雑録

マルコと銀河竜 体験版の感想・レビュー

宝玉争奪戦×母親探し!元奴隷少女が手に入れた宝玉を巡り宇宙規模での攻防戦。
天才ピアニスト幼女だったマルコは母を殺され自分は拉致され奴隷に堕ちた。
数年後、奴隷主の元で頭角を現したマルコはトレジャーハンターになっていた。
マルコはミッションを達成し宝玉を盗み出すがレアすぎて危険なものだった。
この宝玉を巡って、地球、宇宙の支配者、盗賊団の勢力が入り乱れて争う。
文脈を抜かした突発的なイベントを連発しながら徐々に伏線を回収していく。

宝玉を巡る宇宙規模での攻防戦がスタート!マルコが母親探しのため地球に滞在していることから地球を舞台にコミカルなギャグテイストの闘争が描かれていく。

f:id:r20115:20200117213904j:plainf:id:r20115:20200117213914j:plain

  • マルコサイドでは元奴隷少女のギャグ系アクション活劇を描く
    • マルコは元天才ピアニスト幼女。コンクールで好成績を収めたことを母に報告しようと喜び勇んでいたところ、母は殺されマルコは拉致され奴隷に堕ちた。マルコを買ったのはとある盗賊団の親分であり、マルコは奴隷労働に従事することとなる。しかしそこへ銀河竜アルコが到来!マルコに目をつけて食べようとするが、マルコはガリガリでありクソまずかったのだ。アルコはマルコと契約し、マルコが美味しい時期になったら身体を捧げることを代償にパートナーとなる。斯くしてマルコは成長し、盗賊団の稼ぎ頭となるのであった。
    • そんなマルコはとあるミッションで宝玉をゲット。この宝玉をめぐって宇宙規模での争奪戦に巻き込まれることになる。マルコはこの宝玉が危険な代物であることを察知し、親分に渡せばろくなことにならないであろうと早期に売りさばこうする。ついでに自分の母親探しを開始。マルコの手元にあるのは母親の上半身が焼け焦げた一枚の写真。これを手掛かりに故郷を探しあて、痕跡を辿っていく。しかしマルコが宝玉を持っていることから、マルコの故郷は危険にさらされていく。故郷には異星人から地球を守るための学校や大砲が整備されており、マルコは彼女らに協力する。体験版で描かれるのは、宇宙クジラ撃退イベント。宇宙クジラの体内に入って『働く細胞』よろしく体内の機関がキャラ化された劇が展開され、宇宙クジラを体内で暴走させていたウイルスを倒して危機回避に成功する。

 

f:id:r20115:20200117213908j:plainf:id:r20115:20200117213919j:plain

  • ハクアサイドでは宇宙の支配者の娘の葛藤を描く
    • ハクアの父は宇宙の支配者を名乗り、惑星を滅ぼして回っていた。娘のハクアは父親から後継者として期待されていたが、父の信条を共有することができず、現状に疑問を抱いてた。そのため学校にも通わずヒキコモリがちになっていたところ、宝玉を求めて地球にやってくることになる。ハクアは人間の負の感情をエネルギーとしており、それを増幅させようとする。しかし、物語の舞台であるマルコの故郷では人が皆、善人であったかく好意的であったのである。力を出せずに困ったハクアは、学校に通うことでイジメのターゲットになろうとする。けれども、学校でも生徒たちから温かく迎え入れられる。ハクアの部下たちは情報収集のためにコミュニティに溶け込むと称してなぜかおでん屋を展開し、しばらくは平和ムードが漂う。
    • そしてこれまたトートツに歯医者イベントが発生!銀河竜アルコが虫歯になり歯医者に治療に訪れるイベントでマルコとハクアが遭遇するのである。ここでマルコはハクアに宝玉を奪われてしまって大わらわ。さらにそこへ第三勢力としてマルコの親分が登場。親分が連れていたのはハクアの父が滅ぼした惑星の姫君ガルグイユ。かつてハクアは滅ぼした惑星の生き残りたちに父親を殺してもらおうと、ごみコンテナから残党を逃していたのだ!その残党のうち、運よく生き残った姫君が復讐にやってきたのである。こうしてマルコ、ハクア、ガルグイユと3つの勢力が激突する!果たしてマルコは母親に会えるのか!?宝玉争奪戦はどうなるのか!?お楽しみに!といったところで体験版はお開きとなります。

 

f:id:r20115:20200117213925j:plainf:id:r20115:20200117213930j:plain

製品版GAME DISKの感想はこちら


はと先生のこれまでの作品はこちら

野良猫ハートシリーズ一覧

恋愛皇帝