雑録

雑文

日本植民地研究会 第27回全国研究大会

午前の部は自由論題で主にネット上のデータベースに関する報告。 午後の部は共通論題で「軍隊と社会の視点から植民地を考える」報告。 台湾・朝鮮・満洲の地域が対象であったが、軍事史の専門家は満洲の方のみ。 また「社会」との関係性があまり見えてこない…

コンテンツの賞味期限とコンテンツの換骨奪胎と新しいコンテンツの創出(桜ヶ池レベルアップクエストNo.04「FIRE FESTIVAL」)

コンテンツは地域振興のとっかかりに過ぎない。コンテンツは終わる。賞味期限が早い。 一時的な大量の消費者の動員はイナゴのようなものであり食い尽くされて何も残らない。 それ故、地域振興ではコンテンツを換骨奪胎し、変容したコンテンツが生み出される…

日本植民地研究会春季研究会に参加してきた話

2019年3月2日(土) 於:外大研究報告は二つ。 一つ目が八田與一に関する通説批判。 二つ目が帝国日本統治下の台湾・朝鮮における監獄看守について。 以下、忘れないように概要をメモしておく。 報告1:八田與一に関する通説批判 八田與一とは誰か? 八田與一…

実地視察「札幌雪祭りにおけるキャラクターIPとしての初音ミク」

コンテンツツーリズムを研究しているのなら地域イベントの実地視察は必須。 と、いうことでキャラクターIPの一事例として、雪ミクを見てきました。 (※ここでのIPとはintellectual propertyで知的財産権のこと) 「雪ミク」という初音ミクから派生したキャラク…

還暦直前の部長が部下に嵌められ腐女子文化に染まっていくコメディ漫画が面白い。

この漫画読んだら笑い転げて、嫌な事(しかも結構引き摺ってた事)を忘れて、癒されたわ。 僻地で孤独で娯楽もなく研究しかしていないと気が狂いそうになってくる。人生には笑いが必要だ。 このギャグコメディの漫画は、すごくテンポが良くて、思わず全話読…

何をするにしても遅すぎるという事は無い的な

すぐヘタレるのでヘタレたらこれを見るようにしたい。私も人間は一生涯延び代が在るがマイ格言で、今現在も実践中です。イタリア語を学び始めたのが35歳で本国留学が37歳、帰国後軍事雑誌に記事を投稿し始めが40歳で42歳で処女本を出し、44歳でコミケデビュ…