雑録

ひぐらしシリーズ

ひぐらしのなく頃に 卒 第15話「相互依存状態であったさとりかが自立し別離エンドを迎える」の感想・レビュー

令和版ひぐらしは壮大なループが展開されましたが結局のところ沙都子と梨花が自立する話でした。 沙都子には梨花以外にも鉄平や詩音、そして悟史がいるので孤独じゃないよというラスト。 ひぐらし業とひぐらし卒を合わせて、これぞホントの卒業エンドという…

ひぐらしのなく頃に 卒 第14話「記憶継承によりループしてもリセットできなくなったため殺し合うことしかできない」の感想・レビュー

今までのループは梨花が死亡時の記憶を継承できない事から沙都子の殺人が成り立っていました。 しかしながら梨花が記憶継承能力を得たことにより前提は覆りループは無意味な物となります。 こうして視聴者は二人がループしながら怨念を募らせながら殺し合う…

ひぐらしのなく頃に 卒 第13話「羽生の奇跡により梨花の記憶継承が発動。沙都子の目論見を看破する」の感想・レビュー

ついに梨花の心が折れ雛見沢で生涯過ごす事を誓う。沙都子大勝利でハッピーエンド。 だがそれはかつて梨花が自ら掴み取った世界線ではない。 エウアに束縛され紛い物の世界を見せられし羽生は奇跡の力をこいねがう。 すると記憶継承が発動し、梨花は沙都子が…

ひぐらしのなく頃に 卒 第12話「ループ殺しの剣の破片・沙都子の頬の傷・羽生VSエウア」の感想・レビュー

今回のお話では梨花が沙都子を倒すための要素が3つ提示されました。 一つ目が梨花が沙都子を殺す手段を手に入れたこと。それがループする者を殺せる剣の破片。 二つ目がループ殺しの剣で沙都子が若干の傷を負ったこと。このダメージが伏線になりそう。 三つ…

ひぐらしのなく頃に 卒 第11話「主体的意志により奇跡は起こせるという梨花の信念を打ち砕く沙都子」の感想・レビュー

本作は梨花と沙都子の根競べともいえ、梨花の希望を圧し折り雛見沢エンドを迎えるためにあります。 原作ひぐらしは諦念に駆られていた梨花に希望をもたせるものでしたが業&卒はその逆がテーマ。 梨花に諦念をもたらすため、数々の絶望を叩きつけていく様を…

ひぐらしのなく頃に 卒 第10話「良心の呵責に耐えかねた沙都子の自我が分裂す」の感想・レビュー

鉄平改心バグにより飢えていた家族の愛情が満たされていった沙都子の話。 家族愛は沙都子の善性を刺激し無限ループで殺人を犯しまくる人生にNOを突きつける。 良心の呵責に耐えかねた沙都子はついに2人に分裂してしまい形而上学的世界で抗争。 純粋に梨花が…

ひぐらしのなく頃に 卒 第9話「大石雛見沢症候群L5発症」の感想・レビュー

雛見沢の村全体からいじめを受けていると詐称する沙都子を助けようとする鉄平。 その家族愛は鉄平の人生観を変え、ついには馴染みの警察大石にまで頭を下げます。 鉄平の意図しない行動力に心打たれる沙都子……と、いうわけにはまぁなるわけないよな。 鉄平が…

ひぐらしのなく頃に 卒 第8話「沙都子の発狂と嘔吐は意図的なものではなく異能の暴走か!?」の感想・レビュー

沙都子がついにループ能力を暴走させ始めた(かもしれない)という話。 梨花の心を折るために沙都子がループしまくってる姿を延々と見せられる我らが視聴者。 同じ物語を視点変えて読まされるだけでは視聴者を留めて置けないと判断したスタッフはテコ入れ。 沙…

【感想】ひぐらしのなく頃に 卒 第7話「梨花の心を弱らせ思想誘導を行い依存症にした後で取り上げる沙都子」【レビュー】

沙都子の策略により順調に心が弱っていく梨花に沙都子は思想誘導を実行。 雛見沢を捨てることは悪だという思考を植え付けていきます。 さらには梨花の精神的拠り所として依存対象になることにも成功します。 しかしヤクのバイヤーのようにそれは甘い罠。依存…

【感想】ひぐらしのなく頃に 卒 第6話「梨花の心を折るために仲間たちに梨花を殺害させていく沙都子」【レビュー】

今回のループでは魅音の恋心を利用してまんまと梨花を殺させた沙都子が描かれた。 沙都子の陰謀を知らず梨花は掌で踊らされているわけですが思い通りに行かず本音を暴露。 圭一に対してマウント取っている所をバッチリ魅音に見られておりそれが死因となるの…

