雑録

環大西洋革命【4】フランス革命~ナポレオン帝国~

フランス革命の流れ

  • 三部会 ⇒ 国民議会 ⇒ 立法議会 ⇒ 国民公会 ⇒ 総裁政府 ⇒ 統領政府 ⇒ 第一帝政

ナポレオンと国民公会

総裁政府

  • 1795.10 総裁政府成立 ←1795年憲法に基づく
    • 政治的不安定
      • インフレによる生活の圧迫を背景にしたジャコバン派の復活 
      • 社会的・政治的不安に乗じた王党派・右翼の台頭←ナポレオンが王党派の反乱を鎮圧。
    • 民衆は政治の安定と革命の成果の保障を求め、強力な指導者を望む。
  • 1796.5 バブーフの陰謀…私有財産廃止・総裁政府打倒
    • 土地台帳管理人として農民の貧しい生活を目にし、農地均分による平等な社会を目指し、蜂起を計画したが事前に発覚し失敗。
  • 1796~97 ナポレオン 第一次イタリア戦争勝利 ⇒ カンポ=フォルミの和約で第1回対仏大同盟が崩壊
  • 1799 ブリュメール18日のクーデタ → ナポレオンが総裁政府を打倒 → 統領政府

統領政府 ~第一統領ナポレオン~

  • ①内政
    • フランス銀行(1800)…財政の整理と統一のために設立。税制改革とともに経済が安定した。
    • フランス民法典(1804)…私有財産の不可侵など近代市民社会の法原理。他の民法の模範となった。
      • ジャコバン独裁期に無償で土地を得た自作農(ナポレオンの戦力)の支持を得るため。
  • ②外政
    • 第2回対仏大同盟の解消
    • 教皇との和解 →ピウス7世と宗教協約(コンコルダート)を結ぶ(1801)→カトリック復活で農民層の支持上昇
    • 西ルイジアナアメリカ(ジェファソン政権)に売却(1803)。
      • フランス人権宣言の影響により、カリブ海の砂糖生産地ハイティで黒人奴隷(トゥサン=ルーヴェルチュール)が反乱。ハイティへの食糧供給地=西ルイジアナが不要となる。⇒1804 ハイティ独立

第一帝政 ~ナポレオン 国民投票で皇帝に即位(1804)~

  • ①第3回対仏大同盟との戦い ←第一帝政の成立に対抗して結成
    • 1805.10 トラファルガーの戦い
      • ナポレオンがイギリス侵攻をはかるが、ネルソン率いるイギリス艦隊に撃破される。→ナポレオンは対英上陸作戦を断念し、大陸制覇に方針を変えた。
    • 1805.12 アウステルリッツ三帝会戦
      • フランス皇帝ナポレオンが、ロシア皇帝アレクサンドル1世と神聖ローマ皇帝フランツ2世を撃破する。→この結果結ばれたプレスブルクの和約で第3回対仏大同盟は瓦解。
  • ②大陸制覇
    • 1806.3 ライン同盟
      • 普・墺に対抗するため、ナポレオンを盟主と西南ドイツ諸邦に同盟を作らせる。→オーストリア=ハプスブルク家の皇帝をいただく神聖ローマ帝国が完全消滅!
    • 1806.10 イエナの戦い → プロイセンを撃破!
    • 1806.11 ベルリン勅令
      • 大陸封鎖。英との通商を禁じ仏産業が欧州市場独占。大陸諸国の経済活動に大きな打撃。
    • 1807.2 アイラウの戦い →ロシアを撃破!
    • 1807.7 ティルジット条約
      • プロイセンに広大な領土の割譲と高額な賠償金を課す。喪失地にワルシャワ大公国成立。ロシアに大陸封鎖の協力を要請。
  • ③反ナポレオン運動 ~諸外国のナショナリズムが昂揚~
    • プロイセン改革(1807~)
      • シュタイン、ハルデンベルクが農奴制の廃止、徴兵制、教育制度改革を行う。
      • フィヒテが「ドイツ国民に告ぐ」でドイツの民族的自立と文化の再建を主張。
    • スペイン反乱(半島戦争)(1808~14)
      • 大陸封鎖に従わないポルトガルへ出兵を決行したナポレオンがスペインに侵入し兄ジョゼフを王位につけたことに対してスペイン民衆が反乱。
      • イギリスから支援を受けつつゲリラ戦を展開し1811年以降はフランス軍を破って苦しめ、ナポレオンの支配を同様させた。Cf.ゴヤがスペイン反乱をテーマに「巨人」や「1808年5月3日」を描く。
  • ④ナポレオンの没落
    • 1812 ロシア遠征
      • 大陸封鎖に違反してイギリスへの穀物輸出を再開したロシアに制裁を加えるために行われた大遠征。
      • モスクワを占領したもののロシアの焦土戦術の前に退却を余儀なくされ、退却時に露軍の追撃を受けて大敗。ナポレオンは軍を置き去りにして撤退。
    • 1813 諸国民戦争(ライプチヒの戦い)
      • ナポレオンが普・墺・露に敗北。ナポレオンはフランスに後退。→14年にはパリ陥落。ナポレオンは退位してエルバ島に流される。