雑録

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 2nd SEASON -覚醒前夜- 第5話「もう誰も許さない」の感想・レビュー

人造魔女を餌にして超巨大魔女を生成後、半径200kmの魔女を誘導し殲滅しようとする話。
結果としてまどマギのラスボス:ワルプルギスの夜が釣れマギウスの目論見は成功したとのこと。
まどマギではほむらループで因果収束して誰にも倒せなくなってましたがマギレコでは果たして?
首謀者である里見灯火は陰謀を極秘裏に進めてきたため内部から造反組が出るが、次々と処刑していく。
安易な予想だといろはが灯火にお姉ちゃんパンチを食らわして改心させる展開とか思い浮かべてしまう。
その他見どころとしては黒江がいろはとの友情に目覚め「ここは俺に任せて早く行け」展開をする場面。
マギレコ1期では使い捨てモブキャラかと思っていたのでこんなにもいろ黒するとは思いませんでした。

いろ黒友情回 ドライで自己の利益しか考えてなかった黒江が変る!

f:id:r20115:20210829072754j:plainf:id:r20115:20210829072758j:plainf:id:r20115:20210829072803j:plain

  • いろはのお姉ちゃんパワーは黒江をも感化する
    • 今回のお話ではマギウス(里見灯火)の狙いが魔女の誘導と殲滅にあることが明らかになりました。人間を拉致して感情エネルギーを収奪して育てた人造魔女を餌にして超巨大魔女を生成し、それを使って半径200キロ以内の魔女を呼び寄せるのだとか。しかしこの作戦は事前に知らされておらず、強引な作戦に反発する造反組が発生。里見灯火は従わない人々を処罰していきます。最終的にはまどマギのラスボスであるワルプルギスの夜まで釣れてしまう始末。ほむらループの周回が浅いため因果収束で強くなっていないことを祈るしかないか!?
    • それはそれとして、今回の見どころは何といってもいろ黒でしょう。マギレコ1期ではいろはと友情を育むことなく、自己の利益しか考えていないモブキャラのような感じでしたが2期では大活躍。1期がやちいろだとしたら2期はいろ黒。2期のいろははお姉ちゃんパワーを取り戻しており、妹含むホスピス3人組を救いたいという想いに満ち満ちており、それがいろはを強くしています。そんないろはの本質に触れた黒江が夢の中だったとしても友達になれて嬉しかったと述懐するシーンは最大のいろ黒ポイントと言えるでしょう。里見灯火を止めるといういろはの無謀とも思える行動に一緒について行くことを申し出る黒江。敵とのバトルではいろはを先に進め自分は囮となり「ここは俺に任せて早く行け」を行う黒江。この場面で黒江が決心を固める仕草は短いながらもグッとくる演出となっています。OPではやちいろ黒が3人でコネクトを発動させてますが、やちよと黒江の絡みとかもあるんですかね?

f:id:r20115:20210829072813j:plainf:id:r20115:20210829072808j:plain

感想まとめ