雑録

サノバウィッチ「因幡めぐるシナリオ」の感想・レビュー

めぐるシナリオはきゃんきゃんやかましい系めんどくさいかわいい後輩を愛でるキャラゲー
リア充幻想やスクールカーストを描くかと思いきや親友蒸発事件へとシフトチェンジ。
「身の回りの人間のことを忘れていく」という逆『ONE』展開となるもあっけなく解決。
物語の後半は主人公くんとのフラグ構築に重点が置かれますが、ちょっと蛇足気味。

因幡めぐるシナリオの概要


  • 因幡めぐるの自責の念
    • 因幡めぐるは高校デビューの際にビッチになった元地味子。人見知りで引っ込み思案なものの内弁慶であり仲良くなるときゃんきゃんやかましい姿を見せてくれます。『みずいろ』でいうところのやかま進藤のような感じでしょうか?めぐるは年度初めにインフルエンザに感染したためグループ形成に参入できなかったとか言い訳しているものの、本当はトモダチできない属性です。当初は高校における人間関係の形成の難しさなどを描くのかと予想されましたが、リア充幻想やスクールカーストなどの普遍的テーマの方向には行かず、トモダチ失踪事件という特殊事例が扱われることになりました。めぐるは中学時代にマブダチがいたのですが、唯一心を許していた親友はある日突然自分の前から姿を消してしまったのです。めぐるはこのことをずっと気に病んでおり、もしかすると自分の存在が重荷になっていたのではないかと自責の念に駆られていたのです。故に高校に進学しても相手に一歩踏み込めず、表面的な関係に始終していたのですね。主人公くんはめぐるの為にトモダチ蒸発事件を解決することを試みます。



  • トモダチ失踪事件は逆『ONE』
    • 失踪事件はオカ研部の力によりあっさりと解決していくことになります。なんとめぐるは今でこそ健康であるものの、中学時代は病に侵されていたことが判明します。そこでめぐるの親友であったちーちゃんはめぐるの病を治すために契約し、魔法少女となったのでした。しかし契約の代償は「身の回りの人間のことを忘れていく」というものであり、逆ONE展開が発動(※ONEという作品では主人公の存在が周囲の人物たちに忘れられていく)。ついにはめぐるの事すら忘れ去ってしまったちーちゃんですが、それでも確かに大切な人がいて、その人の為に頑張り通したいと欠片集めを完遂。見事、めぐるの病は完治したのでした。その後ちーちゃんの両親は周囲の人たちを忘れてしまった娘のことを慮って、誰にも気づかれないように新天地へ引っ越し蒸発してしまったとのこと。めぐるはこの事実を知って衝撃を受けます。多くのプレイヤーさんは今度はめぐるが魔法少女になりちーちゃんの記憶を取り戻す展開になるのでは!?と思ったことでしょう。しかし魔法少女展開にはならず、めぐるが自責の念から解放されたにとどまります。ちーちゃんの想いはめぐるの中に生きているんだ!今のめぐるがいるのはちーちゃんのおかげ!!ちーちゃんがいたからこそ、このままじゃダメと立ち上がれたんだ!!!と自分を肯定して前向きになったのでした。



  • 主人公くんが奥手な理由
    • トモダチ失踪事件を解決してからフラグ成立までが結構長く、フラグ成立後から肉体関係を持つまでも結構長い。その理由は主人公くんが奥手であり、たびたび「俺何かが〜」モードになってしまうから。そのつどオカ研メンバーが手助けをしてくれるので、二人の関係はオカ研全体に筒抜けであり、まるでオカ研全体が生み出したカップルのようと作中で評されています。主人公くんがめぐるを抱くためには、自分の異能と向き合わなければならず、この異能問題を解決していくことが後半戦のテーマとなります。主人公くんは自分の異能により相手の感情を匂いで感じ取れるので、めぐるとの関係においても上手く立ち回るために異能を使っていきます。しかし、異能を使うことで好感度蓄積することに対して次第に引け目に感じるようになっていったのです。こうして好感度マックス状態にもかかわらず主人公くんはめぐるを抱く決意をすることができず、めぐるはめぐるで乙女ゲー思考満載で自分からは言い出せないのに主人公くんから抱かれることを待ち望んでいたのでした。主人公くんは自分の異能を受け容れるため、異能継承のルーツを辿ることになり、かつて魔法少女であった母親の形跡を訪ねます。そこで母は父を愛するために異能を持ったことを知るのです。同様に主人公くんもまた自分の異能はめぐるを愛するためにあったのだと結論づけることが出来ました。こうして異能を受け容れることができた主人公くんはめぐるを抱くことができ、自分の弱さをさらけだす強さを得たのでした。めぐるに異能をもった悩みやそれを肯定できたことなどを話すと主人公くんの心の欠片は具現化し、めぐるに手渡されハッピーエンドを迎えます。