雑録

恋愛×ロワイアル【WEB体験版】の感想・レビュー

軽薄系チャラ男主人公を無条件に慕うキワモノヒロインたちの恋愛競馬。
はいはい、いつものアサプロのバカギャグゲー枠ね……かと思いきや!
今回はOP後にシリアス要素を組み込んできており従来とは一味違う予感。
流石に馬鹿の一つ覚えのようにギャグゲーで勝負する方針とは変えてきた模様。
実態はそうではないのに「キワモノ」の如く振る舞う主人公とヒロインたち。
好感度MAXになる以前の状態や何故キチガイのように演技をするのかが注目ポイント。

バカゲー・ギャグゲーでお馴染みのアサプロが変化球を投げてきたぞ!

f:id:r20115:20201026143217j:plain

  • キワモノ演技とシリアス描写をどう活かせるかで面白さが変わりそう
    • アサプロスミーと言えばバカゲー・ギャグゲー方面に振り切ることでブランド化に成功してきたメーカーです。今回もキワモノヒロインたちを揃えており、主人公を巡って修羅場を繰り広げる恋愛競馬モノねーという感じ。恒例のハイテンションなテキストと顔芸を多用する立ち絵、声優さんに変な言葉を吐かせる芸風を眺めていきました。所々で現在の時間軸でヒロインたちが「キワモノ」のように振る舞うのは、過去に主人公と何かがあったことが匂わされていましたが、まさかアサプロがシリアスやってもねぇとも思っていました。だがしかし、OP後に実はホントウにシリアス要素もありそうな小芝居が挿入されて幕を閉じます。具体的には転入初日の自己紹介から主人公に告白してくる幼馴染がいるのですが、そのヒロインが過去においては自分に好意を寄せていた主人公を酷く裏切ったようなのです(推測)。主人公は当然そのことを覚えているのですが意図的に忘れたフリをしており、ヒロインもそれを見抜きながら敢えて主人公に好感度マックスであるフリをして言い寄ってきているのです。彼らに何があったのか、とても気になる餌をぶら下げて体験版を終わりにする戦略よ。
    • さらにメインヒロインのピンク以外も、かつて主人公と出会って救われたので現在のような「キワモノ」になった伏線が張られています。ツンデレお嬢様キャラである生徒会長はおそらく感情表現の起伏に乏しいロボットのような人物像であり、主人公に救われたからこそ現在のように幸せにツンデレできるようになったのでしょう(類推)。アイドル系ヒロインも主人公が自分のことなど見ておらず目線を向けているのはユニットを組んでいる相方の方という中々の拗らせっぷり。イモウトはヤンデレ。OPまでは主人公のことを取り合うヒロインたちがワチャワチャしている様子を眺め、クリスマスの学園祭で告白イベントして個別√って感じでしたが、いつものアサプロとは一味違う予感。これが吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、アサプロがバカゲーメーカーから一皮剥けることが出来るのかにも注目が集まる作品です。

f:id:r20115:20201026143221j:plainf:id:r20115:20201026143232j:plain

f:id:r20115:20201026143243j:plainf:id:r20115:20201026143249j:plain

f:id:r20115:20201026143211j:plain