雑録

映画

満洲映画シリーズ

図書館に入っている満洲映画を少しずつ見ていくことにした。メディアツーリズムの勉強の一環。 現在、帝国と植民地の人流について研究しているが、映画は聖地巡礼の一種となるであろうから。 映画の中に登場する場面を見て、プロパガンダとなり観光や旅行に…

スターウォーズ 最後のジェダイを見た。

ルークが自分の弱さを受け入れることができましたよというはなし。 ルークが隠遁した原因は自身が弟子(甥っ子)を信頼できずに殺そうとしてしまったこと。 良心の呵責に耐えられず厭世主義者を気取って世界滅亡論を唱えていたがヨーダの霊体に説教を食らう。 …

『スターウォーズ/フォースの覚醒』を見に行ってきた話(感想・レビュー)

親に捨てられて砂漠でガラクタ漁りをする少女がフォースに目覚めるはなし。多分ルークの娘? ルークはジェダイの騎士を育成していたが甥っ子(ハン・ソロとレイア姫の息子)に裏切られヒッキーになっていた。 甥っ子は暗黒面に落ちておりダースベーダーに憧れ…

『風立ちぬ』の感想・レビュー

映画『風立ちぬ』は零戦を作った男を主人公に1930年代を舞台にした青春物語。 自分の命を漠然と長らえさせるよりも夢や希望に挑戦する熱い姿勢を描き出す。 ヒロインの菜穂子の力を後押しとして飛行機に情熱をかける姿は胸が熱くなるな! 自分はミーハーな人…

木洩れ陽のノスタルジーカの感想・レビュー

近未来SFの映画ゲー。シナリオの要所で実際の映画が解説されます。 「しねま」という人工知能ロボットが20世紀までの映画で主人公くんたちにアドバイス。 映画を通じて様々な人生や心情に触れてココロを豊かにした登場人物達が心理的葛藤を解決させます。 …

クラウドアトラスとやらを見た。

大学の時の倫理学の教授の影響で映画をたまに見る。 何を見るかはその時に適当に決める。 今回はクラウドアトラスとやらを見た。まぁつまらなくはない。 いかにも左的な反体制のお話でこういう内容は嫌いではないわな。 るーすぼーい(車輪とかG線のライター…

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルの感想

暇潰しに映画を見に行く。倫理学の教授がたびたび映画を見ろとおっしゃっていたものだ。 適当に選んだが、話の背景思想とかともかく、役者のアクションシーンがみものとされていると言えよう。だが物語の背景にばかり気がいってしまった。 よく覚えていない…