雑録

まったりランス10プレイ記録 2周目「JAPANに落ち延びるがジリ貧√」

  • 2周目では以下の3つのクリアを回収し、1つのクエストで詰みました。
    • クリアB「異界の魔王」
      • TURN5で発生。来水美樹現代日本に帰還させるとそこで魔王に覚醒し現代兵器を引き連れて魔軍を無双する。
    • クリアB「タイムカプセル」
      • TUTN11で発生。来水美樹の魔王化を防ぐためにコールドスリープさせようとする。JAPANは魔軍に落ちるが、ランスはシィルさえいればそれで良いエンド。
    • クリアC「勇者の成就」
      • TURN11で発生。ジリ貧となったJAPANで何もしないでいるとエスクードソードが解放されて勇者によりランスたちが討伐される。
    • 詰みクエスト「九州の魔軍を撃退する」
      • TURN11で西日本を魔軍に占領された日本を救うために出撃するがピサロ倒せなくて断念。
  • 2周目の反省と3周目の対策
    • TURN8の時系列イベントでランス城が陥落しJAPANに落ち延びるとともう逆転できずバッドまっしぐらになる?パットン達が何かを探しているような描写があったので、ヘルマンを陥落させてはいけない?
    • カミーラと来水美樹を手中にいれておかないと「魔王ケイブリス」エンドになるのでゼス解放と魔王イベントは欠かせない。クルックー護衛とスチールホラーを選ばずに諸国の解放を優先してみる?

2周目-TURN2 LP7年10月後半

f:id:mmm000mmm:20180226222542j:image:w400 

  • ゼスを選択。グルメ魔人と対決
    • 1周目ではリーザス解放、自由都市解放、ヘルマンの魔人1体撃破で終わってしまったので、2周目はまずゼスを選択。ゼスは人体損傷プレイ魔人とグルメ魔人が侵攻してきていました。何かグルメ魔人の選択肢しか出なかったので、グルメ魔人をまず倒すことに。まず2周目で辛いのは、1周目の最後の方ではもうバトルの勝ちパターンができておりサクサク進められたのに対して、育ててきたキャラたちがいなくなっていること。雑魚たちにすら苦しめられますし、属性や補助技を駆使しないと勝てません。何気に暴走したゼスのへっぽこ強力魔術師アニエス防御バトルが苦しいのなんの。
    • ひいひい言いながら進めていくのですが、グルメ魔人編は結構なギャグ回となっています。グルメ魔人は大量に食糧を摂取するため食糧を挑発しゼスを飢餓攻めしているのですが、無理な殺生はしません。料理人たちを尊敬し、グルメな料理を作らせ続けます。ランス達にも最初は大食い勝負を仕掛けてきます。はい負けバトルでした。ランスは切れてテーブルを荒らしたためグルメ魔人の不興を買い、異次元胃袋に吸い込まれてしまいます。ここで活躍するのがミラクル・トーであり、祖母まで出てきて異次元胃袋から脱出。
    • どうやっても勝てない状況の中で、料理に毒をいれて毒殺する方向に決まります。色々苦労して毒を調達するクエストをこなしますが、結局、毒は効きません。じゃあ、どうやって倒すの?ここで香姫の激マズ団子が効果を発揮するのです。なんとグルメ魔人は香姫の団子をいたく気に入り、自分の料理人としてスカウトしてきます。人類を滅ぼす協力をやめてもいいとまで言い出すのです。しかしランスが許すはずもなく、ようやく普通のバトルへともつれ込みます。ここでもまたグルメ魔人を正攻法で倒すのは難儀します。勝てぬと思っていたら、バトルの最中に攻略のヒントをわざわざ喋ってくれて、香姫を戦闘メンバーにいれて団子攻撃をすると相手を混乱させ、動きを止めることができます。こうして何とかグルメ魔人を撃破。グルメ魔人は死ぬ前に香姫の団子が食べたいと言い、食べたらおとなしく成敗されたのでした。

