教科教育

  • 文献・研究: 歴史教育-文献歴史教育-雑考
  • 授業用ネタ: センター国語受験世界史受験日本史巡検
  • レジュメセット: 日本史| 世界史( 欧米史| 欧州文化史| アジア史| アフリカ史 )| 倫理
  • 歴史学

  • 文献・研究: 歴史-文献満洲-文献満洲研究近現代北海道史海事
  • 講義録(人文系): 国史概説史料判読極東蘇聯史文献調査博物館学(断片)
  • 観光学

  • 講義録(観光系): Heritage Tourism/ Contents Tourism (A-partB-part)
  • 『北へ。』研究: 観光学における『北へ。』の位置づけWI個別√感想DD個別√感想
  • 【レポート】 コンテンツツーリズム「らぁめん城ヶ崎」
  • コンテンツ産業

  • 各種媒体: 文学映画animemangalight-novel
  • ノベルゲームの最前線: 全般/ 体験版/ 過去作50音順/ 2020発売月順/ 2020製品版/ 発売前予想
  • ノベルゲームの回顧と展望: 2019/ 2018/ 2017/ 2016/ 2015/ 2014/ 2013/ 2012/ 2011-2000
  • topic

  • 2020秋アニメ: ゴルカム/ おちフル/ ストパン/ ひぐらし/ まいてつ/ 神様/ しまむら
  • 【11月新作】 2020年11月新作ノベルゲーは何を買ったらいいですか!?
  • 『まいてつ Last Run!!』の「シナリオ」は本当に低評価だったのか?~その原因を探る~
  • 『ドーナドーナ いっしょにわるいことをしよう』の感想・レビュー


  • ヘッセ/三宅博子訳『東方への旅』』(臨川書店『ヘルマン・ヘッセ全集13』内収録)の感想

    東へ旅をするんだよ。時代も空間も超えた。そんな神秘宗教団がありました。H・H はその神秘宗教団に入って東を目指すのだが、旅の途中で所属していたグループが空中分解。志半ばで、旅を諦めてしまうのさ。それからの人生はどうだ?無味乾燥な生活を送る毎日。そうこれは、世界大戦を経験し日常が変革してしまった人たちに通じるもの。所謂、大きな目標を見失った時の喪失感。存在意義の不明瞭。自己の存在を取り戻すために、旅の過程を記さんと筆を取る。だがしかし、なかなか表現することが出来ずに迷う迷う。彼は信じていた。自分だけが信仰を裏切らなかったと。しかし、そんなことは大きな間違い。H・Hは教団に再び合い間見え信仰を示さんとするも、結局、教団はありのままあり、H・Hが教団を裏切ったにすぎなかったことを知る。全ての苦しみ、苦悩は彼に科せられた試練だったというわけさ。

    絶望は、人生の生を把握し、正当化しようとするあらゆる真摯な試みの結果なのだ。絶望とは、生を美徳で、正義で、理性で耐え抜き、生の要請に答えようとするあらゆる真摯な試みの結果なのだ。