のんのんびより りぴーと 第1話「一年生になった」の感想・レビュー

れんげが小学校に入学した時の話。のんのんびよりサザエさん時空なのか!?
ランドセルを買って貰い喜び勇んだれんげは入学式の前日に早速登校の練習をする。
またれんげの次姉が東京の高校に進学しノスタルジックになりかけるがギャグオチ。
そしてついに入学式。れんげを歓迎しようと一生懸命準備されたことが窺われる。

たとえ全生徒顔見知りでも新入生というのは緊張するよね

f:id:r20115:20210205070510j:plainf:id:r20115:20210205070515j:plain

  • れんげを迎え入れるためにみんなで一生懸命準備したんだろうなと思うと泣ける
    • のんのんびより1期は転校生の蛍が外界からの視点の役割としてやってくるところからスタートしましたが、サザエさん時空が発動し、第2期はれんげが小1になるところから始まります。ランドセルを買って貰い興奮気味なれんげは入学式を前にして早速出かけたくなり、予行練習として通学路の下見に出かけます。バス停まで次姉がついてきてくれたり、バスからは小鞠や夏海たちが一緒に登校してくれます。初めての学校に少し不安を感じるれんげをご覧ください。それでも入学式の日には一人で通学したいと勇気を見せ、初投稿。前日では入れてもらえなかった教室では歓迎の準備がなされていたのでした。校歌と共に田舎の村々の風景が提示されていく様子はなんか和みます。東京に行ってしまった次姉の穴を埋めるように今度は蛍がやってくるぞ!というところで幕を閉じます。

f:id:r20115:20210205070526j:plainf:id:r20115:20210205070531j:plain