雑録

【感想】ひぐらしのなく頃に 卒 第6話「梨花の心を折るために仲間たちに梨花を殺害させていく沙都子」【レビュー】

今回のループでは魅音の恋心を利用してまんまと梨花を殺させた沙都子が描かれた。
沙都子の陰謀を知らず梨花は掌で踊らされているわけですが思い通りに行かず本音を暴露。
圭一に対してマウント取っている所をバッチリ魅音に見られておりそれが死因となるのであった。
梨花がドヤ顔で本性さらしている姿は御三家の陰謀に梨花が関わっていると魅音に思わせたのだ。
こうして梨花は縊り殺され汲み取り式便所の糞尿の中に落とされるのであった。
今回の見どころは梨花の確実な死を確かめるために魅音と対峙する沙都子のやりとり。

梨花の心を折るために仲間を嵌めた沙都子がどうしっぺ返しを食らうのかが楽しみ

f:id:r20115:20210730095659j:plainf:id:r20115:20210730095704j:plain

  • 魅音√終了 圭一への思いを雛見沢症候群で狂わされた末路
    • 安易な予想だとひぐらし卒はループ合戦の結果、沙都子と梨花が相互依存から脱却して高校進学時にそれぞれ別の道を選んでエンドとかになりそう。
    • 梨花の心を折るために幾重ものループを繰り返し、様々な手段で梨花を殺していく沙都子。周回するごとにより残忍な殺害方法が求められ、ついてに仲間たちを雛見沢症候群に感染させ梨花を殺させることになります。レナに続いて魅音も沙都子の毒牙にかかり、圭一への淡い恋心を利用されてしまいます。全てを村の因襲のせいに帰結させた魅音は、御三家の陰謀を止める為と称して、祖母、村長を次々と殺害。そして梨花に対しても疑いのまなざしを向けます。ここで重要だと思われるのが、この時点では魅音はまだ梨花を殺す意志が低かったところ。決め手となるのは梨花自身にあったのです。梨花は圭一の相談にのるフリをして、圭一が梨花の思い通りの行動をしていないと知るや否や、世界線を放棄して本性を曝け出し、圭一を罵倒してしまいます。本人としては、次のループに行くからこの世界線はどうでもいいと思ったのかもしれません。しかし、この本性を曝け出した梨花はバッチリと魅音に見られており、これが魅音梨花も御三家の陰謀に関わっていると思わせた直接的契機だったのです。世界線を放棄しなければまだ未来があっただろうに……。結局、梨花魅音の手で縊り殺され、ドッスン便所に落とされたのでした。
    • 梨花が死んだ後に死ななければ同じ時間軸にループできない沙都子は、梨花が死んだという確信を望みます。そんなわけで魅音と対峙。魅音の発言から梨花を殺したという確証を得ると銃器を振りかざして喚き散らす魅音をサクッと銃殺。鉄平改心バグを利用して入手していた銃器の伏線を回収しながら、沙都子も頭部を撃ち抜き次のループへ向かうのでした。仲間たちが沙都子の手によって梨花を殺させられていることを知ったらどうなるんでしょうね?OPで仲間たちから蔑まれている様子は、このことを表しているのかもしれません。

f:id:r20115:20210730095714j:plainf:id:r20115:20210730095719j:plain

f:id:r20115:20210730095724j:plainf:id:r20115:20210730095709j:plain