【感想】ひぐらしのなく頃に 卒 第5話「魅音が雛見沢症候群に罹患すると園崎家抹殺エンド」【レビュー】

圭一に想いを寄せる魅音だが詩音にntrてしまい全てを園崎家の因襲のせいにする話。 世界の収束力によって鷹野問題は解決した筈なのに宝物殿に忍び込んでたのはなんでなんだぜ? 一応見どころとしては普段はオジサンぶってる魅音が実は内包している乙女心。 …

ひぐらしのなく頃に 卒 第4話「転生沙都子、魅音を貶める愉悦に目覚める」の感想・レビュー

今回から魅音√の種明かし編。鉄平改心バグを利用した銃器購入とスキル習得が描かれる。 ループで資産形成と言ったら万馬券による大金ゲットは定石だが未成年では競馬場に入れない。 そのため鉄平を利用して勝ち確万馬券を手にするとヤクザとの繋がりを使って…

【感想】ひぐらしのなく頃に 卒 第3話「沙都子と梨花以外全部マペット」

梨花がどんなに惨劇を回避しようとしても沙都子の掌の上で転がされる様を眺める話。 ふたりの百合的関係性のためだけに他のキャラの悲劇がスナック感覚で消費されていく。 ひぐらし(ゼロ年代)が単なる沙都子の復讐の道具となってしまっているのがとても悲し…

ひぐらしのなく頃に 卒 第2話「世界の収束力<雛見沢症候群」の感想・レビュー

沙都子に注射され雛見沢症候群を発症したレナが父親をカモにした売女を斬殺した話。 両親の離婚時に何もできなかったレナは今度こそ家庭崩壊を防ごうと決意。 殺意を滾らせ殺害計画を練るべくホームセンターで鉈やノコギリを買い揃えていきます。 一方周回に…

ひぐらしのなく頃に 卒 第1話「雛見沢症候群を起こす主体が鷹野から沙都子に変わる」の感想・レビュー

ひぐらし「業」は沙都子がクレイジーサイコレズとなってしまう過程が描かれました。 ひぐらし「卒」では沙都子が鷹野に成り代わり雛見沢症候群を任意に発生させ惨劇を引き起こします。 最初の犠牲者となってしまうのはレナ。母の不倫で父子家庭となり父は商…

ひぐらしのなく頃に業 第24話(終)「ひぐらし業のスタッフはなぜ沙都子を主人公にしてクレイジーサイコレズを描こうとしたのだろうか?」の感想・レビュー

原作版ひぐらしにおいて物語を動かすために用意されていた装置が全て「業」で解体された話。 ひぐらし業の作品史上の意義としては、24話分かけて原作解体をやってのけたということ。 そして原作を焼き尽くして更地となった土地にキャラだけ同じで新たな作品…

ひぐらしのなく頃に業 第23話「イキナリお涙頂戴の家族モノになったぞ」の感想・レビュー

鉄平改心バグ。 梨花への報復のためにループを繰り返す沙都子だが記憶継承の余波が周辺人物にも発現。 なんと沙都子に近しい人物たちが並行世界の記憶を保持するようになったのである。 近しい人ほど影響が出るという事で沙都子の叔父である北条鉄平に焦点が…

ひぐらしのなく頃に業 第22話「クレイジーサイコレズ~沙都子と梨花の百合セカイ系~」の感想・レビュー

祭囃し編を追体験し梨花の脱雛見沢願望が100年ループの結果だったことを知った沙都子。 梨花の強固な脱雛見沢願望を転換させるにはもう1度「昭和58年6月」して心を圧し折るしかない。 こうして因果塗り替え合戦が発動し梨花がどんなに破滅フラグを回避しても…

ひぐらしのなく頃に業 第21話「沙都子、梨花を巻き込んで自殺する」の感想・レビュー

友達を信じて本心を打ち明けるも中学時の口約束など高校では反故にされたので無理心中した話。 2周目の沙都子はお嬢様学校の懸念を打ち明けそこで交わした救済の約束を信じることにします。 しかし梨花を信じて進学した結果、沙都子は無残にも裏切られ同じ過…

ひぐらしのなく頃に業 第20話「独房にぶち込まれた沙都子は梨花が自分を売ったと思い込み自分の選択肢を悔恨しやり直しを望んだ」の感想・レビュー

高校デヴューに成功した梨花にとって田舎臭い故郷は汚点にしか過ぎなかった。 沙都子は変わってしまった梨花に昔ながらの方法で接するがそれは逆効果であった。 罰として独房に入れられた沙都子は梨花が自分を売ったのだと思い込んだのである。 それでも沙都…

