雑録

『そして明日の世界よりー』 1日目「7/1〜7/4(プロローグ)」

第二次エネルギー革命により、石炭から石油へとエネルギー構造が変わる。
炭鉱で栄えた町は荒み、今では漁業を細々と営む過疎化に悩む孤島。
そんな世界が主人公たちの世界。

7/1(木)

まずは無難に登場人物の顔見せから。
全員紹介チュートリアル
ヒロインは4人。

  • 夕陽


「用事あるよう。がんちゃんに会いにきたんだもん。」
ロリ系子犬系幼馴染。フラグがビンビンで常に結婚するとのたまう。おうちも隣同士で窓から飛び移りスキルも要しているし、この子以外のヒロインをどうやって選べと!?

  • 青葉


昴の親友で男勝りな熱血体育会系。同年代に女の子が多い昴にとって彼女の存在は対等に遊べる好敵手。

  • 水守


病弱お嬢様設定で、天文学の研究職である父親に連れられ、自然豊かなこの島へ、療養を兼ねてやってきた。

  • 朝陽


夕陽の姉で推定22歳。井上喜久子系おねえさんタイプ。新卒で教員採用試験をパスしたツワモノ。だが都市部ではかなり採用枠が増えているのでそうでもない?うちの田舎では採用数が増える気配すらありません。

7/2(金)

彗星接近。公式ホムペだと世界終焉しちゃうとかだけど。果てさて。

朝陽&夕陽の父親:陽登場。このひと自分の娘を二人とも嫁に貰ってくれのたまいますぜ。姉妹丼?ばっちこいだぜ。民法上内縁の妻というカタチにして子どもは認知してあげればいいのでしょう。任せてくれよ。

で授業をこなしながら、日常を送る。
ここでルート決め選択肢が3つほど。
健速さんのシナリオだと個別ルートに入るのは早いけど今回はどうかな。やべぇ。青葉っちが可愛いすぎる。応援バナーは水守さんだけど、初回は青葉っちに決定!!

  • 輪ゴム連発銃作り

青葉っちは2人の兄がいるせいか男の子的な趣味なの。それで、アメリカから直輸入の256連発式輪ゴム鉄砲を二人で作成。

  • 朝陽ドッキリイベント

お風呂が壊れており借りに来た朝陽姉と鉢合わせ。

7/3(土)

  • 休日における各ヒロインの日常
    • 夕陽は朝から寝坊すけさんでお姫様だっこ
    • 朝陽は休日の朝食を用意
    • 昴の父と青葉は釣りにおける師弟関係。
    • 水守と「友達」
  • 海水浴

  • エロゲ特有髪型チェンジな青葉っち


東鳩のあかりの髪型チェンジは一大センセーショナルを巻きこしましたが、オンナは髪型ひとつで歩き方さえ違うのよ。どうやら青葉ルートにはいったもよう。彼女が男勝りなのには事情があった。お母さんと生き写しな青葉は女性らしい格好をすると、まるでそのもののよう。だが、母親は男を作り家庭を捨てた。そんな母親とそっくりな自分が嫌なわけさ。だから男っぽい格好をしているのだと。


救いを求める彼女に対して昴は母親に言われたから追ってきたと暴露。さすが健速さんだぜ。
振り返りさえすれば、もしかしたら今の青葉に何かしてあげられたのかもしれないというのに。

しかし俺にはそれをする勇気がなかった。

親父とママンから青葉っちについてのアドバイスを貰う。このゲーム親父が格好いいなぁ。

7/4(日)

  • 夕陽&朝陽ママンの命日で墓参り

−−過去回想
幼少の記憶を思い出すが、ママンからも重婚してくれと頼まれていた。しかも、「困ったときに助ける」、「幸せにする」と約束までしちまった。俺、青葉っちルートにいるんだけど辛すぎる。


あっれー、青葉ルートに入ってるはずなのに選択肢出てるぜ。
おそらく夕陽に対するフラグクラッシュか。

何でも、夕陽の母親ひかりの死によって、朝陽と昴の生活は変化した。ひかりおばさんの死はおじさんにも影響する。その穴を埋めようと、ひかりおばさんの代わりを朝陽が、陽おじさんの代わりを昴が務めるようになったのだと。

おねーちゃんはおかーさん。
がんちゃんはおとーさん。
それは俺たちの誇りであり、悲しい現実でもあった。


夕陽が俺を慕うのは俺を男として必要としているからではない。
彼女にとっては俺は兄であり、父親であり、
そして母親でもあるからなのだ。

はいはい、見事フラグクラッシュ。これで落ち着いて青葉っちを攻略することが出来るぜ。

  • 運動会の練習。


一生懸命、不器用ながらも前向きに努力を惜しまない青葉に感動し、なんとか勝たせてやりたいと願う。だが、彼女の前向きな姿勢は実は現実から逃げるという後ろ向きなもので、ココロのどこかでは、自分に克てないと漠然と感じていた…
そんな彼女を昴は応援することに。理由?そんなもんないさ。一生懸命やってるおにゃのこの力になりたいのは当然だろ?


で、ここでやっとこさオープニング。