雑録

風林火山 第46回「関東出兵」 の感想

今回は、関東管領の地位を認められた越後勢が北条氏を打ち滅ぼし関東に覇権を唱えるために出兵してくる、というお話。

武田の勝利条件は、越後勢を関東から兵をひかせ信濃に向かせること。関東管領という大義名分を得た越後勢が関東にまで勢力圏を伸ばし、土豪の勢力を集める前に、武力で対決せねばならなくなったためである。これまで勘助ちんの策略で勝利を収めてきた武田家にとって純粋に武勇を競う対決は初めてとなる。それを読んだ香坂氏に戦闘は熾烈を極めると指摘を受け、勘助ちんに死亡フラグ。しかも、香坂氏が勘助ちんの婿養子になりそうな流れになった。跡継ぎができるということは死後を任せられるということ。これまた死亡フラグが立ち、最終回で華々しく勘助ちんが散り行く複線となる。


一方、越後勢は上杉謙信パラノイア説の下、自分を毘沙門天と勘違いしながら関東へ出兵。厩橋城に陣を構えるが、我等が群馬県民を侮蔑する姿には涙がそそる。長野十六槍を率いる箕輪城主:長野業政が挨拶に来てもその傲慢っぷりを見せつけ、武将からの人望を削ぎ落とす描写を見せる。つまりは、その求心力は高いカリスマと軍神もどきによってのみ兵を支えているということ。早くから人望がないことを見抜いた宇佐美はそのことを危惧し始める。


笠原城で対決を挑んだ北条氏をなかなか攻め落とせない越後勢。その間、ついに名実と関東管領を継ぎ上杉政虎となった。大河ドラマではこの関東管領のお披露目式の時に下馬しないとの理由で鞭たたきを行い、関東の武将の求心を削ぐ描写が入る。そうそう大河的展開といえば、伝兵衛が真田幸隆の忍びに恋心を抱く場面で、キンタマアタックをくらい効果音まで付けて来るとはな!!狙いすぎだろ。