雑録

キミのとなりで恋してる!「知花涼香」シナリオの感想・レビュー

トナコイの涼香先輩シナリオは年上甘えさせ系長距離選手を攻略するキャラゲー
体験版では割と真面目に陸上ネタあったので期待していたんだが・・・あんまりない。
私生活全てを棄てるハングリー精神がなければ一番にはなれないのか?というテーマ。
父親への復讐をモチベーションとする不健全な少女を解放しましょう。
しかし先輩を攻略してもタイトル画面からはぶられプロフィール欄も埋まらないとは不憫な。

涼香√概要


  • 無月経になるまで自分を追い詰める
    • 知花涼香先輩はプロのマラソン選手を目指すアスリート。マラソンに人生の全てを捧げ、過酷な練習を自分に課しています。そのため、まだ成長期にもかかわらず身体はボロボロであり、月経も止まってしまっていました。速くなることにしか興味なく視野狭隘になってしまっていたのですね。そんな涼香先輩はペースメーカーとして有名な主人公くんに目をつけ専属マネージャーになってもらおうとするのですが、次第に主人公くんに惹かれていきます。シングルタスクで二つのことを同時に考えることの出来ない先輩は男を作って腑抜けになり愛欲に溺れていきます。しかし主人公くんへの恋心が今までの過酷なトレーニングに疑問を抱かせるきっかけとなり、一時の勝利のために身体に障碍を負わせるのは長いスパンで見たときに良くないということに気づくのでした。そこで主人公くんは涼香先輩に走る楽しさを教え、食生活と練習を管理し、二人三脚で頑張っていくことになるのです。涼香先輩は当初父親への復讐を走る動機としていました。しかし主人公くんのおかげで不純なモチベーションから解放され、本当に走ることへの喜びに目覚めたのです。



  • 父親との対立
    • では、涼香先輩が走るモチベーションとしていた父親への復讐とはどのようなものなのでしょうか?それはスポーツ記者の父親が、競技者としての母親の選手生命を絶ったことにありました。幼少の涼香先輩はある時、自分の母親が長距離選手であったことに気づきます。母は本当に長距離が好きであり、楽しそうに走るVTRがいくつも残されていたのです。そんな母親が選手を辞めなければならなくなったきっかけが、父親が書いた選手としての母親をバッシングする記事だったのです。この記事を読んだ涼香先輩は楽しく走る陸上を否定された気分になります。父親に自分の存在を認めさせ、母親は間違っていなかったことを証明するために涼香先輩は金メダルを狙う決意をします。こうして過酷なトレーニングを自分に課するようになったのです。・・・まぁ結局は、対話不足で思春期の先輩が勝手に思い込んで暴走していただけでしたが・・・。主人公くんに諭され父親から逃げるのではなく、きちんと向き合うことを決意した涼香先輩は自分の気持ちを言葉で表現します。何も言わずに分かって欲しいと駄々をこねる子どもからは脱却です。こうして父と向き合ったことにより、父は悪意でバッシング記事を書いたのではなく、母の身体がボロボロになっていたことを心配して競技を辞めさせるために書いたのであったことが判明します。プロ選手を終えても人生は続いていくのであり、プロを辞めたからといってその競技から離れるわけでもありません。全てをなげうった無茶な練習は歪んだものであり、きちんとした管理的なトレーニングをして楽しんで走りましょう。主人公くんに支えられ父と和解できた先輩は、適切な練習メニューを組んで、月経も始まったのでした。