雑録

ゴールドシチー

ウマ娘 「晩秋、囃子響きたる」の感想・レビュー

秋祭りの出し物として流鏑馬と奉納舞を捧げることになった話。 ゴールドシチーがいつもの如く他者から期待される人物像で悩み、それを会長がサポート。 ユキノビジンは劣等感に苛まれるがブライアンの助力でシチーガールになる熱意を燃やす。 苦悩を乗り越え…

ウマ娘「ゴールドシチー」シナリオの感想・レビュー

近代的自我の萌芽により自己の存在証明に駆られるモデル系ウマ娘の話。 ゴールドシチーは今を時めくモデルだが不意に自分は人形にしか過ぎないと感じる。 突如芽生えた自我を持て余すシチーは闇雲に走り出すが夕焼けを見て「自分」を感じる。 それを契機にト…