リトバスプレイメモ 5月13日(日)

始まりは夢からというエロゲではありがちな導入。
「きょーすけが帰ってきたぞー」

====

渋い声のバンダナガクラン野郎により夢から覚醒。闘いがはじまるとか云々。「どこで?」と聞くと「ここで」と答える。

どうやら主人公は寮に住んでいる模様。
で、袴白髪とガクランがバトルを開始。
両方とも主人公の親友なんだってさ。
二人の喧嘩を止めようとするも主人公くんは人任せ。恭介とやらに止めてくださいと懇願する。この恭介くんはやたらと前髪が長くガクランっぽい制服に何故かネクタイをつけているというなんともはやな格好だが、主人公くん・バンダナ・白髪頭のオヤビン。彼ら3人は恭介の舎弟で恭介くんのルール下で合法的に喧嘩してるっぽい。今回恭介くんは「くだらないものを武器にして殴り合え」と指示。

白髪は銀球鉄砲、バンダナは「猫」。猫で戦う。
なにこのリアルファイト・・・しばらく戦ううちに鈴さまが登場するのだが

つうか、立ち絵が微妙・・・袴白髪は格好いいのに肝心の女の子が微妙でどうするよ。立ち絵書いてんの誰ー?樋上いたるさんですよねぇー。あの、いたる絵を返せ!体と顔のバランスがあってねぇよ!!

で、立ち絵の微妙なくぎみーちっくな鈴さまが司法権を発動。彼らの喧嘩の理由を問えばガクランが「目から牛蒡」なる諺を教わったとか云々。で、今度は鈴さまとバトル。2撃で鈴様の勝利。

 

喧騒から少し離れたところで主人公くんは一人醒めた視線で眺めていた。このような日常をもたらしてくれた過去を想起する・・・

主人公は「なおえりき」。両親が死んで。いじけていた彼のもとに救いの手が差し伸べられる。彼らの仲間に入れてもらった理樹は、次第に両親を喪った悲しみから立ち上がっていった・・・