北へ。〜Diamond Dust〜「北野スオミ」シナリオの感想・レビュー

親友兼ライバルとの接触事故を起こしたフィギュアスケート選手の復活譚。
フィンランド本国でメンタルをやられ父親の縁故で旭川に逃れた少女を救済せよ。
この√での見所は、何と言っても親友の前原のお調子者だが憎めないキャラ性。
普段はおちゃらけた口調ながら主人公の為になんやかんやと世話を焼いてくれます。
特にFDでスケートのコーチに門前払いを食らった時の励ましは秀逸。
一流のアスリートと分かっていて付き合ったのだろう?お前の想いはその程度か!

北野スオミのキャラクター表現とフラグ生成過程

Diamond Dust編

f:id:h30shimotsuki14:20191209081504j:plain f:id:h30shimotsuki14:20191209081509j:plain
  • スケート選手がメンタルクラッシュ
    • 北野スオミは日本人とフィンランド人のハーフ。フィンランドフィギュアスケートの選手としてバリバリ活躍していたものの、事故をきっかけにリンクから遠ざかっていました。それというのも、接触事故は大親友であったハンナによるものだったので、マスコミなどが騒ぎ関係性も微妙になってしまったからでした。そんなわけでスオミフィンランドから落ち延び極東の僻地である軍都旭川までやってきていたのでした。そんな傷心なスオミと交流するなかで、彼女を支え、励まし、もう一度スケートに向き合わせることがこのシナリオでのメインテーマとなります。主人公くんはスオミと一緒に旭川を回るのですが、東京からぶらりとやって来ている主人公くんが観光資源を知っているわけがありません。そこで、旭川編では医大生の前原が独特でユニークなキャラ性と共に、アレコレとおススメを教えてくれるのです。前原の御かげでスオミと仲良くなった主人公くんは、スオミからスケートの手ほどきを受けます。スケートのことになるとスパルタなスオミちんの可愛さをご堪能ください。このイベントでスオミはトラウマを乗り越え再び滑れるようになったのでした。
f:id:h30shimotsuki14:20191209081516j:plain f:id:h30shimotsuki14:20191209081521j:plain

 

Diamond Dust + Kiss is Beginning.編

f:id:h30shimotsuki14:20191209081526j:plain f:id:h30shimotsuki14:20191209081531j:plain
  • FDでは大会を目指すスオミが、コーチの理不尽なパワハラと戦うはなし
    • 再びスケートが出来るようになったスオミは、日本に帰化することを決意し、復帰を目指して練習に励みます。新技を引っ提げて大会に臨もうとするも、なかなか技が成功しません。そんな時、就活中の主人公くんが夏休みを利用してスオミ下へ訪れると、あっさりと技が成功!主人公くんのおかげ!とメンタルや情熱の重要性を知るのです。しかし、主人公くんと会えた余りの嬉しさに門限を破ってしまったからさぁ大変。コーチは激怒し、主人公くんに対してスオミの邪魔をするなと一喝するのです。年上の人間から大きな声で怒鳴られれば誰だって委縮してしまうもので、げんなりしてしまう主人公くんでしたが、ここでも活躍するのは、我等が前原。主人公くんに対して相手はプロなんだから一夏のアバンチュールにしておけと揶揄していた男が主人公くんの背中を押します。お前の想いはその程度か!?前原の言葉で覚醒した主人公くんはコーチの下から出奔してきたスオミを連れてランデブーを敢行。いい感じにメンタルがほぐれたスオミは感情を落ち着かせ、コーチもまた考え直すことがあり、二人は和解。大会でスオミは新技に成功し、見事復活を果たしたのでした。
f:id:h30shimotsuki14:20191209081536j:plain f:id:h30shimotsuki14:20191209081540j:plain