雑録

ゾンビランドサガリベンジ 第11話「たとえば君がいるだけで SAGA」の感想・レビュー

豪雨災害ボランティアを通してゾンビが真のアイドルとして受容される話。
マスコミに嗅ぎ付けられゾンビであることがバレてしまったフランシュシュたち。
前回幸太郎さんは死者を私利私欲のために弄ぶネクロマンサーとして糾弾された。
しかしマスコミは自発的に被災地でアイドル活動をする姿を見て考えを改める。
被災者たちの前でゾンビバレし万事休すとなるが子どもたちの声援は止まなかった。
彼女たちはこれまでの活動を通してフランシュシュとして承認されていたのであった!

「歌と踊り」による始原的感情の発露と業報輪廻

f:id:r20115:20210618105223j:plainf:id:r20115:20210618105229j:plain

  • 歌と踊りは本来人を元気づけて生きる気力を与えるものであるという
    • 豪雨災害により幸太郎さんとはぐれ難民となってしまったフランシュシュたち。避難所となった某大型ショッピングモールに身を寄せることになり、自ずから避難所の運営を手伝うようになります。危機や困難に陥ってはじめて原初の気持ちを実感するというもの。災害に怯える子どもたちが家に帰りたいと駄々を捏ねはじめるのを見たフランシュシュたちは、歌と踊りを披露することになります。これにより子どもたちはハッピーな気分になり、避難所の鬱屈した空気は一掃され、フランシュシュという存在が避難民たちの心の拠り所なっていくのです。知名度とか売り上げとかでアイドルするのではなく、そもそも歌と踊りは感情の発露であった!ということでフランシュシュたちのどんな境遇においてもアイドル活動を行うという姿勢が人々の心を打ちます。彼女たちにとってその行動は特別なものではなく自然なものだったのですが、そこへマスコミが登場(幸太郎さんを私利私欲のプロデューサーとなじったあのマスコミですよ)。しかしここでマスコミが見た者は資本主義的な利潤追求とはかけ離れた少女たちの思いやり溢れる姿だったのです。時には方向性を間違え、ブットンだギャグ的展開になりますが、フランシュシュにシンパシーを感じていくこととなります。

 

f:id:r20115:20210618105155j:plainf:id:r20115:20210618105200j:plain

  • 「Never ending saga」(歌 巽 幸太郎)
    • 一方で幸太郎さんタイム。徐福さんとともに水没していた幸太郎さんは救助されるとフランシュシュを探し回ります。ここでまさかの幸太郎さんの挿入歌が流されるという熱い展開。サキの元ライバルである競艇選手の手助けも経て、ようやくたどり着いたのは、フランシュシュがゾンビバレを衆目に晒してしまったまさにその時でした。フランシュシュたちは幸太郎さんがいなくて特殊メイクをすることができませんでした。化粧がポロポロと零れ落ちるなか、伝統芸能のお面を作って隠そうということになったのですが、ステージでジャンプしたら砕け散ってしまったのです。万事休す!フランシュシュたちのアイドル人生はここで終わってしまうのか!!!となったところで子どもたちからの声援が入ります。そういえば1期でフランシュシュの最初の路上ライブを助けたのも子どもの声援でしたね・・・。ゾンビたちはゾンビバレしてもゾンビとして排斥されるのではなく、フランシュシュとして受容されたのでした。これには今まで地道にボランティア活動をしてきたという背景があり、まさに業報輪廻(ゾンビだけに)。これまでの被災地での活動の取材を通して、ゾンビバレしても1ミリもダメージを受けないフランシュシュを見たマスコミは、幸太郎さんが私利私欲のために死者を弄んでいるという考えを改めることとなったのでした。マスコミが感動している中、ニョッキリと幸太郎さん登場。被災地でファンと共に歌って踊る姿を、真のアイドルの姿だと説き、協力を仰いだのでした。

 

f:id:r20115:20210618105108j:plainf:id:r20115:20210618105113j:plainf:id:r20115:20210618105118j:plain
f:id:r20115:20210618105123j:plainf:id:r20115:20210618105129j:plainf:id:r20115:20210618105135j:plain

  • 幸太郎さんとアイドルたちの関係
    • 最終場面でフランシュシュたちと幸太郎さんがついに合流。ゾンビたちが幸太郎さんに悪態をつくという愛情表現を行うところはホッコリします。そして被災した状況だからこそリベンジライブが必要なのだと説きながら、幸太郎さんの手により特殊メイクが施されていきます。ここでアゴクイされながら全員(山田たえ以外)が頬を染めているのもステキな演出です。ラストは幸太郎さんとさくらのやり取りで締められます。高校時代にさくらによって救われた幸太郎さん。さくらの死の及んでアイドルを目指していたという未練を何とかして叶えたいと思った幸太郎さん。ネクロマンシーに手を染めることとなった幸太郎さん。そんな幸太郎さんがさくらからアイドルにしてくれた感謝とお礼を受ける所は作品全体のクライマックスとなっているといっても過言ではないでしょう。問題となるのは、今回の冒頭で伏線が張られたさくらの眩暈でしょうか。館が流されているから感じた眩暈なのか、それとも本当に死体に何か起こっているのか。幸太郎さんが焦っていた理由としてゾンビのタイムリミットが挙げられていた為、これらが最終回でどう作用するのか気になるところです。果たして駅前不動産ライブのリベンジは成功するのか、ゾンビたちは永遠になれるのか、期待が高まります。

f:id:r20115:20210618105140j:plainf:id:r20115:20210618105217j:plain


f:id:r20115:20210618111808j:plainf:id:r20115:20210618105211j:plain

f:id:r20115:20210618105145j:plainf:id:r20115:20210618105150j:plain

ゾンビランドガリベンジ 感想一覧