雑録

自罰意識

君と目覚める幾つかの方法「京橋みことシナリオ」の感想・レビュー

飄々とした年上お姉さん系ワケアリ元セフレを舫うはなし。 みっちゃんは主人公くんの童貞を奪った挙句に恋人関係を拒否したことを負い目に感じていた。 主人公くんが事故にあったのは、自分が拒絶したため注意力散漫になっていたからと思い込む。 そんな自罰…

しゅがてん!「聖代橋氷織シナリオ」の感想・レビュー

自罰少女救済シリーズ。その要因の題材としてフロイトの防衛機制「退行」が用いられている。 自分を可愛がってくれていた親戚のオバチャンが妊娠すると胎児ばかりかまうようになった。 それゆえ幼少期の氷織は、胎児の排除を願ってしまったのが、偶然にも流…

あきゆめくるる「伊橋歩シナリオ」の感想・レビュー

学園闘争でリーダーとなり多くの兵を死なせてしまった少女の悔恨を解き放つはなし。 歩は政府へ寝返っており、ほぼ不死の主人公くんに再蜂起させることで、力をつける前に早期に鎮圧されるよう仕向けていた。 (歩は、政府から命に背けば不特定の異能保持者…

よめがみ My Sweet Goddess!「1周目美命シナリオ」の感想・レビュー

過去を改変するために未来から時空転移してきたヒロインが自罰意識にとらわれ精神崩壊するはなし。 ざっくり分けると二部構成。現代パート編ではヤクザの娘が同級生に受け入れられる姿を描く。 後半からは神界SF展開となり物語の背景の伏線が回収されてい…

千の刃濤、桃花染の皇姫「花篝(稲生滸編)」の感想・レビュー

戊辰戦争の白虎隊よろしく少年武装集団を全滅させてしまった少女が罪の意識から解放されるはなし。 内部で敵対していたライバル集団のおっさんが実は良い人で婉曲的に少女を成長させようとしていたパターン。 口下手で漢気あふれるおっさんは刀剣バトルを通して…

アマツツミ 第三話「恋塚愛 -雪- 冷たい夏」の感想・レビュー

テーマは自分の責任で第三者を殺してしまったという自罰に悩まされるシリーズ。 第三話の題材はセカイ系。あなたと私がいさえすればこの世界には何もいらないわ!という展開。 で、最近のセカイ系は二人の世界に閉じこもると社会と文化の否定に繋がると悟る…

アマツツミ 第二話「朝比奈響子 -声- 別世界の友人」の感想・レビュー

友人の命を代償に生き残ってしまった少女の罪の意識をめぐるはなし。 自分が死ねば良かった自罰的な少女が生んだ意識がイマジナリーフレンドを具現化する。 このシナリオで面白いところはあくまでも「死霊」ではなくヒロインが生み出した空想物であるところ…

フローラル・フローラブ「柾鷹と過去からの解放編」の感想・レビュー

孤児院出身の主人公;柾鷹が「善意からの隠蔽」に苦しみながらも過去を清算し、自分を受け入れるはなし。 孤児院モノは読んでいて井上ひさしゲー(「握手」や「あくる朝の蝉」)を彷彿とさせますね。 幼少期に教育を受けなかったことから来る生活習慣の不得手…

見上げてごらん、夜空の星を FINE DAYS 消化試合(2)沙夜アフター雑感

内面的な少女の自罰問題パート2。今度はバレンタイントラウマ問題。 幼少期に親友を出し抜いてオトコと結ばれようとした沙夜に友情パワーが降りかかる。 自分は友情より恋愛を優先し親友を裏切ってしまったという自罰意識は沙夜を苛ませる。 カノジョからチ…

見上げてごらん、夜空の星を「天ノ川沙夜」シナリオの感想・レビュー

自罰的な少女が親友を蹴落として自分が結ばれたことに罪の意識を感じて思い詰めてしまうはなし。 頑な少女のココロを溶かすのは、主人公くんが自ら主体的に沙夜の存在を求めること! 中3で爺さんが死んだ時、一番辛い時に側にいてくれたのは沙夜なんだぜと承…

サクラノ詩「Olympia(御桜稟)」シナリオの感想・レビュー

火事のトラウマと主人公の右手の自由を奪った罪の意識から目を背けた少女が過去と向き合うはなし。副題のオランピアはホフマン物語出典→機械人形の意。火事で亡くした母親を人形に見出したことから。OPで稟と対照に提示される少女「吹」は稟の母親の死霊。千年桜の伝承…

フェアリーテイル・レクイエムの感想・レビュー

トラウマを抱えた少年少女を囲い込み性的欲求の捌け口とする施設から脱出するはなし。 施設の犠牲者となった思念体の少女に導かれて謎が解き明かされていく。 精神セカイ編は患者の思念を繋げたこれからあり得るであろう「可能性世界」が語られる。 精神世界…

夏の色のノスタルジア「真乗寺文音」シナリオの感想・レビュー

真乗寺文音シナリオは自罰的な少女の、罪の意識の贖い方についてのおはなし。 「死」そのものを悼まずに他者の死を借りて「自罰」を求める少女のココロを解放せよ! 孤独を感じて家族を欲しがる文音さんの支えとなってあげましょう。 死生観と家族を描くナカ…

ココロ@ファンクション 蓮ヶ瀬水菜シナリオの感想・レビュー

蓮ヶ瀬水菜シナリオは、自罰的な嘘つき少女のトラウマ解放物語。 周囲に勝手に期待されて、うまくいかないと勝手に裏切られる。 そのことからココロを閉ざし、表面的なコミュニケーションしかしなくなった少女。 そんな少女の本心を受け入れてあげましょう。…

カルマルカサークル「ニコル・ルル・アードレー√」の感想・レビュー

カルマルカサークルのニコルシナリオは「打算のない人間関係」について。 ありがちな「貴種流離説話」に「発展途上国における資源紛争」で味付け。 シナリオも短めで、資源紛争に関して掘り下げもなく、薄っぺらなかんじは否めませんが・・・。 テーマは紛争…

大図書館の羊飼い 白崎つぐみシナリオの感想・レビュー

『大図書館の羊飼い』のつぐみルートは「人と人とのつながり」(社会的連帯)。 引っ込み思案でオドオドしている少女の支えとなって成長させていく。 主人公の筧さんが理詰めで白崎さんをサポートしていく姿が、このシナリオのウリ。 「自己の罪悪感」を引き…

『いろとりどりのヒカリ』〜セカイ再構築編の感想・レビュー〜

『いろとりどりのヒカリ』はセカイの観測者としての使命を放棄したことにより自責の念にかられるおはなし。 前作『いろとりどりのセカイ』の攻略ヒロインたちは全て正ヒロインを救済するための捨て駒でした。 その捨て駒を踏み台にし正ヒロインと穏やかな生…

アンバークォーツ 時國弥夜子シナリオの感想・レビュー

時國弥夜子シナリオは、弟の死を乗り越えようと足掻くお姉ちゃんのおはなし。 昴の妹の擬態:コトが生み出される原因と深く関わってくる。 昴に対して罪の意識を持つミコ姉の贖罪とは一体何か!? 時國弥夜子、通称ミコ姉は、みんなをまとめる一個上のお姉さ…