教科教育

  • 文献・研究: 歴史教育-文献歴史教育-雑考
  • 授業用ネタ: センター国語受験世界史受験日本史巡検
  • レジュメセット: 日本史| 世界史( 欧米史| 欧州文化史| アジア史| アフリカ史 )| 倫理
  • 歴史学

  • 文献・研究: 歴史-文献満洲-文献満洲研究近現代北海道史海事
  • 講義録(人文系): 国史概説史料判読極東蘇聯史文献調査博物館学(断片)
  • 観光学

  • 講義録(観光系): Heritage Tourism/ Contents Tourism (A-partB-part)
  • 『北へ。』研究: 観光学における『北へ。』の位置づけWI個別√感想DD個別√感想
  • 【レポート】 コンテンツツーリズム「らぁめん城ヶ崎」
  • コンテンツ産業

  • 各種媒体: 文学映画animemangalight-novel
  • ノベルゲームの最前線: 全般/ 体験版/ 過去作50音順/ 2020発売月順/ 2020製品版/ 発売前予想
  • ノベルゲームの回顧と展望: 2019/ 2018/ 2017/ 2016/ 2015/ 2014/ 2013/ 2012/ 2011-2000
  • topic

  • 2020秋アニメ: ゴルカム/ おちフル/ ストパン/ ひぐらし/ まいてつ/ 神様/ しまむら
  • 【11月新作】 2020年11月新作ノベルゲーは何を買ったらいいですか!?
  • 『まいてつ Last Run!!』の「シナリオ」は本当に低評価だったのか?~その原因を探る~
  • 『ドーナドーナ いっしょにわるいことをしよう』の感想・レビュー


  • 遠藤周作『黄色い人』(新潮文庫) の感想

    キリスト教を裏切った二人の人物が主人公。
    カトリックの感覚に対する日本人の無感動な光が漂う目を代表する千葉。
    憐憫に駆られて情欲し司祭の立場でありながら女を犯した背教者デュラン。

    千葉がブロウ神父に送った手紙という方式で描かれ、その中途中途にデュランの日記が挿入される。日本人特有の汎神論的な宗教意識を代表するのが「無感動な光が漂っている目」。原罪を背負い、神を信じるか否かに生きていく西洋人に対し、神を知ることのない日本人の幸せ、罪の意識も死に対する苦しみにも無感動さが表現されている。背教者であるデュランだけが、白い手を汚すことによって黄色い人たちの魂の秘密を理解できたというわけさ。