雑録

運命予報をお知らせします「サブヒロインたち各個別√」の感想・レビュー

本作の物語の主題は主人公くんが過去に振られた先輩と関係性を再構築することが目的となっています。
そのためサブヒロインたちとのフラグを片っ端からクラッシュしていくのが見どころなのですが…
一応各ヒロインたちにも個別√が用意されています。短いけれども。
橋姫さんはメインヒロインを攻略するために踏み台にされた過去が扱われます。
梅枝さんは俗物的な大衆の関係性とスポ根が題材です。
実妹は近親相姦の家族承認がテーマです。

橋姫観月√


  • 踏み台にされたぼっち系少女のはなし
    • 幼少期、主人公くんには憧れの女性の先輩がいました。しかしここで恋する主人公くんに様々なことを吹き込む年長者がアドバイスのふりをして邪魔をします。彼が主人公くんに吹き込んだのが「将を射んと欲すればまず馬を射よ」作戦。すなわち、先輩の親友ではあるがぼっち傾向のある少女と友達になってあげることで、先輩の好感度アップを狙ったのです。そのぼっち系少女が観月であり、寂しい少女の心の隙間に入り込めばフラグは成立さ。なんと主人公くんは先輩の好感度とともに観月の好感度も上げまくってしまったのです。こうした結果、あくまでも踏み台に過ぎなかった観月に純粋な好意を向けられて主人公くんはビビります。結局、先輩と破局したこともあり、主人公くんは二度と観月に会いに行くことはなくなりました。
    • 時は流れ、自分の失恋で手一杯だった主人公くんはぼっち系少女のことなど忘れ去ってしまいます。しかしぼっち系少女は主人公くんのことを思い続けていたのです。世の中を斜めに見ていた主人公くんは世界と関わる努力を始めるのですが、困難のたびに観月が主人公くんを助けてくれたのは、この過去のぼっち系少女こそが観月だったからなのですね。観月は主人公くんに踏み台にされていたことなどつゆ知らず。故にネタ晴らしをされた時には愕然とするのでした。観月√ではこの状況から主人公くんが男を見せ関係性を修復します。そしてフラグ成立後も精神が不安定な観月が確固たる運命を望むと、主人公くんはそんなものなくても不安になったらいつでもそばに行って安心させてあげるとハッピーエンドを迎えるのでした。

梅枝夕紀√


  • 大衆に過ぎないと思っていた少女が実はスポ根で、熱い情熱を滾らせるはなし
    • 梅枝さんはクラス内部のスクールカースト上位者。主人公くんはそんな梅枝さんが自分に構うのはおかしいと疑念を感じます。主人公くんは以下のように思うのです。梅枝さんが、日陰者である自分に声をかけるのは、クラス内におけるイメージ作りのためであると。「クラス内弱者にも声をかけてあげるなんて、私ったらなんて優しいんでしょう!」的なイメージ。しかし、そんな疑念を払拭させるイベントが発生します。それは梅枝さんが実は熱血スポ根娘であったことでした。主人公くんは梅枝さんをクラスの世論に左右される俗物的な大衆と見なしていたわけですが、しっかりとした芯が通った人物であると確信するのです。こうして主人公くんは梅枝さんに対する偏見を消し去り、その好意を受け入れるのでした。
    • 梅枝さんの個別でテーマとなるのがフラグ成立後の関係性。フラグを構築するだけで付き合うことになって満足してそれで終わりというカップルの例になりかけます。主人公くんは相手を大切にしたいという思いから肉体関係を結ぶことを拒否していたのですが、これが問題となるのですね。梅枝さんと付き合うことになっても女友達の友好関係も大切にしていたら破局の危機へ。フラグが成立したからこそより深い結合を求めるのだと説教されます。付き合うことになったら関係性に優先順位をつけなさいということで、主人公くんは改めて梅枝さんと関係性を結び直すのでした。

御法光√


  • 両親に近親相姦を認めてもらうはなし
    • 近親相姦は社会的に死にます。受け入れてもらえることなどできないでしょう。だからこそ、そこに葛藤が生まれ悲劇として古来より物語のテーマとなってきたわけですね。それはもう『古事記』における木梨軽皇子(允恭天皇の皇太子)の頃から扱われている普遍的なテーマなわけです。個人的にはイモウト物では『さくらむすび』のビターエンドが印象深いものとして記憶に残っています。昨今はイモウトモノでも近親相姦が全く気にされず周囲から祝福される事例も多々ありますが・・・。
    • そんなわけで当初主人公くんはイモウトとの近親相姦を隠そうとします。経済的に親から自立した後、内縁の妻として迎えればいいのですよ。しかしここでもう一つのテーマとなっているのが両親との関係であり、主人公くんは両親にだけは認めてもらいと願うのです→→承諾を得ようと直談判タイム。しかし認められることなどなく鉄拳制裁をくらい家庭内暴力へと発展し、主人公くんはボコボコにされます。そんな姿を見てイモウトは逃散・駆け落ちを提案するのですが、ここで主人公くんは開き直って食い下がり、あくまでも関係性を認めてもらえるように意志を貫き通します。最終的には父親が折れ、卒業までは過度の接触を避けること、世間にばれないようにすることを条件に認めてもらえるのでした。主人公くんはイモウトを養うことができるように勉学に励み、会長に立候補して内申点を稼ぎと奮闘していきハッピーエンド、というそんなおはなし。