よめがみ My Sweet Goddess!体験版の感想・レビュー

前世で罪を犯したアンゴルモアが再生の女神アイリスによって転生し現世で善行を積むはなし。
思った以上に神話パートの背景がしっかりしており、ただのドタバタ劇ではなく比較的読める内容でわりと面白く感じた(個人的には)。
ギャグゲーのテキストながら攻略ヒロインたちも要所要所で鬱屈要素を抱えており、そこが見せ場だと思います。
体験版では前世で主人公くんに母親を精神疾患させられた月の女神の娘リコリスとの戦いとなる。
ここではアイリス一強であり愛の形は変われども一連托生っぷりを見せつけられる恋愛親愛母性愛。

雑感


  • 結構真面目に神話パートやってます
    • 主人公くんの前世は魔人アンゴルモア。神界で暴れるも、主人公くんの本性を信じるアイリスによって浄化され、息子として転生します。主人公くんは前世の記憶を失っているのですが、アイリスの望みもあり人間界で善行を積み、神界に戻ることを当面の目標としているのです。しかし主人公くんは魔力の制御が未だ完全ではなく、問題を起こしがちであるため、定住できず各地を流浪する根無し草的な生活を送ってきました。母一人子一人助け合いながら生きてきたのです。そんな主人公くんが漂泊の末、辿り着いたのが本作の舞台。メインヒロイン(ピンク)の家が元締めとなっているヤ○ザの縄張り。ピンクはヤクザの娘であるため、これまで友達ができず寂しい生活を過ごしてきたエピソードが紹介されています。また、神々の異能を認識できるため、前世に於いて主人公くんと何らかの関係があった神の関係者である伏線が張られています。
    • 体験版では、月の女神リコリスとのバトルがメインとなります。リコリスは母親をアンゴルモアに精神崩壊させられていました。漫画版風の谷のナウシカクシャナのママン状態。つまりはリコリスを乳飲み子のように扱うというのです。母親を回復させるには主人公くんの魔力を吸収しなければならないとして襲い掛かってくるのですが・・・主人公くんの魔力は暴走してしまい絶対絶命の大ピンチに陥ります。そこを救うのが主人公くんのママンこと、再生の女神アイリスであり、最後の場面は結構グッとくる演出となっています。愛の形は異なれど愛は愛でありその本質は変わらないといわんばかりに、主人公くんを自分の息子として転生させたアイリスの偉大なる愛情を伺わせる場面となっています。ママン一強やんけ!!堕ちるところまで堕ちようぞにはやられた。



  • アルミホイル系委員長
    • 本作品でいい味を出しているのがアルミホイル系委員長。「ぽんこつ」の亜種?であり真面目で努力をして毅然としているにも関わらず、わりとどうでもいいところでボロを出してしまう憎めない系の委員長像となっています。主人公くんが善幸のため偽善を行うという苦悩を表象させる役割を持っています。委員長が委員長という役割に縛られ崇高的たらんと人の役に立とうとしている姿を見て、主人公くんがその犬がしっぽを振るかのような姿は自分のようだと述懐するところは一読の価値があるかと思います(個人的な所感)。また委員長が主人公くんと自分を対比させ、主人公くんが自然と善意を示す姿を見て、自分をみじめに感じる描写にはハラショーです。私は鬱屈したヒロイン像が好きなので、是非アルミホイル系委員長には頑張ってほしいところです。