雑録

ハルキス「白石葵シナリオ」の感想・レビュー

白石葵シナリオは問題を抱え込んで壊れかけている主人公くんを救済しようとするはなし。
主人公くんの問題は父の死・継母との不和・道場破門・モトカノに怪我をさせたの4点。
しかし主人公くんも白石葵も能動的には何も解決できず、ただただ流されるのみの消化試合。
なし崩し的に問題が解決していくシナリオといったら、もうご都合主義感満載。
そして最後は八住さん(メインヒロイン)が全てをかっ攫っていくのであった。マジ男前!
攻略順を間違えたか・・・。もう少し主人公くんの見せ場を具体的に書いてくれても・・・。

白石葵シナリオの概要


  • 不器用な主人公くんを支えたいと思う従妹の心
    • 主人公くんは不器用で様々な問題を抱え込みがちな人間です。継母との関係が上手くいかず、道場の跡継ぎヒロインに怪我を負わせたことに苦悩していました。そんな折り怪我をした道場ヒロインが不良に絡まれてしまう事件が発生。駆けつけた主人公くんは思わず肉体言語で相手を血祭りに上げてしまいます。当然警察沙汰になり、正当防衛が認められたものの社会的にも迷惑を掛けたため、父親から詰問されることにに。当時、継母と不和により父親との関係も微妙になっていた主人公くんは、道場ヒロインとの関係にまでケチをつけられたように感じ、啖呵を切って家から飛び出たのでした。道場からは破門という結果となったので、これまで打ち込んできた柔道がなくなりすっかり腑抜け状態に陥ります。また道場ヒロインとの関係も有耶無耶となってしまったのでした。一人暮らしを始めた主人公くんは規律もなくなり学校生活もすっかり退廃的になっていたのですが、そこへ父親の死のお知らせ。ケンカしてそのまま死に別れた事実は主人公くんに衝撃を与え、精神崩壊寸前にまで追いやったのです。この事態を見て危機感を抱いたのが、従妹の白石葵さんであり、主人公くんは白石家に引き取られ、更正することになったのでした。



  • 酒に酔っぱらって勢いでセクロスとかどうよ?
    • 白石家で主人公くん更正物語が始まったのですが、白石葵の懸念は主人公くんの在り方について。様々な問題を抱えたままではいつかきっと破裂してしまうと危惧しています。そんな主人公くんを救いたいと白石葵は思うのですが、具体的な問題解決方法は見つからず、ヤケ酒煽って自棄になるのでした。酔っぱらって帰宅した白石葵は主人公くんにくだを巻き始め、それは次第にエスカレートし、肉体関係を持つに至るのです。まぁ主人公くんを家に引き取った時点で好感度はマックス状態だったので、既成事実が現実を規定することもあるよね☆という展開です。
    • ちなみに白石葵さんが主人公くんに惚れたのは、主人公くんは白石葵の人格を尊重してくれたこと。白石葵は第二次性徴を迎えるまでデブだったのですが、成長期に入ると体重はそのままで身長が伸びたので、デブからグラマラスへと進化します。そうすると男子からは性的に見られ女子からはやっかまれ精神的に参ってしまっていたのです。そんな中、主人公くんは普段と変わらず接してくれたのできゅんきゅんきてしまい好意を抱くようになったのでした。



  • デートしてたら地方紙に写真載せられちゃって
    • 白石葵√では主人公くんが抱えている問題がなし崩し的な解決を迎えます。きっかけは「主人公くんと白石葵がデートをしていたら地方紙の取材を受けて写真を掲載されちゃったよ」事件。この事件が全ての問題を結局は良い方向へと事態を好転させるのです。人はそれをご都合主義と呼ぶでしょう・・・。まず主人公くんの素行が問題で継母が呼び出されたのですが、学校側の生徒指導の落ち度を指摘しドライに対応。これが結果的に主人公くんと継母との関係を回復させます。そしてメインヒロインとの偽装恋人関係については主人公くんが行動を起こす前に、全てをメインヒロイン自身が解決する男前っぷりを発揮。メインヒロインの八住さんは放送室を占拠、さらに独占放送を行い、自分が攻略対象の賭けとして扱われていたことや、校内に噂を流し主人公くんを貶めようとしている存在がいることを全校生徒や教師陣に公にして力技で問題解決。職員室に連行される際、堂々と去っていく八住さんの活躍をご堪能ください。そしてここでエンディングに突入!えー主人公くんナニモシテイナイ!!一応エピローグで不良達をしばいていたことが数行で述べられたりしていますが。そして「ついで」感満載で、道場にも顔を出し、破門問題も解決したことが記述されていきます・・・。こうしてハッピーエンドを迎えたのですが、消化不良感が半端ないです。