雑録

ゾンビランドサガ関連

ゾンビランドサガリベンジ 第12話「史上最大のSAGA」の感想・レビュー

災害復興支援のチャリティーライブという形で駅前不動産ライブのリベンジに成功する話。 1期最終部で闇落ちしていたさくらが2期最期で不安なメンバーに発破かける所は感慨深い。 佐賀県知事に直訴する幸太郎さんを始めとし、佐賀県民の心が一つになっていく…

ゾンビランドサガリベンジ 第11話「たとえば君がいるだけで SAGA」の感想・レビュー

豪雨災害ボランティアを通してゾンビが真のアイドルとして受容される話。 マスコミに嗅ぎ付けられゾンビであることがバレてしまったフランシュシュたち。 前回幸太郎さんは死者を私利私欲のために弄ぶネクロマンサーとして糾弾された。 しかしマスコミは自発…

ゾンビランドサガリベンジ 第10話「ゾンビたちはどう復讐するのか SAGA」の感想・レビュー

ギャグで流された1期から2期までの爆死事件の経緯を改めて扱いゾンビらの自立を描いた話。 この演出が巧みで2期で復活を遂げたからこそ過去が生き、そして最終話へと繋がっていく。 リベンジとはまさに爆死に終わった駅前不動産スタジアムでのライブへの再挑…

ゾンビランドサガリベンジ 第9話「佐賀事変 其の弐」の感想・レビュー

佐賀県復県運動の立役者がゆうぎりだった!という話。 人の世はいつも「人」という徐福の言う通り政府とコネを持つゆうぎり大活躍。 諦めかける青年運動家の頬をビンタして奮起させ、人斬り暗殺者をも打ち倒す。 さらには落とし前として斬首の対象となり、武…

ゾンビランドサガリベンジ 第8話「佐賀事変 其の壱」の感想・レビュー

存在自体が風前の灯火である佐賀を救うためのアニメがゾンサガだが、佐賀県は一度滅亡していた。 死んでからまた復活したということで佐賀県自身がゾンビだったのである!という説。 佐賀の乱後、明治新政府により佐賀県は解体された後、長崎県に併合されて…

ゾンビランドサガリベンジ 第7話「マイマイレボリューション SAGA」の感想・レビュー

新メンバー加入!かと思いきや文化祭でお披露目デビューして瞬時に引退したゲストキャラだった。 第三者の視点を通してさくらがアイドルを目指した初志を振り返り幸太郎さんの想いを掘り下げた。 努力が悉く裏切られ、冷めていた高校時代のさくらが情熱を取…

ゾンビランドサガリベンジ 第6話「ウォーキング・ベット SAGA」の感想・レビュー

日常系ギャグ回。山田たえの生活に焦点を充てつつ伏線をちりばめ競艇で借金を完済する。 さくらの源家とたえの山田家の墓が隣同士に並んでいる……意味深。 1期で登場したサキの親友の娘万梨阿たちの友情が描かれホッコリする場面もある。 だがギャグ回の裏で…

ゾンビランドサガリベンジ 第5話「リトルパラッポ SAGA」の感想・レビュー

永遠の子役に囚われるまさおと子役時代は仮初にすぎないコナン君の二項対立。 まさおは第二次成長期の片鱗を見て、成長することに忌避感を抱いて死んだ。 ゾンビとなったことで子役であり続けなけらばならない業を背負うことになった。 そんな中、子役時代は…

ゾンビランドサガリベンジ 第4話「純情エレクトリック SAGA」の感想・レビュー

純愛回後編。純子が既成の価値観を打破し自ら愛を求める話。 今回も幸太郎さんのムチャブリ説教が光り純子の思想を転向させる。 アコースティックからエレクトリックへとギターを持ち換えるのだ! 愛にとってフランシュシュが相応しいかどうかではなく自分が…

ゾンビランドサガリベンジ 第3話「愛と青春のアコースティック SAGA」の感想・レビュー

純愛回。愛に依存するメンバーたちの自立心を養うため劇薬を投与する話。 順調に仕事が入るようになったフランシュシュたちは向上心故に愛に助言を求めまくる。 それが歪な関係になることを危惧した幸太郎さんは愛をソロ活動へと転向させる。 愛が生前に所属…

ゾンビランドサガリベンジ 第2話「ぶっ壊れかけのレディオ SAGA」の感想・レビュー

サキ回。活動再開の第一歩として祐徳稲荷神社のテレビリポートをする話。 1990年代、社会からはみ出し燻っていたサキを救ったのは深夜ラジオだった。 ラジオから教わった佐賀県の郷土愛によってサキは孤独から救われたのだ。 だが1990年代も最早30年前。年齢…

ゾンビランドサガリベンジ 第1話「グッドモーニングリターンズSAGA」の感想・レビュー

功を焦って莫大な借金を作り酒浸りになってしまった幸太郎さんを復活させる話。 幸太郎さんが焦っていたのはフランシュシュには時間制限があったから。 そのため身の丈に合わない規模でのライブイベントを強引に開催し失敗したのであった。 失意にくれる幸太…

墓多 DYING ZOMBIES -体験版-の感想・レビュー

修羅の国である博多でゾンビがアイドルを目指す話。 ゾンサガの脚本はその構造がノベルゲーと類似している点が指摘されていましたが…… しかしながらゾンサガをモロにオマージュした作品が製作されるとは!? キャラ造形もさくら・純子・サキ・まさおの4人の…

新聞報道に見る『ゾンビランドサガ』 ~作品誕生の経緯と佐賀県振興への貢献~

コンテンツツーリズム論用のメモ 作品誕生の経緯 ゾンビランドサガを産んだ3人 渡辺耕一(「Cygames」代表取締役)×竹中信広(『ゾンビランドサガ』プロデューサー)×近野顕次(佐賀県広報広聴課係長) 「Cygames」の渡辺耕一代表取締役が「佐賀を舞…

『ゾンビランドサガ』作品と舞台地の魅力

コンテンツツーリズム論の課題で書いた文章 (0)はじめに 『ゾンビランドサガ』はゾンビがアイドルになって存在自体が風前の灯である佐賀県を救うテレビアニメーションである。2018年10月~12月にかけて放映された。以下では(1)『ゾンビランドサガ』における…

『ゾンビランドサガ』全12話の感想・レビュー

ゾンビが御当地アイドルになって佐賀県を振興するアニメ。それが『ゾンビランドサガ』! 佐賀県は「地域ブランド調査」で我らが群馬県と共に最下位周辺をうろつく関係でした。 茨城・群馬・佐賀で広報担当が鼎談する程の仲でしたが・・・ (cf.茨城がまさか…