2周目-TURN3 LP7年11月前半

  • ゼスを選択。スナッフムービー魔人メディウサと対決
    • ガンジー王の死とマジックの暴走
      • ゼス1回目のグルメ魔人ガルディアがギャグ回だったのに対し、2回目のメディウサは割とシリアスです。まず早々にガンジーが殺害されてしまいます。これによりマジックは愛する人が死ぬことに恐怖を覚えてしまい、自らが犠牲になることでメディウサを葬ろうとするのです。マジックは悪魔ザカリテに己の命を差し出すことでメディウサを倒してもらおうとします。しかしザカリテは契約詐欺するマンマンであり、これまでの代々のゼス王も騙して契約不履行にしてきたのです。悪魔契約を結んでしまったマジックですが、ランスたちはザカリテに契約を破棄させるために、契約内容を論理的に問い詰めていき、追い込んでいきます。すると勝手にブチ切れるザカリテ。これを倒せばマジックは解放さ。初代ゼス王パセリやゼス付きの使徒ルーシーの助力もあり、マジックを救出するのでした。
    • リズナ強姦とランス石化
      • さていよいよメディウサとの戦い。メディウサは女士官を攫っては徐々に傷つけ殺していく様子を映像にするスナッフムービーを垂れ流していました。このターゲットとしてリズナが選ばれてしまい、残虐な仕打ちをうけるのです。ランスシリーズを通してリズナは結構不憫。ランスはリズナを救出するために敵陣に突っ込み正面突撃をかましていきます。しかしランスはメディウサにより石化されてしまうのです。ここからランス抜きでシナリオを進めていくことになります。メディウサの狙いはランスの女たちであり、ランスを餌におびき寄せようとしていました。若干躊躇するメンバーたちでしたが、ランスに一途なシィルが立ち上がり、パーティーの先頭に立っていきます。ランス抜きのバトルを何とか勝ち抜きメディウサのもとに辿り着いてもランスいなけりゃ無敵結界破壊できないからダメージ通らないじゃん!!と絶望的になりますね。まぁ、数ターン耐えていると、シィルが隙を見てランスの石化を解いてくれるのですが。数体ある似たような石像の中からシィルが1発でランスを見つける場面が見所です。ランスはシィルがひどい傷を負いながらも自分を助けてくれたことに気づき、マジモードとなります。攻撃支援としてランスが加入し、バトルメンバーは何もしなくても耐えてるだけで勝手に倒してくれます。もう二度と自立した生活を送れないリズナやダメージを負ったシィルを見たランスはそのまま躊躇なくメディウサをぶっ殺すのでした。

2周目-TURN4 LP7年11月後半

  • 永久牢のカミーラを仲間に
    • 1周目ではケイブリスにカミーラを奪われてしまったのでBADエンドを迎えたため、早々にカミーラを回収しておきましょう。2周目でゼスを最初に魔人撃退したのはカミーラを手に入れるためだったわけさ。カミーラはとてもプレイ時間が長いことで有名なランス6のボス。私はレベリング大好き人間なのでランス6はシィルが強くなりすぎてしまい開幕氷雪吹雪で瞬殺ゲーになっていました。ランス10でのカミーラはすっかりと毒気を抜かれてしまっており意気消沈しています。何をすることもできずその気概もなく無力感にとらわれるカミーラ。このまま過ごすのも飽いたということで仲間に引き入れることに成功します。ちなみにカミーラはランスの娘:リセットに懐かれることになります。

  • 魔王探索で来水美樹を仲間に
    • 1周目では来水美樹ケイブリスに殺害されてしまったことがバッドエンドのフラグとなったと思います。そのため魔王探索を行い来水美樹を仲間にすることを目指します。立ちはだかるのは魔王来水美樹の魔人健太郎です。『リトルプリンセス』でそのエピソードが扱われているそうな。来水美樹健太郎は並行世界の現代日本(ランス達の呼称ではスチールホラーと称される世界)から来たという設定で、魔王ガイを討伐しているとのこと。
    • 来水美樹が魔王の後継者なのですが、二人で日本に帰るために、魔王の覚醒を抑えているのだとか。戦国ランス健太郎が死にかけたところを来水美樹が魔人化させることで一命をとりとめさせています。
    • ランス10では健太郎とのバトルになりますが、バトルは結構ギャグ路線。来水美樹に応援されてやる気になったり、ランスたちが支援ウゼェーと来水美樹を排除するとブチ切れちゃったりとかコミカルに進行していきます。性格がシリアス気味になっていた来水美樹健太郎でしたが、お腹が減っていただけであり、ランス城に迎えて食事を与えると能天気に戻ります。これで1周目と違ってバッドエンド回避できたかなー?どうなることやら。

