雑録

movie

『男たちの大和/YAMATO』を見た感想

戦艦大和の生き残りを養父とした女性が水没した地点に散骨しに行く話。 船を出すのは同じく生き残りで、女性の養父を上官とした元・少年兵。 元・少年兵は自分だけが死ねなかった自罰意識を抱えて60年間苦悩してきた。 散骨しに行く過程で、大和で勤務してい…

アニメ版『この世界の片隅に』を見た感想

戦時下における呉に嫁いだ女性の銃後生活を描いた話。 原作漫画は読んだことがあったが、アニメ版は未読だったので履修した。 朝日遊郭の話がアニメ本編では丸々カットされてしまっているのが驚きであった。 原作ではすずと周作がそれぞれ過去の男女関係に囚…

『聲の形』を見た感想

聾唖少女モノ。自殺未遂の少女が主人公の人生に必要とされ生存理由を肯定される話。 主人公は小6の時、転入してきた聾唖の少女をイジメて転校させてしまう。 だが今度はイジメの主犯格に祭り上げられた主人公がイジメの対象となる。 主人公はそれを罰だと受…

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の感想・レビュー

原作改編VRゲーオチクソ映画として話題の映画版ドラクエを何故か視聴することに。 しかも予告編でマトリックスやハローワールドの宣伝が流れ、始まる前にネタバレ発動。 まさかの「この世界はゲームの中のデータ」だったオチを映画の前に食らうのだった。 最…

新海誠『小説 天気の子』(角川文庫、2019年)の感想・レビュー

ヒロイン>セカイ。愛する女の為ならば世界などがどうなっても構わない。 地球の異常気象を安定化できる少女が、セカイの為に人身御供となる。 そんな「人柱」となった少女を救う為、主人公くんは既成の価値規範に抗うのだ。 少年の背中を押すのが、少女との…

日満関係史フィールドワーク(2)「【探訪】旧大日向村(現:長野県南佐久郡佐久穂町大字大日向)」

佐久穂町で国策映画を見て来た話。 探索・調査 【探索】国策映画『大日向村』を求めて 満蒙開拓平和記念館において「大日向村」の特集を見る。大日向村は当時分村移民のモデルケースとして和田伝の小説をもとに国策映画や国策紙芝居が作られた。それらを視聴…

満鉄記録映画集 【10】~【12】

ケー・シー・ワークスの満鉄記録映画集見終わった。 第10巻は他の巻に比べて満洲国におけるレジャーの娯楽的楽しみがピックアップされている。 満洲国の観光だと忠霊塔の慰霊や戦跡見学、産業や工場の視察や開拓村訪問が強調されがちなので貴重。 娯楽や楽し…

満鉄記録映画集【8】・【9】

満鉄記録映画集第8巻 『満洲大豆』 『満洲大豆』(製作:満鉄映画製作所 製作年:昭和13年 約22分) 世界の大豆生産高の50%以上を生産していた満洲大豆の栽培、収穫、集荷、満鉄による混合保管と輸送。満鉄農事試験場の品質改良研究。大豆搾油の新旧様々な方…

満鉄記録映画集【6】・【7】

メモ:『満洲グラフ』を読んでいたら、満鉄映画製作所の作品を特集していく連載記事があったので、チェックが必要。あと同じくゆまに書房から『満洲映画』も復刊されているので読め。 満鉄記録映画集 第6巻 『開拓突撃隊ー鉄道自警村移民記録』 『開拓突撃隊…

満鉄記録映画集【4】・【5】

満洲国コンテンツとして映画作品を視聴している。 【1】~【3】はコチラ→満鉄記録映画集【1】~【3】 - memo 満鉄記録映画集 【4】 『満洲におけるリットン調査団』 『満洲におけるリットン調査団』(撮影:南満洲鉄道株式会社 製作年:昭和7年 約41分) 満洲…

満鉄記録映画集【1】~【3】

演習の授業で「新聞報道における満洲国の旅行記・紀行文」について報告した際、教授から満洲国コンテンツとして映画も扱うよう助言を頂いたため見ることにした。 満鉄記録映画集 【1】 『建設工事』(製作:満鉄鉄道総局建設局 製作年:昭和14年 約22分) 熱…

【映画】『ボヘミアン・ラプソディ』を見た話

映画を見に行く。ロックバンドものを選ぶ。 煮詰まったので気晴らしに映画でも見るかという流れになり映画館へ。バナナ、英領インド独立、70~80年代イギリスロックのどれをチョイスするかで選択肢。デレマス二次創作でロック好きアイドルが『ボヘミアン・ラ…

満洲映画シリーズ

図書館に入っている満洲映画を少しずつ見ていくことにした。メディアツーリズムの勉強の一環。 現在、帝国と植民地の人流について研究しているが、映画は聖地巡礼の一種となるであろうから。 映画の中に登場する場面を見て、プロパガンダとなり観光や旅行に…

スターウォーズ 最後のジェダイを見た。

ルークが自分の弱さを受け入れることができましたよというはなし。 ルークが隠遁した原因は自身が弟子(甥っ子)を信頼できずに殺そうとしてしまったこと。 良心の呵責に耐えられず厭世主義者を気取って世界滅亡論を唱えていたがヨーダの霊体に説教を食らう。 …

『スターウォーズ/フォースの覚醒』を見に行ってきた話(感想・レビュー)

親に捨てられて砂漠でガラクタ漁りをする少女がフォースに目覚めるはなし。多分ルークの娘? ルークはジェダイの騎士を育成していたが甥っ子(ハン・ソロとレイア姫の息子)に裏切られヒッキーになっていた。 甥っ子は暗黒面に落ちておりダースベーダーに憧れ…

『風立ちぬ』の感想・レビュー

映画『風立ちぬ』は零戦を作った男を主人公に1930年代を舞台にした青春物語。 自分の命を漠然と長らえさせるよりも夢や希望に挑戦する熱い姿勢を描き出す。 ヒロインの菜穂子の力を後押しとして飛行機に情熱をかける姿は胸が熱くなるな! 自分はミーハーな人…

クラウドアトラスとやらを見た。

大学の時の倫理学の教授の影響で映画をたまに見る。 何を見るかはその時に適当に決める。 今回はクラウドアトラスとやらを見た。まぁつまらなくはない。 いかにも左的な反体制のお話でこういう内容は嫌いではないわな。 るーすぼーい(車輪とかG線のライター…

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルの感想

暇潰しに映画を見に行く。倫理学の教授がたびたび映画を見ろとおっしゃっていたものだ。 適当に選んだが、話の背景思想とかともかく、役者のアクションシーンがみものとされていると言えよう。だが物語の背景にばかり気がいってしまった。 よく覚えていない…