雑録

Magical Charming!個別√の感想・レビュー

真√の感想・レビューを先に書いてしまいましたが、個別シナリオの感想をば。
率直に言ってキャラゲーであり、シナリオの中身もヒロインといちゃつくことに主眼が置かれている。
実は「最初からはじめる」は時間軸上は2周目以降のループ世界。
真√では個別ヒロインとの物語は有耶無耶にされてしまう。
それを考えるとオリエッタ以外のヒロインは哀れさを醸し出さざるを得ない。

秋音ルート

主人公の幼なじみで親友系男装ヒロイン。幼少期の頃から主人公くんとつるんでキャッチボールやファミコンなどの男児的娯楽を共にしていた。その時から主人公くんに好意をもっていたものの、主人公くんが親友としてしかみないので、仲は進展しないままであった。主人公くんが魔法学院に拉致されたことを契機に男装して潜り込み、寮の相部屋となる。秋音は男子制服を着ているだけでどうみても女のに、「こんなに可愛い子が女の子のわけないじゃないですか」状態になり、周囲から男子として認識される。実は秋音は自分の欲望を周囲に従わせる「絶対王言」という魔法を発動させており、自分を男子として認識させていたのだ。そんな秋音であったが、主人公くんと寮生活を送るうちに異性として惹かれ合っていく。で、思いの丈を告白し結ばれる。秋音はこうして自分で自分を受け入れることができ、気持ちを素直に口に出せるようになった。こうして、主人公くんと結ばれたことにより、秋音のジレンマは解消され、「絶対王言」の魔法を解消することに成功する。だって魔法は抑圧や苦悩、葛藤やジレンマが力を与えていたものだから。こうしてハッピーエンドを迎えます。フライパンでカレーを作る方法はすごく参考になった。

姫百合ルート

素直クールの女子校における「お姉様」系ヒロイン。幼少の頃から周囲から期待を集めており「理想とされる人間像」になることを求められてきた。そのため、実はジャンクフード好きだったり甘えたがりであることを隠している。その「ありのままの自分」を主人公くんに肯定されたので、もう好感度はうなぎ登りさ。封建的な家庭に育ったので、恋愛観には保守的なイメージを抱いており、主人公くんの提唱する「段取リズム」をも受け入れる。主人公くんに尽くそうと花嫁修業を努力する姿をプレイヤァは眺めることになる。で、実は姫百合先輩は破壊系魔法のエキスパートであり、幼少の主人公くんに怪我をさせていたことが判明。罪の意識から主人公くんと付き合ったのか!?とヤキモキすることも。また姫百合先輩√で主人公くんが生徒会長を目指そうとすると、姫百合先輩を正室とし、秋音、諷歌、オリエッタを側室とするハーレム支配者エンドにも入れますぞ!!まぁ、そんなわけで姫百合先輩とひたすらイチャイチャするキャラゲーシナリオであった。

諷歌ルート

妹様はツンデレラ。幼少の頃は諷歌はお兄ちゃんべったりで、お兄ちゃんのこと好き好き大好き好き好きであった。しかし、魔法学院に行くため主人公くんとは離別し、久方ぶりに再会してみたら性格が豹変していた。お兄ちゃんなんかだいっきらいなんだからとツンデレアピール。主人公くんは月イチで手紙を書き続けていたが、一通も返事がなかったことを加えて、妹に対して絶望する。だが、実は諷歌はその手紙全てを大切に保管しており、今でもお兄ちゃんを慕い続けていたことが判明。長いときを経て再会したので、どのように反応すればいいのか分からなかったの。その葛藤や煩悶は諷歌を腐女子として成長させていく。なんと!諷歌は自分とお兄ちゃんを題材にしてエロマンガを書いていたのだ!!そんなツンデレラの諷歌とイチャイチャするが、主人公くんと結ばれたことで魔力の根本となっていた精神的抑圧が解消され、魔力喪失。自分が今まで過ごしてきた環境が失われることに感傷に駆られるが、主人公くんがいれば大丈夫!とハッピーエンド。

オリエッタルート

恋が出来ないおぼこ娘なお姫様。個別オリエッタは2周目ループ世界の欲望の具現化であり、1周目はちゃんと「姫」らしくスパルタンな教育を施されている。主題としては「恋が出来ない」と矛盾をどう扱うかが描かれている。オリエッタは恋愛に対しておぼこ娘で、恋愛感情なんていうものを持っていなかった。そのため主人公くんの恋愛観をさっぱり理解せず、テキトーな女をあてがい、前戯して挿入して膣出しすればいいと思っていた。だが主人公くんとの触れあいの中で誰かのために何かをするという感情を成長させていき、イチャラブを展開する。だが、オリエッタは「恋愛を出来ない」ことが宿命づけられていた。魔法を使う淵源は願望の力。もし恋愛が成就してしまったら主人公くんの願望は成就され魔力は喪失され学院からは姿を消すことになってしまう。幻想庭国の姫君であるオリエッタとは結ばれないようになっているのだ。そのため愛する主人公くんの告白も断り、相思相愛なのに振ってしまう。だがここでオリエッタは苦悩の果てに時間軸を巻き戻し、身分を捨て主人公くんと結ばれることを決意し逆告白して結ばれるのであった。これが可能になった理由は真√で明かされるが、オリエッタの妹のイスタリカが2周目のループ世界では自己犠牲によりオリエッタを後継者にしなかったからという理由が挙げられる。