雑録

近現代西アジア史【3】近現代イスラーム世界・周辺地域

1.サウジアラビア

2.アフガニスタン

地理的にはイランとパキスタンと中央ユーラシアに挟まれた位置。

(1)ドゥッラーニー朝(1747-1818,39-42)

(2)イギリスの侵略に対する抵抗

  • ①カージャール朝から独立
    • ロシア支援下のカージャール朝が侵攻してくるが、ロシアの南下を怖れるイギリスの支援で独立に成功する。
  • ②アフガン戦争
    • イギリスがロシアの南下に対抗して行った3回にわたる侵略戦争。第1回ではイギリスが完敗。第2回で保護国化に成功した。だが第3回目では独立を認めた。
      • 第三次アフガン戦争…英の保護国であったアフガニスタンは1919年独立を宣言。侵入してきたイギリスと戦う。
      • アフガニスタン独立…第三次アフガン戦争の結果、ラワルピンディー条約で英は独立を正式に承認。

(3)9.11とアフガニスタン攻撃

3.中央ユーラシア・カフカス

(1)ロシアの膨張

(2)カフカス地方へのロシアの進出

(3)中央アジアへのロシアの進出