雑録

女教師

海と雪のシアンブルー「松木衣良」シナリオの感想・レビュー

堅物で近寄りがたく糞真面目で生徒と馴れ合わない世襲系女教師の話。 教員一家の中で育ち姉も自分も教員となったが家族に対して劣等感を抱いていた。 そんな女教師のコンプレックスを解消し、生徒との壁を取り払うのが主人公の役目。 だが帰省描写は丸々カッ…

「教育は生徒に常識やモラルといった既成の価値観を内面化させ社会秩序の維持を図る事務的なビジネスのことでしょう?」というようなことを『素晴らしき日々』は言った。

皆さまは『素晴らしき日々』に登場した世襲により教員となった女性教諭を覚えているでしょうか。イジメ問題を対処できず、精神崩壊し、後に報復を食らうことになる人物のことですよ。当該教員は自分に問題が起こって初めて自己解体の危機に陥ります。自己の…

精神崩壊して辞職した元教員がトラウマを克服して再就職するはなし(『見上げてごらん、夜空の星を FINE DAYS』美晴ルートの感想・レビュー)

教員精神崩壊シリーズ。挫折系シナリオは大好物です。私の黒歴史を刺激してやみません。 教員というものは真面目な人がなるとバーンアウトしやすい職業です。特に最近は使い捨ての消耗品ですし。 しかし一度挫折し辞職したからといってもう二度と立ち上がれ…

天色アイルノーツ「ティア・ホーエンヴェルフェン」シナリオの感想・レビュー

天色アイルノーツのティア先生√は「異類婚姻譚」。 伝統的な純血種との婚姻以外は認められない古い伝統に背きましょう。 婚期を逃した耳年増なおぼこ娘が教員として抱えるコンプレックスを解消せよ。 いい年して処女であることを気にするキャラ表現がウリ。 …

この青空に約束を―「桐島沙衣里シナリオ」の感想・レビュー

大学生気分の抜けない若手教師が成長する過程を描いたおはなし。 桐島沙衣里のキャラクター表現とフラグ生成過程。 桐島沙衣里こと「さえちゃん先生」は、孤島の田舎教師生活2年目。初めて担任を持たされ、寮長兼担任ということになったが、その実「教師」と…