雑録

彼女は友達ですか?恋人ですか?それともトメフレですか?Second 体験版 の感想レビュー

人間関係を構築できず社会的孤立に苦しむ主人公が神待ち家出少女たちと連帯を結ぶ話の2作目。
基本はおバカなギャグを基軸とする奇乳抜きゲーだが独身男性の孤独感が良く表現されている。
家族も友人も無く将来に目標も抱けず現実から目を背け日常を諾々と浪費するという緩慢なる自殺。
今作のヒロインは、カースト上位白ギャル・超人気声優・厳格家庭大和撫子・家出外人・近親相姦実妹
彼女らのトラウマに寄り添い、呪縛を解消することで、主人公もまた承認と救済を得るというパターン。
明るいバカゲーだが所々でプレイヤーに自己解体を迫る演出で笑いを取るので時たま死にたくなる。

社会的孤立。そして孤独死

f:id:r20115:20210814212408j:plain

  • 孤独により生じる虚無感と人寂しさ
    • 主人公は親と折り合いも悪く、友達もいない天涯孤独の根暗・陰キャ・ぼっち。能力的には有能ですが、プライベートでは人間関係を構築できず、孤独に苛まれ、絶えず人寂しさを感じていました。そんな主人公が手を出してしまったのが、神待ち家出少女。行き場の無いJKに一宿一飯を与える代わりに癒しを貰おうとしたのです。この作品ではトメフレと表現されています。しかしコミュ障待ったなしの主人公は、その前段階のおしゃべりチャットで満足してしまい、なかなか少女たちに会うことができず、泊める泊める詐欺状態になってしまっていたのです。引き伸ばし作戦も牛歩戦術もついには締め切られ、少女たちと会うことになるのが体験版のメインイベント。主人公はほぼ本名でトメフレのアプリを使っていた為、少女たちに身バレしており、また少女達も主人公の顔見知りであったというオチ。お試し宿泊イベントを体験しながら、おバカとギャグで笑いを取りつつ、トメフレなんぞを利用するヒロイン達も心に闇を抱えていることがチラホラと紹介されていきます。ここら辺のトラウマ解放とバカギャグをうまく絡めることができれば良作になるハズ……と思いきや、このゲームの実態は奇乳をコンセプトとする抜きゲー。多分、そんなにちゃんと人物描写とかメインにされずギャグで流されそうです。

 
f:id:r20115:20210814212357j:plain

  • 死なないから生きているだけ。緩慢なる自殺。
    • 独身男性を扱うギャグ・バカテキストであるため、プレイヤーは自己の生態のうつしみに直面することになり、自己解体を迫られます。そして自分の人生が死なないから生きているだけという、無価値な緩慢なる自殺であることが暴露されてしまうのです。はるか昔、『つよきす』というゲームにフカヒレという悪友ポジションキャラがいたのですが、彼はヲタクの生態を揶揄的に象徴することで笑いを取るキャラだったので、多くのプレイヤーを死に追い込みました。まさにそんな感じ。人生に目的を見いだせず、夢も目標も無く無意義。無気力でやりたいこともなく何もせず休日を潰してしまう。労働は保険と年金と住民税を払うためだけに行う作業で通帳に預金残高が積み重なるだけ。まさに独身男性の辛さがこの作品には詰まっており、それを男性に都合の良い奇乳ハーレムにより解消させようとしているため人生のアヘン。多分、これ独身男性の危惧とは無縁のプレイヤーがアハハーとやるなら問題はないでしょうが、独身男性がプレイすると正直打ちのめされてしまいますね☆

 
f:id:r20115:20210814212413j:plain

f:id:r20115:20210814212417j:plain
f:id:r20115:20210814212422j:plain
f:id:r20115:20210814212427j:plain

参考