ひぐらしのなく頃に業 第19話「沙都子は梨花がお嬢様学校に入るための踏み台に過ぎなかった」の感想・レビュー

梨花の熱意に絆された沙都子は一緒に受験勉強に励み二人ともお嬢様学校に合格します。 しかし進学に伴う環境の変化は二人の関係性を破壊してしまったのです。 お嬢様の生活に適応し新しい友人とハイソな毎日を楽しむ梨花に対し…… 早くも勉強についていけなく…

ひぐらしのなく頃に業 第18話「祭囃し編のその後の世界」の感想・レビュー

ひぐらし業は祭囃し編でハッピーエンドを迎えた筈なのに再びループへ陥ったという構造でした。 そして正解の選択肢を知っておりそれを辿っている筈なのに何故か抜け出せませんでした。 その原因は梨花以外に沙都子もループしており梨花の解脱を邪魔していた…

ひぐらしのなく頃に業 第17話「沙都子もまたループする存在」の感想・レビュー

これまでの梨花は何度ループして世界をやり直しても破滅エンドから逃れることはできませんでした。 その理由はループから脱却した世界線で梨花が雛見沢を捨て都会へ出て行ったからでした。 梨花が雛見沢を受け入れたことにより呪縛から解き放たれ鷹野とのラ…

ひぐらしのなく頃に業 第16話「これまでのひぐらし業は古出梨花が雛見沢を捨てようとしたことへの罰であったという話」の感想・レビュー

ひぐらし業の世界観では惨劇を乗り越えた梨花が雛見沢を捨て垢抜けた都会の高校に進学した。 しかしそれが全ての始まりで雛見沢を捨てたが故に再びループ地獄へと陥ることになる。 古出梨花は雛見沢を捨てる為にこのループから脱却したいと思っていた。 しか…

ひぐらしのなく頃に業 第15話「梨花ちゃまの5回の賭けが雑に消化されていく」の感想・レビュー

これは酷い。梨花ちゃまが決意した5回の賭けを消化するためだけの回であった。 大石と圭一が仲良くなり赤坂も召喚されついに破滅フラグを回避できるかと思いきや…… まだレナ√をクリアしていなかったのであっという間にデッドエンド×4。 次々に梨花ちゃまが…

ひぐらしのなく頃に業 第14話「100年ループし続けている古出梨花の絶望と最後の5回の賭け」の感想・レビュー

破滅フラグを回避しても強制バッドエンドになるので絶望し、自死を選びかける話。 沙都子√は全てがうまくいったと思いきや突如拳銃乱射事件が起こりデッドエンド。 圭一を励まし魅音に人形を渡し沙都子を救い破滅フラグは全て潰したのに何故なのか。 ついに…

ひぐらしのなく頃に業 第13話「沙都子√超展開強制バッドエンド」の感想・レビュー

一向に動かない児相に県議・弁護士・市長の力で圧力をかけ保護に成功する話。 耐えることこそが強さだと思い込んでいた沙都子は考えを改め保護を求める。 これにより虐待をしていた北条鉄平は御用となり沙都子は救われたのであった。 運命を変える男圭一は雛…

ひぐらしのなく頃に業 第12話「口先の魔術師前原圭一の真骨頂」の感想・レビュー

左派系社会運動をしていたら村を牛耳る保守勢力に圧力をかけられる話。 北条沙都子を救うため児童相談所に対して集団で陳情を繰り返す毎日。 しかし役所と補助金でズブズブの町会に手が回り圭一たちの運動を邪魔しに来る。 圭一は一発演説をぶって町会を味方…

ひぐらしのなく頃に業 第11話「運命を覆す圭一の行動に感化され、諦観していた梨花が運命に抗う!」の感想・レビュー

沙都子を救うために北条鉄平を殺害してしまう世界線を回避する話。 繰り返されるループに疲弊し運命に抗うことを諦観する梨花を変えるのは前原圭一。 殺害という違法な手段をとるのではなく正攻法で児童相談所に押しかけます。 電話で無理なら仲間5人で現地…

ひぐらしのなく頃に業 第10話「虐待のPTSDが発動!沙都子発狂す」の感想・レビュー

虐待など無いかのように振る舞っていた沙都子がふとしたきっかけで発狂する話。 頭を撫でようとしたらPTSDが発動し大根をリバースする沙都子の描写をとくと見よ! 狂気を振りまく沙都子の異常な様子が演出されています。声優さんの演技もすごい。 児童相談所…