雑録

『pieces/揺り籠のカナリア 体験版』の感想・レビュー

私は本編を体験版で挫折してしまったのですが、世間からの評価はとても高い作品です。
他者の悪夢を引き付けてしまう少女が、夢に介入できる主人公により救済される話です。
高評価の所以はシナリオ構造にありリトバスやABの様な思念体世界からの卒業がウケたようです。
その分個別√は全体を構築するための単なるパーツであり微妙であったことが指摘されています。
それ故FDが単なる個別ヒロインの後日談になのか、新たな物語が作られるのか、注目されます。
雑感としては紬√で作品世界の本質的な問題解決が扱われるかのように思われました。

君原結愛シナリオ

f:id:r20115:20200320163000j:plain

  • 復学した根暗陰キャ少女が周囲との適度な距離感をつかむ話
    • 君原結愛は他者の悪夢と感応してしまう異能の持ち主であり、それ故、夜に眠ることが出来ず昼夜逆転の生活になってしまい学校に通えていませんでした。本編の解決後、結愛は復学を目指すことになり、これがFDでのテーマとなります。ここで結愛は留年扱いとなり1個下の学年に配属されることになります。この試練を結愛は主人公と二人三脚で乗り越えていくことになります。主人公は自分の後輩で妹分である美城ありすに結愛のことを頼むのですが、このありすの性格が結愛と全く異なるものであったため、苦労するのです。結愛は根暗陰キャで昼休みはパンをかじりながら文庫本を読むタイプと自称していますが、ありすは超絶陽キャパリピ人間で「善意」によって結愛を引きずりまわすのです。結愛はありすがよかれと思ってやってくれていることを知っているので、その「善意」を断ることができず疲弊していきます。そしてついに何もかも面倒になった結愛は倒れてしまうことによって全てを解決しようとしたのです。しかしこれは逆効果。たくさんの人々が結愛を心配してくれて迷惑をかけてしまい、結愛は罪悪感に苛まれるのです。そんな結愛に主人公はお弁当作りを提案し、みんなの好みを教えたり、クッキングに付き合ったりして結愛を支えていきます。この結愛のランチの振る舞いにより、みんなとの距離感が一歩縮まるのでした。

小鳥遊紬シナリオ

f:id:r20115:20200320163014j:plain

  • 思念体世界の根本的解決を目指す
    • 小鳥遊紬は主人公の幼馴染。冒頭は山の渓流に遊びに行き水着でイチャラブエッチをしたりなんだりで、このままキャラゲー路線か!?と思われました。しかしながら、この紬√で世界観の根本的解決を目指す様です。本編において最初に視聴者に提示されていたのは、思念体世界でした。その思念体世界は「天使の夢」と表現されていますが、誰かがその夢見を見る役割を担わなければ思念体世界は成立しないのです。その夢を見る天使の役をかつて担っていたのが紬であり、主人公は世界を形作る神だったのですね。その後、紬は天使の役を時代に引き継がせ、主人公も神ではなくなります。しかしながら紬は自分がその役割を押し付けてしまったことに対して引け目を感じていたのです。紬は主人公に相談したいのですが例え相談したとしても困らせることになるだけだと判断し負のスパイラルに陥っていきます。そんな紬の異変に感づいたのが主人公の悪友であり、アドバイスをくれるのですが・・・。なんと主人公は紬の異変を「妊娠」だと勘違い。二人のズレっぷりを楽しむのが体験版での醍醐味となっています。最終的に主人公は紬に対して、俺の子供を産んでくれとプロポーズ!主人公の行動を見た紬は肩の力が抜けるとともにその愛情をヒシヒシと感じ、独りで思い悩むのをやめたのでした。主人公は紬のご両親にも挨拶をして、祝福を受けます。果たして、神様と天使の夢及び思念体世界は根本的な解決に至ることが出来るのでしょうか!?

藍野深織シナリオ

f:id:r20115:20200320163244j:plain

  • 鳥がウザいことこの上ない。ヒロインは主人公を拒みがちで、最終的に不機嫌となる。
    • 昼寝部という珍妙な部活の部長であり、寝ながら何でも出来るというトンデモ設定な深織先輩。本編の体験版は夢の思念体世界の事が明らかにされていないので、何だこの奇天烈な設定は!?と遠巻きに眺めてしまいましたが、これ自体が伏線だったというオチ。本編後は、昼寝部を引退し、医者になるための受験勉強を始めますが、FDは単なるキャラゲーとなりそう。そしてFDの体験版では主人公が深織先輩に邪険にされるシーンが目立ちます。結愛の屋敷を綺麗に掃除しようとしても主人公ばかり働いて深織先輩は寝てばかり。主人公が肉体的スキンシップを求めても、そういう気分じゃないからと袖にされてしまいます。そんなわけで主人公は深織先輩の女体目当てに、性感マッサージを強行。なし崩し的に閨房シーンへと持ち込みますが、事後が酷い・・・。主人公の一連の振る舞いに対して深織先輩はすっかり不機嫌になってしまうのでした。やたらと鳥がわめきたつ姿が目立ち、しかも深織先輩がその鳥の肩を持つというパターンを何回も見せられた挙句、ヒロインが主人公を蔑ろにしがちな展開が続きます。

美城ありすシナリオ

f:id:r20115:20200320163250j:plain

  • アイドルモノ
    • 本編でアイドルとなったありす。主人公は兄兼恋人兼マネージャーとして慌ただしい日々を送ります。そのような中でありすがいつものように病院に慰問に行くと、アイドルとして求められているのではなく、心の支えとしてのマスコット扱いされていることに気づきます。お年寄りや病人たちの精神的支柱となるという目的は達成されているため、アイドルでもマスコットでもよかろうものですが、ありすはアイドルとしてのプライドが許せません。そんなわけで新機軸として新曲を打ち出すことになり、主人公の悪友と暴走し始めます。これに危機感を抱いた主人公は全市民を巻き込み公募という形にするのですが、ありすからは歌詞を書いてくれないのですか?と言われてしまいます。主人公は恥ずかしさと戦いながら歌詞を書き上げ、匿名希望で応募。しかし案の定、そのありすを想う歌詞の内容から一発で主人公と見抜かれてしまい、ありすは御満悦となるのでした。

伊集院貴美香

f:id:r20115:20200320163256j:plain

  • 高慢ちきで高飛車なお嬢様系ツンデレ
    • 主人公にウザがらみしてくるお嬢様。悪夢を主人公が解決したことにより、毎晩主人公のことを夢の中で想うようになり、惚れていきます。しかし我儘で自分勝手な貴美香は主人公に対して素直に接することが出来ません。それ故、さらにウザがらみしてきて、その上、辞めてしまった使用人がいて困っていると称して主人公を屋敷に引き込むのです。主人公は困っている人を全て助ける属性のため、貴美香の家で働くことになるのですが、貴美香は主人公のことを手元に置きたいだけなので、手持無沙汰な時間が続きます。そして貴美香はストーキングを行い、主人公が結愛のために尽くしている姿を目撃してしまうのです。嫉妬の炎に駆られます。こうして貴美香はより確実に主人公を自分のものとすべく、主人公の荷物を部屋から回収し、屋敷の部屋をあてがうのでした。このような高慢傲慢高飛車我儘お嬢様がどのようにデレるのかということが物語を読み進めていく動機付けとなっています。夜伽シーン体験版ではもう既にデレており、「口では尊大なことばかり言うくせに実は小心者で、些細なことで不安になってしまう」と評されています。

f:id:r20115:20200320163834j:plain

Whirlpool作品の感想一覧はこちら


2020年5月発売新作ノベルゲーム







参考