雑録

のんのんびより りぴーと

のんのんびより りぴーと 第13話「蛍が楽しんだ」の感想・レビュー

蛍目線で冬・春・夏・秋が描かれる。田舎生活を満喫する蛍の様子を見て楽しむ回。 冬は犬と雪遊び。その後、蛍が遊んだ残骸によりピタゴラスイッチ状態となる小鞠が描かれる。 春は一人で駄菓子屋に来た蛍が気まずくなるが駄菓子屋の配慮で一緒にクッキー作…

のんのんびより りぴーと 第12話「1年がたった」の感想・レビュー

1期の道普請イベントの後の話。タケノコを掘ってお花見に行く。 のんのんびよりりぴーとはサザエさん時空ではなく1周目別視点だった模様。 だから「りぴーと」だったのかもしれない。こりゃ年表が必要だな。 お花見の準備中に固定カメラ遠景描写入った時は薄…

のんのんびより りぴーと 第11話「甘えんぼうになった」の感想・レビュー

ガラケーと小鞠・年賀状と宮内姉妹・親へ甘える蛍の3本。 僻地すぎて圏外の中で電波が届く場所を求めて奮闘する小鞠。 年賀状に絵を描くれんげを覗こうとするひかげの姉妹間攻防。 大人っぽいと評された蛍が家で甘えていると言っても誰も信じない。 ガラケー…

のんのんびより りぴーと 第10話「すごく練習した」の感想・レビュー

れんげ回。れんげに接する年上の対比としてこのみと駄菓子屋が描かれる。 このみは性格的に弄り・揶揄うことでれんげに親愛の情を示す。 一方、駄菓子屋はれんげをあたたかく見守りながら慈愛を注いでいく。 れんげへの母性を他人に知られて気恥ずかしくなる…

のんのんびより りぴーと 第9話「みんなでお月見をした」の感想・レビュー

夏海回。沼の主釣り、フリフリの服でオシャレ、お月見団子つまみ食いの3本。 庭の池に生き物がいないため母親から小遣いをちらつかされ釣り大会を決行。 沼に飛び込んだ夏海はシャワーを浴びることになりこのみからフリフリの服を借りる。 墓参りに帰省した…

のんのんびより りぴーと 第8話「給食当番をした」の感想・レビュー

木材加工から過去回想が発生し小鞠が大切にしていた人形に繋がる。 小鞠は幼児の頃からショウキチさんという人形を肌身離さず持っていた。 しかしいつしかその想いは薄れ単なる汚れた古臭い人形となっていった。 そこへ過去回想が発生したことにより自分の昔…

のんのんびより りぴーと 第7話「思いきって飛び込んだ」の感想・レビュー

蛍が田舎での生活に適応していき、その姿を写真に撮って友達に送る話。 夏休み、橋から川に飛び込む遊びに興じるメンバーたち。 しかし蛍はその恐怖心から飛び込めずにいた。 そんな折、蛍に東京の友達から遊園地の写真が届く。 蛍は返事を書きあぐねていた…

のんのんびより りぴーと 第6話「ホタルと仲よくなった」の感想・レビュー

夏海×蛍の回。 夏海は雑草取りで蛍と二人になりこれまでは第三者を介して接していたと改めて認識。 話題を探しあぐねた夏海はニチアサの話題を振るが蛍が思ったよりディープでドン引き。 虫取りの場面では夏海が蘊蓄を披露し、れんげや蛍から尊崇の念を集め…

のんのんびより りぴーと 第5話「お好み焼きを食べた」の感想・レビュー

小鞠回。凶しかでないドッキリ御神籤にふりまわされる話。 水難の相がでればプール掃除の際、幾たびも水を浴びせられる結果に。 創立記念日には家にいると良くないということで外にでるがゲリラ豪雨。 雨を逃れるために駄菓子屋に駆け込み、ようやく人心地つ…

のんのんびより りぴーと 第4話「てるてるぼうずを作った」の感想・レビュー

稀に良くある泣きゲー回。前半はてるてる坊主に扮するれんげに小鞠がビビるギャグなのだが……。 後半はれんげが熱心に飼育していたカブトエビが死ぬという死生観の話になる。 自らの手で捕って世話をし観察日記までつけていたれんげは「死」に直面する。 物心…

のんのんびより りぴーと 第3話「連休中にやる気を出した」の感想・レビュー

GW前のテスト回。散々な結果に終わった夏海のためにれんげの家で勉強会をする。 やる気をださせる練習として称してごっこ遊びが展開されるのだが…… 担任教諭でもあるれんげの姉はグータラして醜態をさらすことに。 反面教師とはこのことで、やる気のない将来…

のんのんびより りぴーと 第2話「星を見に行った」の感想・レビュー

越谷三兄妹の兄がれんげから「にーにー」呼びされていたことが明らかになる話。 アニメ1期ではれんげから認識されていたかどうかすら危うかったのに…… 一方小鞠と蛍は二人で星を見に行き苦難を乗り越えたことで親愛の情が生まれる。 蛍が小鞠に対して好感度M…

のんのんびより りぴーと 第1話「一年生になった」の感想・レビュー

れんげが小学校に入学した時の話。のんのんびよりはサザエさん時空なのか!? ランドセルを買って貰い喜び勇んだれんげは入学式の前日に早速登校の練習をする。 またれんげの次姉が東京の高校に進学しノスタルジックになりかけるがギャグオチ。 そしてついに…