雑録

Clover Day's「結橋泉」シナリオの感想・レビュー

Clover Day'sの泉シナリオは財閥お家騒動問題。
父親に棄てられ人生に苦労し人間不信と成った少女の力とならん。
シナリオは主に以下の二つに分かれる。
(1)父親に棄てられ男を愛することを怯える少女を救え
(2)財閥のお家騒動に立ち向かい父親と和解せよ
ディベート大会」を題材にしていたがもう少し深めれば味が出たと思う。

結橋泉のキャラクター表現とフラグ生成過程


  • (1)父親に棄てられ、男を愛することに怯える少女を救え
    • 結橋泉はバイト戦士で超絶かまってちゃんな女の子。主人公くんに素直になれず何かと突っかかってきては本音を暴露して去っていきます。泉は父親に棄てられた母子家庭であり、幼少時にぬくもりをくれて優しく接してくれた主人公くんに対して好感度MAXな状態なわけです。さらになんだかんだ言って自分をかまってくれる主人公くんの存在は泉にとって生きる希望でもあったのです。そして泉√では主人公くんが同じ職場(パン屋)でバイトをすることになり、苦楽を共にすることで、お互いに関係性をより深めていきます。ですが泉は自分が父親に棄てられたため男を信じることに躊躇してしまいます。主人公くんに想いを告げようとしてもトラウマにより告げることが出来ず、だからといって性欲を抑えることが出来ずに、主人公くんを思って寝具を濡らす日々が続きます。そんな一歩を踏み出せない泉に、幼なじみで親友のつばめが叱咤激励。お前が好きになった男は簡単に女を棄てるような人間なのかと!?これにより覚醒した泉は主人公くんとの関係を進めることが出来るようになったのです。


  • (2)財閥のお家騒動に立ち向かい父親と和解せよ
    • ノベルゲームのシナリオパターンとして「フラグ成立後に二人の絆で社会的問題に立ち向かう」手法が定式化していますが、泉シナリオではどんなイベントが待ち受けているのでしょうか?それは「財閥のお家騒動」でした。サブキャラの西園寺瑞穂さんは孤独で病弱な財閥の令嬢として設定されており、主人公くんたち幼なじみズから人間関係の喜びを教えられる役割を担っています。そんな瑞穂さんは実は生き別れの家族がおり、それが棄てられた泉とママンであったことが判明します。西園寺家は家族経営の血統主義であり、頭首が倒れた今、瑞穂さんがトップに立たなくてはならなくなったのです。ですが瑞穂さんも病弱でありとて財閥トップの重責を背負いきれません。ここで白羽の矢が立ったのが一度棄てられた泉だったのですね。
    • 棄てられて放置されてイキナリ必要とされるという駒の様な扱いに泉は絶望感を感じます。ですが全てを救うには泉が立ち上がり、自分で戦うしか道はないのです。主人公くんは、泉は父親のことを振り切ったと思っていましたが、ところがどっこい!泉は父親に愛されたかったのです。最終的にはディベート大会で「家族は愛し合うべきか否か」について泉が論じることで決着がつきます。主人公くんの暗躍により、泉は今まで自分を支援してきてくれた「あしながおじさん」が自分の父親であると知り、家族の愛情をひしひしと感じました。ディベートでも家族による無条件の自己肯定を唱えてたくさんの支持を取り付けて勝利します。こうして父親問題を受け入れることができた泉は、パパと和解して企業のトップに立つことを決意し、主人公くんもそれを支えることでハッピーエンドを迎えました。