の租界にある公園が「犬と中国人と立入るべからず」という立札が一時あったことに象徴されるように、欧米人のためのものであったことと好対照をなしている。」(215頁)
    • 3-3-2.官公庁の興亜式建築様式と民族協和
      • 【A】「満州国の政府官庁は、新京都市計画の二大軸線(大同大街と順天大街)に沿って配置されている。特に順天大街には宮廷、政府庁舎、法院が配置され、その建築様式は一定のものに統一されている。このような官庁建築群は都市の"顔"をつくるものである。日本人が近代以降に手がけた都市計画で、都市の中心地区が一定の建築様式にもとづいて構成され、一つの政治的表現をつくり出している事例は新京を除いては存在しない」(越沢明『満洲国の首都計画』、ちくま学芸文庫、2002年、238頁)
      • 【B】「満洲国は日本の満洲進出の産物で、日本の保護国あるいは傀儡国家であったことは事実としても、建前としては五族(日、漢、満、蒙、鮮)の民族協和を謳っており、官庁建築にはそれぞれが具現化される必要があった。そのため欧米の古典様式や国際様式(いわゆるモダン建築)を採るわけにはいかず、東アジアの民族性をなんらかの形で表現する必要があった。」(越沢明『満洲国の首都計画』、ちくま学芸文庫、2002年、 248頁)