雑録

『日向千尋は仕事が続かない 体験版』の感想・レビュー

高校の時に仲が良かった女友達と偶然再会し関係を持ってしまう話。
主人公は仕事は出来るが旧時代の日本的慣習に適合できずにいた。
プロジェクトを成功させ打ち上げに参加したが飲み会の掟に苦しむ。
そんな中、飲み会現場の居酒屋でバイトしてたのが高校時代の女友達。
女友達は勝気な性格が災いしてバイトを転々としており人生に疲れていた。
飲み会で童貞弄りをされていた主人公を目にし卒業を持ち掛けるのであった。

生きるのに不器用な二人がお互いをフォローしあいながら生きていく姿が良い

f:id:r20115:20210310074626j:plain

  • 社会人モノって合う合わないが大きいよね
    • 【1】社会人は仕事と切っても切り離せないため個人の労働観が色濃く出るので合う合わないの差が非常に大きくなってきます。『働く大人の恋愛事情』は厄介上司からイキナリ人生論を語られ、人生は楽しまなければダメという価値観の押し付けを説教され、吐き気がします。『Re CATION 〜Melty Healing〜』は自発的社畜系主人公の無意味なガンバリズム肯定論を読まされ前時代日本の精神主義に辟易してしまいます。そんなわけで社会人モノは人を選ぶし、世論が名作だと言っても個人的に合わないこともしばしばあります。
    • 【2】では、本作はというと、個人的には結構面白いと感じられました。主人公は日本人の労働慣習(飲み会や打ち上げ)を否定しているものの、それを全面否定できるほどロックというわけではなく、プロジェクトの成功の際には律儀に打ち上げに付き合います。いや、ホント飲み会って謎の文化でアルコール入れてどんちゃん騒ぎしないと親睦できないとかクソだろというのには激しく同意。そして大概居酒屋と喫煙所で重要事項とか決まる国、ニッポン。こんなん労働生産性が上がらず衰退するのも当たり前だろって感じです。だからといって飲み会に参加しないという選択肢を選ぶことはできずズルズルと巻き込まれ、飲みたくもないビールを飲み、上司に酒を注ぎに行きヘラヘラと媚びを売りながらご機嫌取りをすることしかできない。そんな心情を本作はアリアリと描き出しており共感する事しきり。
    • 【3】一方、ヒロインはその勝気な性格が災いして不合理・非効率的なことに反発してしまい人間関係が悪くなってバイトを辞めることを繰り返していました。産業資本家や管理職ならまだしも労働者なんていくら頑張っても無意味なのだから首にならない/怒られない程度に働き給与を貰うだけで良いと捉えることもできますが、勤勉に働かずにはいられないというのはとても理解できます。ヒロインは主人公の打ち上げ現場の居酒屋でバイトしており、偶然再会します。そして主人公が童貞として男性陣から小馬鹿にされて弄られるのを見て、イライラを募らせていくのです。(しかし主人公の態度が正解であり、弄りムーブをしてくる人たちはその反応を見て楽しむので、「アッ、ハイ」と「ソウッスネー」で適当に流すのが吉である)。
    • 【4】その後、二次会以降を連れまわされた主人公が終電を逃していると、ヒロインが登場して旧交を温め、居酒屋であなたが弄られてイライラしていたと告げてきます。そして童貞として馬鹿にされるのなら私で卒業させてあげるわとか言い出し、部屋に連れ込まれるのです。一瞬、美人局か!?と訝しみましたが、主人公とヒロインの間には高校時代の絆が脈々と残っていることが明らかになり、一安心。そしてついに夜伽を開始するのですが、なんとヒロインも初物だったのです。破瓜を見て焦る主人公でしたが、何とか無事に終わらせることができたのでした。翌日、ヒロインから朝食を振る舞われ、舌鼓を打ちながら責任をとろうとするも、ヒロインからは一夜の関係とそっけなく振られてしまいます。『日向千尋は仕事が続かない』(完)となるところだったのですが、それでは物語にはなりません。と、いうことでヒロインがバイトを辞める現場に遭遇することになります。バイトの雇用主に向かって一丁前に意見具申する姿を見た後、話を聞いて励まして肯定してあげればフラグ成立!今度は主人公の部屋に上がり込むヒロインでしたが、なんと疲れがたまっていたからその場で寝てしまい、体験版は幕を閉じます。
    • 【5】攻略ポイントとしてはピンヒロインものなので、日向千尋を受け入れることができるかどうか。タイトルは「仕事」が続かないとありますが、その「仕事」はバイトです。文脈からすると、高卒で親から溺愛されており、かなり支援を受けている模様。実家が裕福であることが匂わされており、かなり甘やかされています。空気を読まず関係性に配慮せずに正論を吐くことが許されると思っている性格は、これらから形成されたのでしょう。主人公と遭遇した時のバイトも居酒屋であり、相当職を転々としていたことが窺われます。大学受験に失敗したか、就職活動に失敗したか。その背景や過去の描写が深められれば面白い作品になりそう。冷静に考えるとハロワ行って職業訓練受けた方がいんじゃね?と思ってしまいますが。

f:id:r20115:20210310074619p:plain

関連