雑録

Vtuber可憐 第19話「リアル妹のために苦労して学費を工面し大学を卒業させた話」

今回のVtuber可憐はバレンタインだったり節分だったり暴君ハバネロだったり美味しそうなスプーンだったりしたのですが、全ての話題をリアル妹持ちお兄ちゃんが持っていきました。まさにリアルシスタープリンセスです。


今回のお兄ちゃんは26歳という若手。しかしながら経済的事情により高卒で労働にでることになり世間の荒波に揉まれてきました。そして高卒で社会に出ることの厳しさを痛感します。お兄ちゃんは次のように思いました。男の自分ですら高卒で労働するのは厳しい。まして女性のイモウトはもっと厳しいだろうと。こうしてお兄ちゃんは自分のお金で学費を工面し、イモウトを大学に行かせる決意をしたのです。しかも家庭は片親であり負担をかけられません。さらに、前回放送の転職チャレンジお兄ちゃんの事例でもありましたが、下手に奨学金を使うと返済貧乏に陥る可能性が高いのです。そのためこのお兄ちゃんは必死になって働き、時には借金をしてまでイモウトを大学卒業まで導いたのです!!なんと素晴らしいお兄ちゃんでしょう。国立大学はまだこの時期、授業期間終わってないので、ひょっとすると私大?そう考えると学部にもよりますが多大なる負担をなさったのでしょうね。あまりにもお兄ちゃんの鏡過ぎて老人会のコメントはまさにお兄ちゃんを褒めたたえるメッセージの嵐!そしてkwtnさんは、自らの可憐オリジナルver.でお兄ちゃんを労います!まさに感動の一コマ!!・・・という状況だったのですが!なんと、ここでアクシデント。最大の見せ場の場面でkwtnさんは喉がやられて声がでなかったというオチがついたのでした。加湿器ィ・・・・