雑録

のんのんびより のんすとっぷ

のんのんびより のんすとっぷ 第12話「また桜が咲いた」の感想・レビュー

3月から4月にかけての別れと出会いが描かれる話。 越谷兄が卒業して出ていく代わりに新しくしおりが入学する。 結局越谷兄は台詞が一言も無いまま巣立って行ってしまった。 一方、駐在さん家のご息女しおりが新メンバーに加わる。 4期はまたサザエさん時空と…

のんのんびより のんすとっぷ 第11話「酔っぱらって思い出した」の感想・レビュー

各期に1回はある駄菓子屋れんちょん回。れんげの成長に感慨深くなる駄菓子屋。 3期では駄菓子屋がれんげの育児に嵌っている様子が描かれています。 かつてはおねむでぐずったれんげをあやして寝かしつけていた駄菓子屋ですが…… 成長後は逆に駄菓子屋がれんげ…

のんのんびより のんすとっぷ 第10話「寒くなったりあったかくなったりした」の感想・レビュー

駄菓子屋のアシストのおかげでれんげが友達とお別れの挨拶をきちんとできた話。 おそらく駄菓子屋が福袋を持ってこなかったら挨拶しに行けなかったよなぁと。 れんげとほのかの友情回を展開しながら駄菓子屋とれんげの関係性が押し出される。 れんげにお年玉…

のんのんびより のんすとっぷ 第9話「おいしいごはんを作った」の感想・レビュー

まさかの小鞠成長回。これまでの大人ぶって背伸びをして失敗するオチから脱却した。 イタチにビビった回はさておき、編み物回と料理回では汚名返上! 編み物回では自分の失敗を素直に認め、料理回では母親に教えを請うた。 (おそらく料理の前に母親が全部下…

のんのんびより のんすとっぷ 第8話「先輩はもうすぐ受験だった」の感想・レビュー

このあか百合回。このみの大学受験・卒業を前にしてあかねは別れを意識して感傷を抱いてしまう。 秋祭りを一緒に廻り別れ際に今までのお礼を言うと、このみはもう既に推薦で受かっていることが判明。 一安心したのも束の間、大学進学してしまえばいつまでも…

のんのんびより のんすとっぷ 第7話「ハラハラする秋だった」の感想・レビュー

夏海とれんげの知性に焦点を当てた話。授業参観・幼児の疑問・雑学が試される。 授業参観では教員であるれんげの姉と生徒の夏海が、夏海の母から怒られることを恐れる。 幼児の疑問編ではれんげがマジレスし天才ぶりを発揮するが論破されていく。 雑学編では…

のんのんびより のんすとっぷ 第6話「みんなでキャンプに行った」の感想・レビュー

夏休みイベント。キャンプに行く話と夏ひかコンビが宿題をする話。 キャンプではれんげの長姉の酔いどれ女教師が珍騒動を巻き起こす。 アニメに出てくる女教師が成人であるが故にアル中属性を背負わされるのは宿命。 宿題話では夏海とひかげが宿題をボイコットす…

のんのんびより のんすとっぷ 第5話「ものすごいものを作った」の感想・レビュー

メカこまぐるみと街の高校に通うJKを巡る珍騒動を描いた話。 蛍は夏休みの宿題にロボット工作を選びメカこまぐるみ作成する。 歩行ロボとおしゃべりロボを組み合わせ犬に乗った小鞠を作ったのである。 しかしひょんなことからメカこまぐるみが外に出てしまい…

のんのんびより のんすとっぷ 第4話「トマトを届けるサンタになった」の感想・レビュー

夏休みにおけるれんげ回3連発。年下の少女にお姉さんと呼ばれ喜ぶ話。 主に駐在さんちの女の子と知り合ったことから話が展開していく。 地域における他学年との交流により色々と成長していく姿が見られほっこりする。 普段年下ポジションであるれんげがお姉…

のんのんびより のんすとっぷ 第3話「昔からこうだった」の感想・レビュー

夏ひか回。元気系幼馴染枠同士、気が合う様子が描かれる話。 東京から新幹線で帰省したひかげは帰るや否や夏海を遊びに誘う。 遊びの内容に選んだのはボール投げであったがお約束通り夏海が鉢植えを割ってしまう。 このことをきっかけに仲違いする二人だが、…

のんのんびより のんすとっぷ 第2話「蛍が大人っぽかった?」の感想・レビュー

所謂ギャップモノで身体的・精神的に大人びて見える子が実は年相応という話。 蛍は小5ながらにして肉体的に恵まれており周囲から大人だと思われることが多かった。 しかしながら家庭内では両親に対して甘えん坊で愛情いっぱいに育っていた。 そんな蛍の実態…

のんのんびより のんすとっぷ 第1話「カエルの歌を吹いた」の感想・レビュー

セロテープ人形を作って遊び、吹奏楽部員の人見知りを克服する話。 農村に暮らす主人公の幼女が独特な雰囲気で日常を謳歌していく。 A-partは生徒5人の分校でリコーダーを習う風景が展開される。 B-partは人見知り少女との交流の中でリコーダーのドの音が出…