雑録

『アマツツミ』

アマツツミ 最終話「水無月ほたる-蛍-最後の1週間」の感想・レビュー

主人公くんが自らの命と引き換えにメインヒロインを救うはなしシリーズ。自己犠牲モノ。 ホスピスであるが故に世界を呪ったメインヒロインは、1週間で記憶リセットされるコピーを生み出す。 で、主人公くんはコピーの方に恋情を抱き、コピーを生かす為に自…

アマツツミ 第三話「恋塚愛 -雪- 冷たい夏」の感想・レビュー

テーマは自分の責任で第三者を殺してしまったという自罰に悩まされるシリーズ。 第三話の題材はセカイ系。あなたと私がいさえすればこの世界には何もいらないわ!という展開。 で、最近のセカイ系は二人の世界に閉じこもると社会と文化の否定に繋がると悟る…

アマツツミ 第二話「朝比奈響子 -声- 別世界の友人」の感想・レビュー

友人の命を代償に生き残ってしまった少女の罪の意識をめぐるはなし。 自分が死ねば良かった自罰的な少女が生んだ意識がイマジナリーフレンドを具現化する。 このシナリオで面白いところはあくまでも「死霊」ではなくヒロインが生み出した空想物であるところ…

アマツツミ(体験版第二弾)の感想・レビュー

疑似家族ルート。自分の命と引き換えに人生の生存意義を家族に見出すはなし。 記憶リセット・ホスピス・死生観・「自由の刑」など手垢に塗れた泣きゲ記号のオンパレード(個人的には結構好き)。 個別エンドは存在せず基本的には一本道で各キャラの諸問題を…

アマツツミ(体験版第1弾)の感想・レビュー

言霊遣いの神の系譜を継ぐ一族の少年が隠れ里から現代社会へ飛び出し外部とのコミュニケーションを求めるはなし。 分類としてはマレビト信仰モノで現代社会の常識から外れた設定にすることで既存の価値観を解体させる。 主人公くん自身が現代社会の価値基準を理解すること…