雑録

ゆるキャン△SEASON2 第12話「伊豆キャン!!!バースデー!」の感想・レビュー

伊豆キャン2日目。犬しこの誕生日パーティーをする話。
原作改変の冒頭でアヤちゃんを持ってきたのは感動的な演出。
引っ越す前に寂しさを抱いていたなでしこの不安と誕生日会を対比させるのである。
(自転車を向き合わせて前輪を重ねるという描写による百合友情表現)
転校先で新しいことを始めてたくさんの友達ができたなでしこ。
誕生日には心のこもったパーティーまで開いてもらうのである。
翌日の朝日のシーンで先に登り切ったなでリンが家族の会話するのとかも好き。

冒頭にアヤちゃんを登場させることで過去と現在の対比が浮き彫りになる

f:id:r20115:20210326192820j:plainf:id:r20115:20210326192736j:plain

  • なでしこにたくさんの友達ができたことを示す感動的な演出
    • 原作でなでしこの転校への不安が描かれるのは、志摩リンとアヤちゃんがツーリングに行く時の回でした。志摩リンとなでしこの友情を垣間見たアヤちゃんが、転校先でもなでしこが友達を作って楽しそうにしている姿を見て、感慨深くり安心と一抹の寂しさを抱くのです。そのシーンも最高にエモい表現でしたが、アニメ版では原作改変。12話冒頭でイキナリなでしこの不安描写がなされます。自転車を向き合わせて前輪を重ね合わせることでなでしことアヤちゃんの深い友情を示すメタファーとしているのです。(『虹ヶ先』におけるスマホ重ねと言い次々に百合表現が生み出されていきます……)
    • この冒頭にアヤちゃんを登場させる演出は、なでしこの誕生日パーティーをより一層感動的なものにするエッセンスとなっているのです。転校先で新しいこととしてキャンプをはじめ、このキャンプを通してなでしこはたくさんの友達を作っていきました。そして今、なでしこはキャンプの夜にトモダチから盛大に誕生日パーティーを祝われるようにまでなっているのです。アヤちゃんが、なでしこならすぐにトモダチができると言ったように、転校前の不安を払拭する演出がなされています。なでしこと同じ誕生日で合同で一緒に祝われた犬山さんが、ここまでしっかり祝ってもらうとなんか照れてしまうなぁと顔をほころばせ、なでしこがだよねーと顔を見合わせるシーンとか本当にホッコリするシーンです。翌朝には朝日を見に行くことになるのですが、先に頂上までたどり着いたなでしこと志摩リンが家族の話をするのもそのなでリンっぷりを見せつけてくれます。坂道を上るシーンで犬山さんが竜の背中みたいとかいうのも好き。そんなわけで伊豆キャンが描かれていったわけですが、なんと来週もまだ放送するみたい…。!?ゆるキャン△SEASON2って2クールなの!?

f:id:r20115:20210326192744j:plainf:id:r20115:20210326192749j:plain

f:id:r20115:20210326192756j:plainf:id:r20115:20210326192803j:plain

f:id:r20115:20210326192809j:plainf:id:r20115:20210326192814j:plain

f:id:r20115:20210326192725j:plain