雑録

ウマ娘「エイシンフラッシュ」シナリオの感想・レビュー

綿密なスケジュール遵守に強く執着した結果、本末転倒してしまう少女の呪縛を解放する話。
ドイツの留学生エイシンフラッシュは菓子職人の実家の影響で計測に拘る少女に成長した。
選抜レースで留学の成果を両親に見せるべく徹底管理式トレーニングで自分を追い込んでいく。
だが柔軟性に欠けるゆとりの無い硬直した訓練は次第にひずみを生み前日に過労で倒れてしまう。
結果は残念に終わったエイシンフラッシュだが両親との対面の際、計測よりも重要な事を思い出す。
それは感情的側面の重要性であり、そのまま父親にトレーナーさんを紹介することとなる。
フラグ生成後のカフェイベントでは、巧みにエイシンフラッシュと付き合う術を獲得!
ラストでエイシンフラッシュがトレーナーさんの為に柔軟性を発揮する場面は感涙した。

エイシンフラッシュのキャラクター表現とフラグ生成過程

1.スケジュール管理に縋る呪縛からの解放

f:id:r20115:20210820183752j:plainf:id:r20115:20210820183757j:plain
エイシンフラッシュがスケジュール遵守に執着する理由
  • 【1】綿密なスケジュール管理に囚われる少女
    • エイシンフラッシュはドイツからの留学生。実家は菓子職人であり、ケーキ作りには1グラムもの狂いは許されません。その影響によりエイシンフラッシュは計測に強いコダワリを持つようになり、綿密なスケジュール管理に執着するようになっていったのです。しかし、ドイツ人特有とも言えるコダワリは柔軟性に欠ける傾向にあり、特にエイシンフラッシュはそれが顕著に現れていました。そんな危うさを持つ少女を見て不安に思ったトレーナーさんは度々アドバイスするようになるのですが、感情論的側面のある発言にエイシンフラッシュは反発してしまいがちだったのです。トレーナーさんを支えることになるのは、エイシンフラッシュと相部屋であるスマートファルコンの存在。オフレコで実家の事情を教えてくれて、エイシンフラッシュの事を託されたのでした。留学の際に1年後に両親に成果を見せると約束したエイシンフラッシュは、多忙な両親が見に来てくれる選抜レースで結果を出さねばならないと自分を追い詰めていきました。それ故、案の定、エイシンフラッシュは無理な特訓が祟って前日に倒れてしまいます。保健室に運んだトレーナーさんの感情論にまたしてもエイシンフラッシュは反発してしまいますが、確実にその硬直した心を溶かしていたのです。自分が不器用と言われて憤慨するエイシンフラッシュが、保健室のスリッパのまま部屋に帰ってしまいスマートファルコンから指摘されるシーンはグッとくる展開です。

 

f:id:r20115:20210820183807j:plainf:id:r20115:20210820183813j:plain
管理の本質に気付き呪縛から解放されるエイシンフラッシュ
  • 【2】狂いの無い計測の背景にあった感情という想い
    • 選抜レースで不甲斐ない結果に終わってしまったエイシンフラッシュ。両親に無様な姿を晒せないということで、トレーナーさんに同行を求めます。そして両親と再会するのですが、レースで結果を出せなかったのにも関わらず、両親からは温かい言葉で迎え入れられるのです。この時、エイシンフラッシュは過去がフラッシュバックし、ケーキ作りに大切なのは、計測だけではなかったことを思い出します。その背景に想いが無ければ、計測は単なる作業にしか過ぎないのだと。想いの強さを思い出したエイシンフラッシュは、同行してもらっていたトレーナーさんを両親に紹介!まだ専属になっていないのに先走ってしまうエイシンフラッシュかわいい。これを受けて主人公は漢気を見せてその場で専属になることを了承。お父さんも主人公に娘のことを任せます。なんだこれもう親公認で婚約成立しちゃったぞ☆
f:id:r20115:20210820183802j:plainf:id:r20115:20210820183819j:plain
両親にトレーナーさんを紹介するエイシンフラッシュ

