雑録

スズノネセブン!FD 志麻莉里シナリオの感想・レビュー

スズノネセブン!ファンディスクの莉里先輩シナリオは、少女トラウマ克服モノ。
ゆっきーに惹かれてきゅんきゅんしちゃう莉里先輩視点で物語が進み、最後は異能系魔法バトル。
依存体質な少女の支えとなり、機転を利かせて大勝利!!

志麻莉里先輩のキャラクター表現とフラグ生成過程。


志麻莉里先輩はクールで淡々と柚子里先輩を支える使用人。だがえろい。妄想しちゃうこともしばしば。そんな莉里の行動原理は全て柚子里。仕えるという行為に依存し自立を拒否している困ったちゃん。補講をくらった柚子里に一蓮托生したため補習合宿七人衆に選ばれてしまう。柚子里大好きな莉里は、柚子里がゆっきーの手助けをするぐらいならと、自分がてつだいをすることを申し出る。ゆっきーの自習勉強に付き合ううちに莉里先輩は次第に惹かれてきゅんきゅんしていく。しかし、莉里は同性の柚子里が大好きなわけで自分の感情においてゆっきーの占める割合が大きくなっていくことに戸惑い感情を持て余し、その好意を拒絶する。自分の課題も柚子里への思いもゆっきーの存在も全部中途半端!!そんな折、莉里は柚子里自身から中途半端と告げられ、魔法バトルで断罪されてしまう。行動原理を失った莉里先輩は初めて自分の足で歩くことを要請される。傷心しながらゆっきーを求めてしまう莉里。そこへ一度は拒絶されたもののゆっきーが颯爽と登場するよ。



莉里のお家は代々柚子里のお家に仕える間柄。でもお嬢様な柚子里は莉里に対等な関係を求めた。莉里の両親が柚子里を庇って死んじゃったときも、莉里が柚子里に瀕死の傷を負わせてしまったときも、柚子里先輩は上に立つものとしての人格を莉里先輩に示した。莉里先輩はこのことから柚子里にほれ込み、対等な関係として付き合えるように修練を積んできたのだ。でも、拒絶されちゃってどうしよう。しかも莉里先輩の課題は、柚子里を魔法戦闘で倒すというものだった。学校側も依存体質を早期に見抜いていたのだね。ゆっきは言う。柚子里先輩は莉里先輩を拒絶したのではなく、自立せよとのことだったのだと。両親が殺され、柚子里を傷つけたことのある莉里は攻撃魔法が不得手だったの。しかし、柚子里ともう一度対等な関係になるため、莉里は立ち上がる。ゆっきと一緒にチームを組んでタッグバトル。やー完全に柚子里先輩はかませ犬なわけですが。その勝負は一進一退を繰り返し、ゆっきの活躍も光り、大勝利。最後はご都合主義で柚子里自警団運動の問題も解決され大団円。