雑録

【アニメ版】『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』第6話「夏休みオムニバス劇場」の感想・レビュー

今回のはめふらは折り返し地点。夏休みを満喫し新学期が始まるまでを描きます。
カタリナハーレムが進展していく様子を楽しむ一方、不穏な影も漂ってきます。
それは後半から始まる会長√。カタリナは貴族令嬢たちからヘイトを集めています。
さらにソフィアに転生したヲタ友あっちゃんが夢で隠し√の存在を啓示してくれます。
漫画版はソフィアに転生した経緯が語られなかったのであっちゃん√があるといいな。

夏休みの過ごし方をオムニバス形式でお届け!

f:id:r20115:20200510171341j:plainf:id:r20115:20200510171346j:plain

  • その1:クラエス家の家庭事情「転生カタリナがクラエス家を明るくした」
    • 夏休みの帰省で実家に滞在するカタリナ。母親とメイドのアンは、カタリナが頭を打って以来性格が豹変したことを話題に出します。行動が別人のようになったものの、転生カタリナはクラエス家を明るくしてきたと、カタリナの人たらしの長所をしみじみと思い返します。無意識に登場人物たちを攻略してきたカタリナですが、それはメインの人物だけではなく孤高の庭師トムやメイド長にまで及んでおり、様々な人物をオープンハートさせてきた功績が称えられるのです。しかしイイハナシダナーとなった瞬間、畑を耕すカタリナの小粋な掛け声が庭に響き、ママンからの叱責を買うというお約束の展開になります。幼少期のメアリ編でカタリナの野菜の生育不順について何故トムに聞かないのかと疑問に思っていましたが、アニメ版ではトムじいさんが偏屈系であることが明らかになり地味に伏線?を回収していきました。

 

f:id:r20115:20200510171351j:plainf:id:r20115:20200510171358j:plain

  • その2:キース編「キースの悪夢を払拭したカタリナ」 
    • ある意味一番カタリナとの時間を多く過ごしてきたのがキースなんだよなぁと。芝に寝っ転がり昼寝を始めるカタリナを見てキースは幼少期を思い出します。幼少期のキースは、クラエス家に養子に来る前の家庭でイジメられていたことがトラウマとなっており、無意識に夢に見てうなされてしまうほどでした。そんなキースのトラウマを払拭したのがカタリナであり、キースは自分がどれほど姉に救われてきたのかを改めて思い出したのでした。イイハナシダナーとなった瞬間、カタリナは突如目を覚ましところてん食べたいと述べるのでした。

 

f:id:r20115:20200510171405j:plainf:id:r20115:20200510171410j:plain

  • その3:ハーレム編「みんなで湖に遊びにいく話」
    • 湖に遊びに誘うジオルド様。それを聞きつけたキースが二人きりになる時間を妨害。さらにアニメ版ではいつものメンバーが全員集合することになり、カタリナハーレムが展開されます。女性陣含めて誰がカタリナのペアになるかで揉めている中、未だ恋心を自覚していないアランと、恋心を秘めているニコルが遠巻きに見ているところが和みます。成長後には心の余裕を持ち徒に競うこともなかったアランですが、カタリナに煽られて久々に幼少に帰っているところとかホッコリしますね。結局カタリナはメアリと組むことになり興奮したメアリに抱き疲れて湖に落下。陸ではアヒル?にお菓子を取られて追いかけるカタリナですが、その貴族らしからぬ行動っぷりが攻略対象たちの心を打ってきたことが改めて紹介されたのでした。

 

f:id:r20115:20200510171415j:plainf:id:r20115:20200510171420j:plain

  • その4:ソフィア&ニコル編「前世の記憶を想起するソフィア」
    • ソフィアと買い物に行くことになったカタリナ。当然ながらニコルもついてきます。ソフィアはヲタ友あっちゃんの転生形態なのでカタリナと馬が合うのも当然!ということで二人で楽しく街を流します。そんな二人についていくニコルも味がありますね。ソフィアは自分の兄とカタリナをくっつけたいので、買い忘れがあるといって二人きりにしてくれるのです。ここでは買い物シーンで前にもこんなことあったねと前世の記憶の伏線を張っていくソフィアに注目です。漫画版ではトートツにソフィアがヲタ友あっちゃんだった!という展開になるので、どうしてあっちゃんが転生したのかとかは所与のものとして触れられないのですよね。まぁ物語の流れ的に詳述する必要は無いのかもしれませんが、ソフィア=あっちゃんは結構重要な要素であるのでアニメ版ではやって欲しいな。

 

f:id:r20115:20200510171426j:plainf:id:r20115:20200510171432j:plain

  • その5:アラン√からの生徒会長√分岐編
    • アランの演奏会に行くカタリナたち。初めて聞いた曲があることに気づいたカタリナが、それを指摘すると、アランから「愛しい君に捧ぐ」というタイトルだと知られます。周囲にとってはアランがカタリナのことを想って弾いたことはバレバレになのですが、アラン本人はカタリナへの恋心を自覚しておらず、別に好きではないとか何とか言ってゴニョゴニョするのでホッコリします。知らぬは当人たちばかり、ということで、カタリナはアランがメアリの事を想って弾いていたのなら良いな!としみじみするのでした。アランがカタリナへの好意を自覚しない理由として、百合フラグを狙うメアリがアランに恋心を気付かせぬよう巧みに誘導しようとしているシーンが印象深いですね。
    • このアランの演奏会には会長も訪れており、カタリナと接触を持ちます。カタリナが婚約の話を振ると、会話を途切れさせてしまう会長に注目です。実は会長も攻略対象の一員であり、全員攻略するとフラグ解放されるキャラだったのです。カタリナはハーレムを形成しており、条件に当てはまる!ということで、生徒会長√の幕開けが予感されています。

 

f:id:r20115:20200510171439j:plainf:id:r20115:20200510171444j:plain

  • その6:前世編ヲタ友あっちゃんの登場
    • 夏休み最終日に真っ白の宿題。徹夜で仕上げるのもお約束。寝落ちしてしまうのもお約束。そんなカタリナは夢の中で前世の記憶を思い出していきます。想起するのはヲタ友あっちゃんとの過去。全員攻略したあっちゃんはネタばれ全開!と言わんばかりにヲタ話を振ってくるのですが、その際に触れられる「すっごい大変なルート」こそが会長√なのだ!と伏線が張られていきます。アニメ版では何気にあっちゃんのヴィジュアルがきちんと出たの初めて!?楽しそうにネタバレをしようとするあっちゃんが腐女子っぽくてかわいい。自分の好きなことを熱心に語れるのって羨ましい!