 

2.エイシンフラッシュの柔軟性の獲得

f:id:r20115:20210820183824j:plainf:id:r20115:20210820183829j:plain
ケーキ大好きエイシンフラッシュ
  • 【3】エイシンフラッシュ操縦術
    • こうしてエイシンフラッシュと歩み始めたトレーナーさんですが、最初はエイシンフラッシュのストイックさを改めて痛感します。学生に人気で出現が貴重な移動式クレープ屋さんが学園に来ても訓練スケジュールを優先させてしまうのです。しかし練習終了後に駆けていき誰もいなくなった所で無常を噛みしめ、一抹の未練を漂わせるエイシンフラッシュ。彼女と上手く付き合うためには巧みな配慮が必要になることを学んだのでした。
    • この成果が発揮されるのは、エイシンフラッシュのケーキ屋巡りに付き合うイベント。実家がケーキ屋であることから、時間を見つけてはケーキ屋巡りをしているエイシンフラッシュ。行列の出来る超人気店に同行することになるのですが……待ち時間にケーキの話題を振るとヲタク特有の早口で今日行ったケーキ屋で一番よかったケーキのプレゼンを開始。待ち時間もなんのその。小1時間ケーキトークをぶちかますのでした。
    • そしてここからトレーナーさんのターンの始まりです。リサーチ済みのエイシンフラッシュはタルトに狙いを定めていたのですが、本日限定のスペシャリテメニューに遭遇。これに惹かれるエイシンフラッシュでしたが柔軟性に欠けるためにおいそれとは予定を変更できません。これを見越していたトレーナーさんは自分はさっさとスペシャリテを選んでしまうのです、そう後で半分こするとは知らせずに。この時にエイシンフラッシュがちょっと不満のある口調でしゃべる様子が最大に可愛いので是非ご覧になって欲しい所です。トレーナーさんの目論見は成功し「半分こ」作戦によりタルトもスペシャリテも同時に食べられ満足したエイシンフラッシュ。お返しにとばかり正確に自分のタルトを半分に切ろうとする様子もおススメです。

 

f:id:r20115:20210820183834j:plainf:id:r20115:20210820183839j:plain
トレーナーさんとの交流で柔軟性を獲得したエイシンフラッシュ
  • 【4】トレーナーさんのためにエイシンフラッシュが柔軟性を見せ「予定」の本質に気付くシーンは泣ける
    • 砂浜トレーニングでスク水を披露し颯爽と駆け抜けるエイシンフラッシュ。練習後にトレーナーさんの時間が欲しいと申し出てきます。連れていかれた先は夏祭り会場。騒がしいのは苦手かと思いきやドイツでもバカ騒ぎをするお祭り的イベントカーニバルがあり、その熱狂は嫌いではないと述べ、テンションを上げていきます。しかし昂奮したエイシンフラッシュはここでアクシデント。トレーナーさんと一緒に花火を見ることを予定していたのに、時間を忘れて楽しんでしまっていたのです。従来のエイシンフラッシュならば予定厳守できないことでメンタルクラッシュしてしまっていたでしょう。しかしここで成長したエイシンフラッシュは本来の目的にかなった優先順位をつけ、柔軟に行動してみせるのです。エイシンフラッシュにとって最も大事だったのは、トレーナーさんと楽しんで一緒に花火を見ること。場所や時間厳守やスケジュール管理は二の次、三の次だったのです。時間通りに行かなくとも、隣にトレーナーさんがいることこそがエイシンフラッシュにとって最も重視すべき予定の本質。あの異様にスケジュール管理に執着していたエイシンフラッシュが柔軟性を身につけていたこのイベントシーンは感涙しか他ありません。二人で眺めた花火の美しさは夏の思い出を刻んでハッピーエンドを迎えます。

f:id:r20115:20210820183845j:plainf:id:r20115:20210820183850j:plain
予定の「本質」に気が付いたエイシンフラッシュ



関連