雑録

風林火山 第45回「謀略!桶狭間」の感想

今回は「実は勘助ちんが桶狭間の戦いの謀略に一枚噛んでいましたよ」という大河ドラマ的なお話。

寅王丸が今川家の指図で動いたことを知った勘助ちんは、一計を案じることにする。ちょうど今川家では尾張攻めを計画、織田家は奇襲でしか勝利するできないと踏んだ勘助は、如何にして今川家が奇襲をくらう状況に陥れるかの策を巡らせる。ポイントになるのは桶狭間という地点。そこに今川勢を誘いだせば、織田家の余裕の勝利です。


勘助は寅王丸のゴタゴタの侘びという目的で今川家へ。勘助が策を進言すれば、勘助を毛嫌いする今川義元は敢えて反発するだろうと見抜く。そこで、ささっと清洲城を落とせと述べ、わざと今川勢が清洲へ向かわないように仕向けるのであった。その策は見事に成功し、桶狭間で休息を取っているところへ奇襲イベントが発生。哀れ義元が首は討ち取られるのであった。


義元ママン:寿桂尼は途中で勘助の策を見抜くも後の祭り。勘助が進言しただけでは織田家との連動ができるはずも無い。確たる証拠もなく糾弾できない寿桂尼に対して浮かべる勘助のとぼけっぷりの表情はすさまじい。この勘助のやりすぎであるような演技をしてくれた俳優さんに敬礼だ。え、中の人なんていないって・・・?

※重鎮「好き好き大好きっ」では庵原元政扮する瀬川 亮の演技「武者震いがするのお」が特集されています。