『12の月のイヴ』(体験版)の感想・レビュー

『12の月のイヴ』の体験版は幼馴染姉妹における三角関係の痴情のもつれとヒロイン殺し。
冒頭で出てくる家族崩壊少女はおそらく主人公の娘で過去改変に挑むという展開になるのでしょうか?
死んでしまったメインヒロインを引き摺ったまま別の女と子どもを作った男の悔恨という感じ。
事故でピンピンしているわけがないし、記憶喪失だったら『きみのぞ』、死んだら『はるとま2』だな。
「はじまりは、ここにする。」とのことなので、メインヒロイン死亡後の因果律変革を狙うのかな。

体験版概要


  • 推測01…家族崩壊少女が時間跳躍して因果律の変革を狙う話かもしれない
    • 物語を始めると冒頭で家族関係がうまくいっていない少女が描写されます。母親はおらず、父親と二人暮らし。父親は娘との距離感が分からず仕事から帰ると部屋に閉じこもり会話をしようとすらしません。少女はそれでも父親との関係をなんとかしようとあがき続けます。そんな崩壊した家族像がプレイヤーに提示されるのです。そして視点チェンジで主人公くんサイドへ。このとき、少女から「…また、未来で」という伏線が張られることから、少女が時間跳躍をして主人公の過去改変をしにきているのではないかと推測させられます。「世界のすべては運命によって決められていて、人間の意思では変えられない」という描写から、周回プレイでループさせ全サブヒロイン攻略後、因果律の変革が可能になりヒロイン復活ー!とかいう流れになると考えるのは少し安易すぎでしょうかね。


  • 推測02…幼馴染み(姉)の階段転落事件から選択肢分岐並行世界が始まる?
    • 主人公くん視点のプロローグでは、オープニングまで少し眠くなるような幼馴染み姉妹との三角関係という語り尽くされたテキストが続きます。幼馴染(妹)は主人公くんに好意を抱くようになり関係性変化を望んでいること。幼馴染(姉)は関係性変化が訪れるのが嫌で主人公くんに肉体的接触を重ねて現状維持を図ろうとしていること。主人公くんが苦悩の末に、姉を選ぶこと。・・・良かったところを挙げるなら、幼馴染み(姉)が好意により肉体的接触をしたのではなく、三人の関係性が変わることが怖くて主人公くんが離れていかないようにアプローチをしてきたと告げて、主人公くんが精神的ショックを受けるところでしょうかね。
    • 普通だったらここで姉か妹かの選択肢がでるのでしょうが、未来少女が幼馴染み(姉)と主人公くんがくっつくように因果律を弄っているので選択肢が出ないという解釈は深読みしすぎのような気もします。そんな分けで主人公くんと幼馴染み(姉)は結ばれるのですが、それを幼馴染み(妹)に告げるときに事故は起こります。感情を爆発させて逃げ出す妹を追いかけようと、姉は走り出すのですが、階段から転落→グシャッ・・・という引きでオープニング、体験版終了です。「はじまりは、ここにする。」というキャッチコピーを投げかけられます。


  • 推測03…単発疑問まとめ
    • 冒頭の少女は主人公くんの娘だと思われる?
      • 主人公くんはメインヒロインの死により精神的打撃を受け抜け出せずに、娘とディスコミュニケーション
      • 体験版視点での娘は、主人公くんが他のヒロインとの並行世界で孕ませた子どもの統合思念体?
    • 娘は過去改変をしようとしている?or過去改変を望まない?
      • 幼馴染み(妹)が主人公くんに告白しようとした場面を邪魔して潰す
      • 三角関係で思い悩む主人公くんに決断を迫るようにアドバイス
      • 幼馴染み(姉)の事故直後から開始して主人公くんが事故に囚われない世界の構築を目指す?
    • 物語にたびたび出てくる炉利女医は世界の観測者?
      • 炉利女医の台詞だと主人公くんは医者になるとのこと。