雑録

HHG 女神の終焉 「キサラギ学園√」の感想・レビュー

キサラギ学園√のテーマは「因果律の変歪」。
前作の聖女たちの個別√が統合され、世界を解き明かす力となる。
「並行世界の統合」という展開は王道のお決まりパターン。
無数の因果律を経験することで、グランドエンドを導き出せ!!

キサラギ学園√概要


  • 因果歪曲
    • キサラギ学園の天才魔法使いサリーちゃんは、世界の在り方に疑念を抱いていました。そんなサリーと世界破壊を目論む主人公くんによって世界の構造が解き明かされていきます。撫子シナリオで明らかにされた「世界箱庭説」、フィアナシナリオで解明された「世界の観測者」が復習として触れられた上で、サリー√のテーマである「因果律の変歪」が提示されます。主人公くんの特殊スキルの覚醒形態は「並列思考により数多の選択肢の可能性を探ることで全ての事象を知る得ること」です。その覚醒形態にサリーが加わることで、過去の因果に遡り世界を変歪することが出来るというのです。世界を修正しようとする主人公くんでしたが、正しい世界とは「主人公くん自身が存在しない世界」だったのです。それでも主人公くんはサリーを救うため、真実の世界を知るために、自身が存在しない世界線を構築するのでした。


  • 並行世界からの救援
    • 主人公くんとサリーちゃんが徒党を組んで中ボスバトルを繰り広げるのですが、主人公くんが前作で攻略したヒロインたちの能力を並行世界と接続してサリーちゃんに憑依させて戦う演出は割といいなぁと感じました。

善も悪も、全てが人の手によって管理された”完璧な”世界
高潔な理想が故に革命に明け暮れ正義が凌辱された世界
実力主義の果てに起きた大戦争により破滅に向かった世界
………
聖女の記憶、世界の記憶
それは俺が忘れてしまった全ての聖女たちの想いの魂
俺は何も覚えていないのに、お前たちは俺を覚えていて助けてくれたんだろう?