2周目-TURN5 LP7年12月前半

  • クルックー護衛
    • クルックー護衛を選ぶと世界設定考察モノなノリになります。ランス達の世界は神の余興に過ぎないというわけです。法王であるクルックーは世界秩序の維持に利用されており、魔物がはびこる剣と魔法のファンタジー世界を保つため、中世封建的社会の文明レベルがそれ以上発展しないようにしているのでした。そのため、文明のバランスを壊す発明や人物などの回収を命じられており、しかも定期的に身体的な罰を受けるのです。今度もまたクルックーは魔物たちに輪姦されてしまいます。そんなクルックーを優しく抱いてやり癒すランスの活躍をお楽しみください。またこのセカイの設定を知った先々代の法王アム・イスエルは人類救済を掲げて神へ叛逆して封印されていました。このアム・イスエルを復活させるかさせないかの選択になるのですが、私は復活させてしまいました。

  • 魔王を異界に返す(ホントウに返せてしまい、この選択肢を選ぶとクリアB「異界の魔王」となる)
    • 今流行の異世界転生の逆を行くノリ。逆☆異世界転生展開。ランス達が現代日本(スチールホラー)に乗り込んで大暴れします。ランス9でちょこっと紹介され、プレイヤーに期待させた伏線が満を持して登場!ランスがノリノリでカツアゲしてきたチンピラをぶっ殺すと、テロ扱いされて騒ぎは大きくなり、警察から機動隊、戦車にヘリとまで戦うこととなります。結局、撃退されてもとの世界に逃げ帰るのですが、ここで何と選択肢が登場!
    • もともと来水美樹健太郎現代日本出身であったことから残りたいと言い出します。これを許可すると強制終了となるのですがGameOver扱いではなく個別エンド(クリアB「異界の魔王」)となります。なんと来水美樹現代日本で魔王に覚醒し、軍隊を掌握して、今度はランスたちの世界に乗り込んでくるのです。この時、人類軍はケイブリスに敗れていたのですが、ケイブリスは現代兵器に蹂躙されることとなります。許可しないと来水美樹が魔王になっちゃう問題をどうにしかしないことに気づきフツーにシナリオが進行します。

  • 自由都市滅亡
    • TURN5まで何もしなかったら自由都市が滅亡してしまいました。1周目では解放できていたんですが自由都市から崩れていくのですね。滅亡理由はセキガハライベントでランスたちがいないと裏切りイベントが発生してしまう模様。指導者たちは全員捕まってしまいます。哀れコパンドン

2周目-TURN6 LP7年12月後半

  • シャングリラ攻略
    • 人類はこれまでも魔軍と対決していましたが、どうして今回の侵攻を止められなかったのでしょうか。本来ならば魔界との国境であるゼスが障壁となっていたのですが、今回は人間界の中央にある砂漠から魔軍が転移魔法で転送されてきていたのです。と、いうことで転送を止めるべくシャングリラへと向かいます。ここで待っているのはケイブリスの使徒ケイブニャン、そして踊り子のシャリエラです。シャリエラを仲間に入れると順当√、いれないと大変√になるのですが、私はこのクエストだけかと思って大変√に突っ込んでいってしまいました。シナリオ継続してシャリエラ敵になっちゃうんですね・・・(後悔)。
    • シャングリラでは魔物に扮して侵入し、ケイブニャンをしばいて、魔法陣を破壊し、転移魔法をストップさせます。こうして魔軍の供給を一時的にストップさせるのでした。さらにシャングリラにはケイブリスが直接来ているので、ラスボスバトル!!負けバトルかと思いきや何かアッサリ勝てちゃったぜとか思っていたらそれもそのはず。なんと分身体だったのです。しかし分身体とはいえ倒したランスはケイブリスにその存在を認められることとなったのでした。

  • ヘルマン滅亡
    • 多分クルックー護衛とスチールホラーを選ばずに自由都市とヘルマンを選んでおけば多分陥落しなかったんだろーなと思うのですが後の祭り。何もしないとTURN7でヘルマンは陥落してしまいます。自由都市滅亡の時に凌辱シーンがなかったので高をくくっていたのですが、ヘルマン滅亡するとシーラが凌辱されてしまいます。シーラは魔物たちの侵攻のゲームに使われており、村を一つ落とすごとに下卑た性的欲求に関する賭けをさせられ、シーラが勝てば村が救われ、負ければ焼かれるということを繰り返させられるのです。シーラはどんな屈辱的な凌辱でも自分が頑張れば村を救えると思い、様々な酷い仕打ちに耐えるのです。哀れシーラ・・・。

