雑録

リトルバスターズ 来ヶ谷シナリオ メモ

来ヶ谷さんは上履き画鋲などの嫌がらせを受けていた。
だが効果はなく被害はリトバスのメンバー、理樹に白羽の矢が。

来ヶ谷さん、イジメ集団を殲滅

  • 前にも言ったが、私にとってはこんな晴れたいい日に、コンクリートの箱の中で数式を解き続けるほうが余程犯罪的なのだよ。私はそれを無駄と呼ぶ。…同じ無駄なら自己の意思を貫き通すほうが余程健全だ。
  • 三角関数は基礎が出来ていないと後で苦労するからな。解らなければなんでも訊くといい。
  • 理樹君は女教師プレイがお好み、と
  • …私のとうさつりょくが理樹君に対し、何か違和感を訴えているのだよ。
  • このクズがあああああああああああああ!!!!

作戦名は…オペレーション・リトルラブラブハンターズ

  • 恭介「たまには野郎だけでもいいだろ。よしよしお利口だな、理樹は。ほらほらほらー」
  • 来ヶ谷「きさまらのはらわたを くらいつくしてくれるわ」
  • 恭介「作戦名は…オペレーション・リトルラブラブハンターズ」
  • 真人「んなもんビシッと亭主関白っぽく『明日からオレに手作り弁当持って来い!!』とでも言えばいいんじゃんねえか?」
  • 真人VS西園⇒小毬:おれに弁当を;ベルギーワッフルげっと
  • 謙吾(ロマンティック大統領)VS小毬:愛について語り合おう
  • 恭介VSクド⇒小毬:自爆

なんかさぁ、いじめ殲滅戦の仕返しが来るんじゃね?

  • 理樹君は別に無理して男の子らしく、などと気にせずともいい
  • こういう状況で、いわゆる一般的な年頃の女子というのは、どういうことを思うのだろうか。
  • 来ヶ谷さん、普通コンプレックス。
  • 理樹「別にさ、来ヶ谷さんがが変とかじゃないと思うよ。だってどんな人でも考えてることとか、感じることは少しずつ違うものでしょ。誰かひとりが特別なんてことはないと思う。それを言ったら誰だって特別ってことになるしさ。
  • あえて突っ込むのが楽しいのだよ?
  • いや、まったくオギオギだ。
  • 来ヶ谷「離乳食のようだな。よし、『はーい』とか『ちゃーん』とか『ばぶー』と言いながら食うが良い」
  • 来ヶ谷「…キミは、大丈夫だからな」
  • 鈴、理樹の恋心を見て嫉妬
  • 恭介:ロリ。真人;メイド。謙吾:巫女
  • 真人「このままじゃ21歳になって『真人(21)』って書くとき、『真人ロリ』になっちまう」

◆プレゼント作戦

  • 恭介「まさかこいつ…本当にこんなものを買ってくるとは…!と歯がゆさを覚えるぐらいがいい」

  • 恭介のアドバイス:(ハワイの空気)⇒来ヶ谷さんから20分かけてプレゼント指南を受ける。
  • 恭介「もういいからロリでも真性でも好きなように呼びやがれ!!俺一人でロリロリハンターズを旗あげして見せるぜ!!」⇒鈴に白い目

つうか、来ヶ谷さんシナリオは野郎4人組がアタフタする話で終わりそうだわ。

◆花火大会大作戦
理樹が来ヶ谷をデートに誘い、俺達はこの花火で演出する、ってことだ。

  • 理樹君は良い友達を持ったな。こんな最高に馬鹿な真似を出来る人間はそうはいない。キミのおかげだな。キミと馬鹿連中のおかげでようやく形ばかりの“楽”にきづけたと思う。それは誰かと分かち合うものなんだな。…自分ひとりでは、自分すら見えない。

◆理樹告白大会

  • 来ヶ谷さん、ただ動いて喋るものコンプレックス。

「花を摘んだことがあるんだ。道端の小さな、綺麗な花だ。私はそれを持ち帰った。…けれど、それは直ぐに枯れてボロボロになってしまって」

  • 恭介の親切と理樹の独り立ちについての

無限ループ編

  • ようは来ヶ谷さんルートのコンセプトは完璧超人が自分の感情に気付き、人を好きになれることの大切さに気付くってとこかね。
  • と、思いきや、来ヶ谷さんは雨が嫌いな御様子。もう一波乱あるか?
  • 誰も聞いていないお昼の放送の謎
  • 感情の動きがなかった来ヶ谷さん
  • 恭介は理樹と来ヶ谷さんの仲を認めたくない?
  • 「理樹君は可愛いなぁ」「いや、来ヶ谷さんの方が可愛いと思うよ?」
  • 私をゆいこさんと呼んでいいのは未来の旦那様だけだ。
  • 来ヶ谷さん雨女説
  • もう6月20日なんだ。
  • はいはい、SFでお約束のループがきましたよ。
  • お前さ、夢でも見てたんじゃないか?
  • この世界はどこか変なんだ。
  • 来ヶ谷さんルートで世界観の説明がやっとなされる
    • 理樹たちの世界は願いを叶えられる場所。
  • 中二展開:傷付くんなら感情なんて知らなければよかった
  • ホント『何処へ行くの、あの日』に似てるな。
  • 物事を選択したときに生れるもう一つの、あってはならない未来。その未来は選ばれた選択肢のうちの世界に適った方が生き残る。ではもう一つの選択肢の世界はどうなる。その世界は消されなくてはならない。