2周目-TURN7 LP8年1月前半

  • リーザスを選択。エンジェル魔人ハウゼルと対決。
    • ホーネットを人質に取られたがゆえにケイブリスに従うこととなったハウゼル。同じ境遇の魔人シルキィがホーネットを利用されて凌辱されていたのに対し、ハウゼルは使徒の火炎ちゃんのおかげで比較的自由にしていられました。品行方正で真面目で心優しいなハウゼルは人間を殺すことに積極的になれず、リーザス軍から決闘を申し込まれれば律儀にそれを受け、しかも倒しても殺さないという始末。しかし切れると怖ろしいのもまた事実。特に双子の姉サイゼルの為ならばマジ切れします。ランスがサイゼルに性的悪戯を施していたことを知ると、タッグを組んで襲い掛かってきて瞬殺されます。正攻法で勝てないのでいつもの如く搦手を使うことになりますが、ハウゼルのシナリオはギャグ回となっています。ハウゼルは読書家であり、小説の新刊が出るのを楽しみにしていました。しかし大戦が始まってしまい続刊が出ず歯がゆい思いをしていたのです。それ故ランスは著者に無理やり新刊を書かせ、鍾乳洞内にハウゼルをおびき寄せます。そしてまんまときちゃうハウゼル。三つ編みぐるぐる眼鏡で田舎娘に変装するハウゼルかわいい。ノコノコやってきたハウゼルとバトルになりますが、狭くて空を飛べず、炎を使えば新刊が燃えちゃうよんと脅して弱体化させます。こうしてハウゼルを倒し、仲間に引き入れるのでした。
    • 文学少女ハウゼルちゃんはとても初心でおぼこで可愛く、ランス城に逗留して初めて恋愛小説に触れきゅんきゅんきちゃいます。そしてランスの戦略により恋愛小説は次第に性描写を含んだ小説にジャンルを拡大されていき、自慰行為を覚えさせていくのです。そしてみんな大好きオナバレ展開ですとも。
    • こうして概ねハウゼル回はギャグ担当なのですが・・・なんと自由都市とヘルマンが陥落していたせいかTURN7のうちに勇者がランス城に襲い掛かり、ハウゼルと火炎ちゃんは殺害されてしまいました・・・ショック

2周目-TURN8 LP8年1月後半

  • 時系列イベント?ランス城陥落
    • 2周目では来水美樹とカミーラを手に入れていたのでバッド回避できたかなと思っていたら、魔軍にランスたちの本拠地がバレて襲撃を食らいます。攻めてきたのは大量の魔軍と魔人レッドアイ。生物に寄生して操るレッドアイは屈強な依り代を手に入れ、暴れまくります。負けバトルあるのかなーと思っていたのですが、なんと戦闘なしシナリオのみで、ランス敗北。気がついてみるとJAPANに運ばれており、TURN8はJAPANからの出発となります。

  • ビスケッタさん救出と魔人レッドアイ討伐
    • ランス城から撤退する際、シンガリになったビスケッタさんはレッドアイに捕らえられてしまいます。傷を癒したランスは再戦に挑み、占拠されたランス城に乗り込みます。レッドアイは魔道具の魔人であり、自らを作った人間の子孫の血筋が途絶えると思い込んでいました。そのため最後の末裔である(と思い込んでいる)ロナという少女を手中に収め繁殖させようとしていたのでした。レッドアイは自らが強くなることを生存理由としており、そのためには自分に仕える有能な家臣が必要であるとしてビスケッタさんにアプローチするのですが、そこへランスたちが乗り込みます。またもや勝てねぇ負けバトルだわ。と、いうことでビスケッタさんの策略が発動。なんとレッドアイを殺すためにロナを殺害するのです。ロナが死んだことでレッドアイは発狂しランスがトドメを刺します。しかしこの一連の出来事はビスケッタさんの演技でありロナは死んでおらず、レッドアイはプラシーボ効果?で思い込みで倒れたのでした。その後、レッドアイを倒したもののランス城にはもう戻れないということで爆破。JAPANに戻ったランスは助けたビスケッタを貪るのでした。メガネを取られたビスケッタさんは夜伽の時だけデレ化します。

  • 時系列イベント? リーザス青軍の将軍コルドバ死亡・魔人ホーネット死亡
    • リーザスでは魔人1体撃破したところなのですが、魔軍の猛攻は続き、マッチョの鉄壁であったリーザス青軍の将軍が死亡します。重要な砦の拠点防衛戦で自ら斧をとって防衛に邁進し、立ったまま死ぬのでした。コルドバの奮戦により砦の陥落だけでは防ぎ切り、翌朝辿り着いた援軍のおかげで戦線の崩壊は阻止しました。
    • ケイブリスはカミーラに捧げるためホーネットを拘束していましたが、カミーラがあまりにも見つからないのでイライラしまくり。ええ、2周目ではちゃんとランスにカミーラゲットさせましたから。そんなわけでケイブリスはついホーネットを強姦。今までケイブリスが女を抱くとすぐに壊れてしまいましたが、魔人であるホーネットはその強靭さからケイブリスの性欲を満たすことになります。こうして何回も使用されたホーネットは壊れてしまうのでした。

2周目-TURN9 LP8年2月前半

  • 日本列島から出られない病とリーザス滅亡
    • ビスケッタさんを救出しに行った時にはまだ大陸に渡れたもののその後、大陸東部を固められ膠着状態に。ランスたちは身動きがとれないまま、滅びを待つだけの延命状態となり、徒にターン数を重ねていきます。
    • ランスたちが大陸に反攻できないため、ついにリーザスも陥落。いつもの如く凌辱タイム。リアは魔物の肉便器とされるべく調教という名の肉体改造を受ける。調教師の下衆な快楽が結構好き。王座につき普段の日常では触れることのできない高貴性、そんな女王を自分の手で肉便器へと肉体改造していく背徳感。胸に水を入れ豊胸手術を施し、膣穴拡張で腕を突っ込むところなどえぐいですね。哀れ、リア女王。

2周目-TURN10 LP8年2月後半

  • JAPAN内紛
    • 日本の国土防衛を担っていた妖怪勢力が二分してしまい戦力が削られて大ピンチ!なぜ妖怪が離反したのでしょうか?それは初代妖怪王のワンちゃん黒部が復活したため、その配下となる妖怪が増えたからでした。そのためランスたちはあわよくば黒部をも仲間に引き入れようと奮闘するのですが・・・ヤベェ、敵強すぎ。雑魚キャラすら倒すのがしんどい。妖怪王黒部との戦いは勝てなくても良いイベントバトルなのですが、それでも20ターン耐えねばならず、何度も全滅。アナライズ使って敵のパターンのヒントを見るとバフ使うと相手が3回攻撃になってしまうのねん。そのため、睡眠で眠らせるか、手裏剣でピヨらせるかでターン数を稼ぎましょう。ハッハーこりゃ運ゲーやな。何回かリトライしてやっとこさ20ターン凌ぎました。

2周目-TURN11 LP8年3月前半

  • クリアB「タイムカプセル」とクリアC「勇者の成就」
    • 来水美樹は魔王覚醒寸前だわJAPANは西半分が魔軍に落ちるわで大わらわ。「九州の魔軍の撃退を目指す」選択肢もあるのですが、敵が強すぎて詰んだので、「覚醒阻止」へ。ここでプロローグ冒頭のコールドスリープ装置を思い出し、魔王を冷凍催眠させることに。来水美樹健太郎を冷凍して一時凌ぎをするのですが、魔王の力はコールドスリープ装置の運命をも捻じ曲げ解凍時間の設定が狂い始めます。そのような中でランスはシィルがいればいくらでも逆転できるさとシベリアの吹雪の中で黄昏てそこでシナリオが終わりクリアB「タイムカプセル」となります。
    • クリアC「勇者の成就」はひたすらJAPANで手をこまねいているとこのエンドに入れます。残存人類が減ったことで、勇者のエスクードソードが解放されます。ランス軍はJAPAN軍と力を合わせて一度は撃退するのですが、二度目は撃退することが出来ず勇者に攻め入られてエンドを迎えます。